ビジネスからカジュアルシーンまで英語メールの宛名48選!

親しい相手の宛名には”Dear”だったり、そのまま”Jack”と書けばいいのですが、それがあまり親しくない相手や、ビジネスの問い合わせの時に英語の宛名を書くときにスムーズに宛名が書けますか? 宛名はシチュエーション別に書き方が変わってきますので、そのシチュエーション別の書き方を覚えれば、大丈夫です。 また覚えるのが大変だという方はこのページをブックマークしていただければ、必要に応じてそのシチュエーションをの宛名の書き方を使ってみてください。 今回は英会話スクールで10年以上教えてきたネイティブ教師の筆者が宛名のシチュエーション別の書き方をご紹介いたします。 まずは宛名のポイント&注意点 アメリカでは、To whom it may concernという言いまわしがありますが、受けとる相手の情報をあまりにも知らなすぎるというイメージを与えてしまう可能性があるので避けましょう。Dear Sir or Madam:などを使いましょう。 メールの基本ルールとして宛名の最後に、ビジネスの場合コロン(:)、カジュアルの場合カンマ(、)を使います。 名前(人、会社)や肩書き(Professor, President,など)は必ず大文字から始まります。 Professor, Dean, Senator, Governor, Captain, Admiral, Judgeなどの正式なタイトルの場合綴りを略しません。ただし、Mr., Mrs., Ms, Dr.は必ず略した形です。 ビジネスでは、女性にメールなどを送る際はMs.(発音:“miz”)を使います。Mrs.(発音:“mis-iz”)は結婚している人、Missは結婚していない人に値します。ただし、女性本人の志望によって使うことは可能です。 国によっては(特にアメリカでは)、マネージャーや上司を下の名前で呼ぶことが多いです。日本で仕事慣れしている人であれば〜sanを使ってもOKです。 ビジネスシーンでは“Hey there,”、“What’s up,”、あるいは“Hi,”は使いません。 シチュエーション別の宛名 (1)相手のことを知らない場合(名前、性別) (2)相手のことをあまり知らない場合やフォーマルな場合 (3)クライアント宛 (4)肩書きのみ知っている場合 (5)性別が不明な場合(肩書きよりフルネームを使う) (6)二人宛のメール(この場合は、Dearは一つです) (7)夫婦宛 (8)団体宛(社員、サークルなど) (9)親しい友人宛 (10)友人のグループ宛 (11)医者宛 (12)教師宛 (13)よく見る間違い (14)素早いやりとり   (1)相手のことを知らない場合(名前、性別) Dear Sir or Madam: Dear Sir/Madam, Greetings, … Continue reading ビジネスからカジュアルシーンまで英語メールの宛名48選!