英語で気持ちを表す形容詞と「興味深い」を伝える表現40選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
interesting

「おもしろくて気持ちが引き付けられるさま」「非常に興味があるさま」「興味深い」と日本語では言います。英語の会議などで相手の意見や考えに興味を持って言葉で表すことはとても重要です。相槌だけでなく、「興味深いですね〜」英語で言えると、ワンランク上のグローバル・コミュニケーション能力を活かすことができます!

そして、英語気持ち豊かな言語です。しかし、interestingなのかinterestedなのか、時々迷うと思います。本日はまず英語気持ちを表す時の形容詞を紹介いたします。

その後に、「興味深い」英語で伝えられるための形容詞と表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします。


(1) interestedそれともinteresting?気持ちを表す時の形容詞の区別
・例その1:interesting VS interested
・例その2:exciting VS excited
・例その3:boring VS bored
・その他の形容詞
(2) 「興味深い」を英語で伝える形容詞
(3) 「興味深い」という気持ちを英語で伝える表現

(1) interestedそれともinteresting?気持ちを表す時の形容詞の区別

英語で気持ちを表す時、-ED-INGで終わる形容詞の使い分けが難しいと言う方が多いです。基本的には、-EDで終わる形容詞を使うと気持ちを表します。-INGの形容詞は物や場面を描きます。普段は大した間違いではないのですが、時々ネイティブ・スピーカーからすると「ん?」と思わせてしまうことがありますので、ここでいくつか例文を紹介いたします。

例その1:interesting VS interested

❌ I am interestING.
「私は興味深い人です。」
※文法的には間違ってはいません。

⭕️ I am interestED (in this book).
「とても興味深いです。」
直訳:「(この本に)興味を持ちました。」

⭕️ He is interestING.
「彼は面白い人ですね。」

⭕️ This book is interestING.
「この本はとても興味深いです。」

例その2:exciting VS excited

❌ I am excitING.
「私は興奮させる人です。」
※文法的には間違ってはいません。

⭕️ I am excitED (by this story).
「この話に興奮しました。」

⭕️ This story is excitING.
「この物語面白くてたまらないです。」

例その3:boring VS bored

⭕️ I am borING.
「私はつまらない人間です。」

⭕️ I am borED.
「退屈です。」

⭕️ He is borING.
「彼は面白くない人ですね。」

⭕️ He is borED.
「彼は退屈しています。」

⭕️ This book is borING.
「この本はつまらないです。」

その他の形容詞

上記のような形容詞は英語で沢山ありますので、下記の単語を使って例文を作ってみてください。
どれが正しく聞こえるかを試してみて下さい。

amused VS amusing

annoyed VS annoying

confused VS confusing

disappointed VS disappointing

excited VS exciting

exhausted VS exhausting

frightened VS frightening

satisfied VS satisfying

shocked VS shocking

(2) 「興味深い」を英語で伝える形容詞

This book is very interesting.
I’m very interested in this book.
「この本はとても興味深いです。」

Your story is intriguing.
I’m intrigued by your story.
「興味深い話ですね。」
※本来は「好奇心をそそる」という意味です。

The color choices in this oil painting is captivating.
I’m captivated by the color choices in this oil painting.
「この油絵の色の使い方は興味深いですね。」

He always has fascinating stories to tell.
We are always fascinated by his stories.
「彼はいつも興味深い話を持っています。」
※本来は「魅力的な」という意味です。

This is the most engrossing conversation about politics!
We are engrossed in a conversation about politics.
「政治について興味深い会話の真っ最中です。」
※本来「心を奪われる」という意味です。

The teacher showed us riveting facts about evolution.
We were riveted by the facts shown by the teacher.
「先生が見せた進化論の事実は完全に釘付けにされるほど興味深かった。」
riveting=completely engrossing

Her performance in the play was compelling.
The audience was compelled by her performance in the play.
「彼女の演技は感動するほど興味深かった。」

His new novel was enthralling.
I was enthralled by his new novel.
「彼の新小説はとても興味深い。」
※本来は「とりこにされる」という意味です。

The movie’s action scenes were gripping.
I was gripped by the movie’s action scenes.
「この映画のアクションシーンは心を掴まれるほど興味深い。」
※本来は「釘付けにされる」という意味です。

The picture quality on 4K TVs is mesmerizing.
We are mesmerized by the quality of the 4K TVs quality.
「4Kテレビの画質は目が離せなくなるほど興味深い。」
※「魔法や催眠術に掛けられたかのよう」というニュアンスになります。

The sunrise from mount Fuji was spellbinding.
We were spellbound by the sunrise from mount Fuji.
「富士山からの日の出は魔法にかかったように興味深いです。」
※本来は「魅了する」・「魔法にか掛けられたように」という意味です。

The audience asked me thought-provoking questions after the presentation.
「プレゼンの後、観客から興味深い質問を聞かれました。」
注:I was thought-provokedという言い方はしません。

The new smartphones from Pony are buzzworthy.
「ポニーの新しいスマフォは興味深いです。」
※「噂する価値のある(商品)」という意味になります。

(3) 「興味深い」という気持ちを英語で伝える表現

I’m curious to know how the story will end.
I’d like to know how the story will end.
「話の展開がどうなるのか興味深いです。」

Really?! Tell me more!
「本当?!詳しく教えてよ!」

What a (story)!
「すごい話ですね!」

What an (interesting) story!
How (interesting)!
「とても興味深い(話)ですね!」
interesting(2)で紹介した単語で置き換えることができます。

You got me interested.
「(あなたの話を聞いて)興味が湧きました。」」

You piqued my interest.
You piqued my curiosity.
「(あなたの話に)興味をそそられました。」

This ad aroused my interest.
This ad aroused my curiosity.
「(この広告)は私の興味を掻き立てました。」

This ad caught my attention.
「この広告に目を引かれました。」

You got my (absolute/undivided) attention.
「とても興味深いですね。あなたの話を(しっかり)聞きましょう。」

I take great interest in history.
「私は歴史に関心があります。」


「興味深い」という意味の単語と表現は英語では沢山ありましたね!場面別でそれぞれ使えると思います!これからは、相槌だけで興味を示さないで、本日紹介した表現を使ってワンランク上のグローバル人材に近づきましょう!

更に、今回は気持ちを表す時の形容詞も先に紹介いたしました。-INGで終わる形容詞と-EDで終わる形容詞の区別がついたと思います。英語で話すときは考える時間がありません。上記の例文を耳で覚えておくだけで、使い分けが楽になると思います。

I hope this article piqued your interest in English!
Thank you for reading and see you next time!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで英会話をすき間時間に学習できるソフト!

ドラマ形式レッスンで飽きずにスマホ・タブレットで英会話!


スタディサプリ ENGLISH

リクルートが開発した、スマホやタブレットで”すき間”の時間で学べる英会話アプリです!PCでも学べます!

1週間無料で試す! 申込んだ日からすぐ使える!

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*