英語メールの結び50選!ビジネスからカジュアル表現まで

英語メールが書きなれないうちは、メールを書くのにもすごく時間がかかりますよね?そしてせっかく書き上げたビジネスの英語のメールも結びがしっかりできていないと苦労が報われません。 友達などに送るカジュアルなメールにおいても、より親密な雰囲気をだせるように結びの表現はシチュエーションにあったものを使いたいですよね? 本日は英語のネイティブ教師がビジネスからカジュアルまで状況に応じた英語のメールの結び・絞めの50選をご紹介いたします。 また良くない例も含んでおりますので、合わせて覚えましょう! (1)ビジネスで使う英語メールの結び表現 (2)カジュアルな英語メールの結び表現 (3)あまりよろしくない英語メールの結び (1)ビジネスで使う英語メールの結び表現 Best 一番よく使われている万能な表現。 All the best Bestと同じ。 Best Regards Bestより少しフォーマルなのでビジネスでよく使います。 Regards 短くて便利。ですが、人によって好まない人もいる。 Warmly 同僚宛のメールに使えます。 Thanks so much ビジネスで、相手に感謝の気持ちを伝える時に便利です。 My Best 少し硬い言い回しになります。 Kind Regards フォーマルなメールで使います。 Warm Regards お礼の丁寧なメールなどに使えます。また、相手をあまり良く知らない時に使えます。 Warmest Regards Warm Regardsと同様に使えます。 All best 普通に使えます。 Sincerely とてもフォーマルなメールに使いましょう。例えば、弁護士などに送るメールなど。 Sincerely Yours Sincerelyと同類。 Thanks 意見は分かれます。メールの締めくくりに値いしないと言う意見があります。更に、上司などがと使うと強制的に仕事をこなさないといけないイメージを与えます。“〜の件よろしく”と言うニュアンスになります。下記のThanksシリーズは本当にお礼を伝える時のみ使いましょう。更に、社内でのコミュニケーションで使う時は“!”マークをお忘れなく。Thanks! Thank you Thanksより丁寧です。 Thank you! Thanks!より少し柔らかくなります。 Many … Continue reading 英語メールの結び50選!ビジネスからカジュアル表現まで