英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
confirm

上手にコミュニケーションを取るには、物事や情報などを「確認する」ことは欠かせません。では、英語で会議をする時や、外国の方と話す際、どのような表現を使ったら良いでしょう?

英語Do you understand?を使うことは可能ですが、yesという答えが返ってくることが多く、会話が大分短くなってしまいます。実は、会議中に相手の意見を「確認」することは更に詳しく物事を聞き出すチャンスでもあります。

ついでなので、tag questions (付加疑問)もマスターして、英語「確認する」練習もしましょう!

本日は、英語で意見や情報を「確認する」時に使う表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が95選紹介いたします。

(1) 英語で「確認する」時によく使われる基本の表現
・confirmを使って物事(約束や予約)などを確定する
・checkを使って物事(情報など)が正しいかを確認する
・verifyを使って物事(情報や結果など)の正当さを確かめる
(2) tag questions(付加疑問)を使って「確認する」英語の例文
(3) 付加疑問の代わりに使える「確認する」時の質問
(4) 相手に言い換えてもらって「確認する」英語
(5) 相手に繰り返してもらって「確認する」英語
(6) 自分から言い換えて「確認する」時の英語
(7) 相手の発言や質問を「確認する」時の英語
(8) 「確認」を問う時の英語

(1) 英語で「確認する」時によく使われる基本の表現

confirmを使って物事(約束や予約)などを確定する

I’d like to confirm my reservation.
「予約の確認をしたいのですが。」

I’d like to confirm our appointment.
「約束の時間と場所を確認をしたいです。」

Can I confirm something?
「一つ確認してもいいですか?」

checkを使って物事(情報など)が正しいかを確認する

I’d like to check that information.
「その情報を確認したいのですが。」

I’d like to check my schedule.
「予定表を確認したいです。」

Can I check something?
「一つ確認してもいいですか?」

May I double-check that information?
「念のため再確認してもよろしいですか?」

We should double-check that information.
「念のため再確認したほうがいいと思います。」

verifyを使って物事(情報や結果など)の正当さを確かめる

I’d like to verify that information.
「その情報の確認がしたいです。」

I’d like to verify the test results.
「調査の結果が正しいかを確認したです。」

Can I verify something?
「一つ正しいのかを確認してもいいですか?」

(2) tag questions(付加疑問)を使って「確認する」英語の例文

The next meeting is on Monday, isn’t it?
「次の会議は月曜日ですよね?」

The next meeting isn’t on Monday, is it?
「次の会議は月曜日じゃないですよね?」

You can speak Japanese, can’t you?
「日本語は話せましたよね?」

You can’t speak Japanese, can you?
「日本語は話すことはできませよね?」

You went to London last year, didn’t you?
「去年ロンドンに行ったよね?」

You didn’t go to London last year, did you?
「去年ロンドンに行ったりしてないよね?」

We are meeting at 1pm, aren’t we?
「一時の約束ですよね?」

We aren’t meeting at 1pm by any chance, are we?
「一時の約束だったりしないですよね?」

You’ve called the client, haven’t you?
「すでにクライアントと連絡は取りましたよね?」

You haven’t called the client yet, have you?
「まだクライアントとは連絡取ってませんよね?」

We will make a final decision soon, won’t we?
「最終の決断はもうすぐですよね?」

We won’t make a final decision anytime soon, will we?
「最終の決断までは当分待ちますよね?」

※他にも、wouldcouldshouldなどがあります。

(3) 付加疑問の代わりに使える「確認する」時の質問

…, is that right/correct?
「私の理解が正しいですか?」

Right/Correct?
「ですね?」

…, yes?
…, no?
「そうですか?違いますか?」
※トーンは上がります。少しカジュアルに聞こえます。

Is that OK/alright?
「それでよろしいですか?」

Alright/OK?
「いいですか?」

(4) 相手に言い換えてもらって「確認する」英語

How do you mean exactly?
What do you mean exactly?
「どう言うことでしょうか?」

What exactly do you mean by “soon”?
「“早く”と言いますと?」

Could you please explain what you mean by “soon”?
「“早く”と言う意味を説明していただけますか?」

I’m afraid I don’t see what you mean. Could you explain that to me?
「申し訳ありあません、おっしゃっていることが理解できません。説明していただけますか?」

…, is that what you mean?
「そう言いたいのですよね?」

(5) 相手に繰り返してもらって「確認する」英語

Would you mind repeating that?
Would you mind going over that again for me?
Could you go over that one more time please?

「今仰ったことをもう一度繰り返していただけますか?」

Could I ask you to give me those details again?
「今の詳しい点をもう一度お願いします。」

And the date was?
「日にちはなんでしたっけ?」

Can I just check that?
「それについて確認してもいいですか?」

Could you run me through it one more time please?
「すいません、もう一度繰り返していただけますか?」

(6) 自分から言い換えて「確認する」時の英語

I’d like to confirm that.
「それについて確認したいです。」

Let me just confirm that.
「これだけ確認してもいいですか?」

So, that’s 9 o’clock on Tuesday then?
So, I’ll see you at 9 o’clock on Tuesday.
OK, so we’ll meet on Tuesday at 9 o’clock.
Let me confirm what we decided. That’s Tuesday at 9 o’clock.
So, that’s Tuesday 9 o’clock. Is that correct/right?
「では(確認させてください)。木曜日の9時ですね?」

Are you saying it’s too soon to make a decision?
You’re saying it’s too soon to make a decision?
Do you mean 
it’s too soon to make a decision?
「まだ決断するには早いとおっしゃっているのですね?」

So what you are saying is that it’s too soon to make a decision?
So what you mean is that it’s too soon to make a decision?
「つまり、まだ決断するには早いとおっしゃっているのですね?」

So, you think (that) it’s too soon to decide. Is that what you mean?
So, what you are saying is (that) it’s too soon to decide. Is that right/correct?
「つまり、まだ決めるには早いと言うことですね?」

What you said was to wait a little longer, is that right?
What you said was to wait a little longer, did I understand you correctly?
「もう少し待つべきとおっしゃっていましたね?」

In other words, you think we should wait a little longer, right?
「言い換えれば、もう少し待った方がいいと言うことですね?」

I’m not sure I follow. You mean it’s too soon to decide?
I’m not sure I’m following you. You mean it’s too soon to decide?
I don’t think I understand clearly. Are you saying
 it’s too soon?
「おっしゃっていることが少し理解できません。決断するには早すぎるとおっしゃっているのですか?」

Let me see if I understood you correctly. You’re saying this is impossible.
Let me make sure I understood you correctly. You’re saying 
this is impossible.
「私がしっかり理解したのか確認させてください。つまり、無理だと言っているのですね。」

Going back to what you just said about the new deadline. Did you say December 14th?
「先ほど取り上げられた新しい締め切り日についですが、12月14日になったと言うことですね?」

Correct me if I’m wrong but do you mean we have to work more hours?
Correct me if I’m wrong but don’t you mean we have to work more hours?
「間違っていたら訂正してくださいね。もっと長い時間仕事をしないとダメと言うことですか?」

I apologize if I misunderstood but do you mean we have to work more hours?
「間違っていたら事前に謝りますが、もっと長い時間仕事をしないとダメと言うことですか?」

Sorry, I must have misunderstood what you said. Do you mean we have to work more hours?
「先ほどは私の聞き違いかもしれませんが、もっと長い時間仕事をしないとダメと言うことですか?」

(7) 相手の発言や質問を「確認する」時の英語

In other words, you are asking me about my career. Is that right?
「言い換えると、私の履歴についての質問ですね?」

Are you asking me about my career?
「私の履歴についての質問ですか?」

Are you asking me if I can speak Japanese?
Are you asking me wether or not I can speak Japanese?
「私が日本語を話せるかとどうかと言う質問ですね?」

Sorry, I didn’t (quite) catch that. Could you repeat that?
Sorry, I don’t quite see what you mean. Would you mind repeating that?

Sorry, I missed that. Could you say that again?
Sorry, I don’t quite follow you. Could you repeat that?
Sorry, say that again?

「すいません、あまりよく理解できませんでした。もう一度お願いします。」

(8)「確認」を問う時の英語

Is that OK?
Is everything alright?
「よろしいですか?」

Would you like to confirm the details?
Would you like to confirm that?
「確認をしましょうか?」

Do we have the same information?
「同じ情報をお持ちですか?」

Are we all on the same page?
Does everyone understand?

「みなさん全員理解できましたか?」

Does everyone agree?
Is everyone on board?

「全員賛成ですか?」
on boardは「同じ船に乗る」と言う意味です。つまり、「チームとして一つになる」と言う意味です。

Is everyone with me?
Is everyone with me so far?
Is everyone following me right now?
「みなさん今の所私に付いてきていますか?」

Does this make sense to everyone?
「全員理解できますか(意味が通っていますか)?」

Are there any questions?
「質問はございますか?」

Is everyone up to speed?
「全員必要な情報は持っていますね?」
※事情が理解できているかを確かめる時に使います。

Did everyone get that?
「全員今の(意見・質問が)理解出来ましたか・聞き取れましたか?」


The takeaway:

この様に、英語「確認する」時に使える表現は、自分から「確認」したい時の表現から相手に問う時の質問まで沢山あります。

また、付加疑問もよく使われます。この場合は、よく「答え方に困る」という方が多いですが、「確認を相手がしてきている」と考えれば、yes/noの二択しかないので、自然な答え方ができると思います。迷った時、その情報があっていればThat’s right!(そうです・その通りです!)とも答えられます。

今後は、英語会議などで相手と情報確認や意見の「確認」をしたい時は本日紹介された表現を使ってみましょう。

Thanks for reading until the end! Now you can confirm things in English, right?
See you next time!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*