「そもそも」の色々なニュアンスを英語で伝える表現40選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Anyway

英語で話しの出だしに、咄嗟に「そもそも」から始めようとすることはよくあるのではないかと思います。私の生徒さんからも「英語でこの場合なんて言ったらいいですか?」とよく聞かれます。

辞典によれば、日本語「そもそも」は結構便利な表現で、大きく二通りの使い方をします:

  • 一つ目は、文頭に置かれる場合、「(物事の) 最初」「第一に」と言う意味を持っています。
  • 二つ目は、「だいたい」「いったい」接続詞としても使えます。

本日は、英語「そもそも」の色々なニュアンスを伝える表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします。


(1)「(物事の) 最初」、「第一に」と言う意味の「そもそも」
(2)「だいたい」、「いったい」、「さて」と言う意味の「そもそも」

(1)「(物事の) 最初」、「第一に」と言う意味の「そもそも」

First of all, this is wrong.
In the first place, this is not correct.
To begin with, this is wrong.
「そもそもこの点が間違ってる。」
※この場合は、文章の頭に来ます。

He didn’t help me in the first place.
He didn’t help me to begin with.
He didn’t help me to start with.
「そもそも彼は手伝わなかった。」
※この場合は文章の後ろに来ます。

Right from the start, I had my suspicions.
I had my suspicions right from the start.
「そもそも最初っから怪しいと思ってた。」

From the (very) beginning, I never trusted him.
I never trusted him, from the (very) beginning.
「そもそも彼を信頼していなかった。」

Right from the (very) beginning, I liked her.
I liked her right from the (very) beginning.
「そもそも最初っから彼女が気に入っていた。」

Firstly, the objective is different.
To start with, the objective is different.
「目的がそもそも違う。」

Before we go into details, I’d like to confirm some information.
「そもそも細かい点を話す前に、いくつかの情報を確認したいです。」

(2)「だいたい」、「いったい」、「さて」と言う意味の「そもそも」

Now, this is only a preliminary results.
「そもそもこれは予備調査結果である。」
※この場合は、「さて」と言う意味になります。

What does that mean anyway?
「そもそもそれってどんな意味?」

Everything is ok, and anyway it wasn’t your fault.
「大丈夫だよ。そもそも君のせいじゃないし。」

Anyway, it wasn’t your fault.
「そもそも君のせいじゃないよ。」

When the hell did you get here anyways
「そもそもいつの間に着いたのさ?」
anywaysは特に北アメリカで使われていて、anywayのもっとカジュアルな言い方です。
よく耳にしますが、実は正しくない表現です。

I wanted to travel to France but the ticket is too expensive anyway.
「フランスに行きたかったけど、そもそも切符が高い。」

Her parents were against their marriage, but they got married anyway.
「そもそも彼女の両親は結婚に反対だった(それでも結婚はした)。」

※下記はカジュアルな言い方なので使い方に気を付けましょう。
特に、~the hellは怒りの様な強いネガティブな気持ちを伝えたりするときに使います。

What on earth happened here?
What in the world happened here?
What the hell happened here?
「そもそもここで何が起きたの?」

Who on earth would use my computer?
Who in the world would use my computer?
Who the hell would use my computer?
「そもそも誰が私のパソコンを使ったの?」

Why on earth do you want to talk to her?
Why in the word do you want to talk to her?
Why the hell do you want to talk to her?
「そもそもなんで彼女と話したがるの?」

Why on earth would you say that?
Why in the world would you say that?
Why the hell would you say that?
「そもそもなんでそんなこと言うの?」

How on earth did you know?
How in the world did you know?
How the hell did you know?
「そもそもどう知ったの?」

When on earth did this happen?
When in the world did this happen?
When the hell did this happen?
「そもそもいつ起きた出来事?」


The takeaway:

「そもそも」の様な日本語独特の表現もちゃんと英語ではありましたね。全く一緒の意味でなくても、ニュアンスはかなり近いと言うのがポイントです。

そして、日本語で咄嗟に「そもそも」と自然に言う様に、英語でも本日紹介した表現が言える様になるといいですね!また、「だいたいさー」「いったい〜」を使った強いネガティブな感情もこれで英語でも伝えられます。

最後に、What on earth?!What the hell?!はそのままでも使えますから、びっくりした時やイラっとした時には使ってみてください。

Thank you for reading until the end! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*