英語で「going to」の意味と正しい使い方30選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
going to

英語で未来形は「will」と「going to」があります。意味がかぶることはありますが、実は異なる場合の方が多いです。「will」の使い方は英語で「I will」の正しい使い方と場面別の例文30選で紹介いたしました。

まず、「going to」以前から決めていた特定の未来の計画を表すことができます。例えば、I’m going to travel to New York next week「来週ニューヨークに行きます」は日にちも決めていて、切符も買う(または買った)状態を意味します。

更に、英語「going to」を使うと、「今から〜をするつもり」と言うニュアンスも含まれています。「will」と違って、「申し出る」時や「その場で決めた」事ではなく、「ある原因や出来事のため、今から実行します」と言う意味になります。例えば、I’m going to take a break「今から休憩を取ります」は「運動をしたので」や「仕事を終えたので」などの理由があります。

最後の「going to」の使い方は、「明らかに何かが起きようとしている」ことを説明することもできます。例えば、曇り空を見て「雨が降るね」と言う時にIt’s going to rainと言います。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が「going to」の使い方を明らかにする英語30選を紹介いたします。ついでに、I think~を使った例文も紹介いたします。


(1)「〜をする予定です」と言う意味の「going to」
(2)「今から〜するつもりです」と言う意味の「going to」
(3)「何かが起きようとしている」時や「予報」する時の「going to」
(4) 「going to」を使った質問の仕方
(5) I thinkを使った時の「going to」

(1)「〜をする予定です」と言う意味の「going to」

※事前に計画していたことを表します。

I’m going on a business trip next week.
「来週出張です。」

I’m going to cook dinner tonight.
「今晩は料理をします。」

I’m going to move to Australia next year.
「来年オーストラリアに引っ越す予定です。」

She is going to call you tomorrow.
「明日彼女から電話が掛かってきます。」

We are going to close early today because of the typhoon.
「今日は台風のため早く閉店します。」

(2)「今から〜するつもりです」と言う意味の「going to」

I was working in the garden all morning. I’m going to wash my tools.
「今朝は庭の世話をしていたので、道具を(これから)洗います。」

I’m tired. I’m going to take a nap for 30 minutes.
「疲れた。30分ほど仮眠を取るね。」

What a beautiful day! I’m going to walk to the office.
「素晴らしい天気だ!事務所まで歩くよ。」

We are going to buy her a present for her birthday next week.
「来週は彼女の誕生日なので、プレゼントを買うつもりです。」

I’m not going to tell you twice.
「二度は注意するつもりはないからね。」

(3)「何かが起きようとしている」時や「予報」する時の「going to」

※目に見えている出来事や確実に起こる出来事を表します。

It’s going to rain tonight.
「今晩は雨だね。」

The pitcher is going to throw the ball.
「ピッチャーが球を投げます。」

It’s going to be a great concert!
「素晴らしいコンサートになるね!」

Don’t worry. She is going to be there!
「心配ないよ。彼女は必ず待ってるよ!」

We are going to have a problem if we don’t work faster.
「もっと早く作業を進めないと問題になるね。」

(4) 「going to」を使った質問の仕方

Are you going to the airport by bus?
「飛行場にはバスで行くの?」

Are you going to meet your friends tonight?
「今晩は友達に会う予定?」

What are you going to wear to the job interview?
「面接にどんな服を着て行くの?」

How are you going to deal with the problem?
「問題をどう解決するつもり?」

When are you going to come back?
「いつ帰ってくるの?」

Are we going to have a problem?
「何か問題?(文句ある?)」

(5) I thinkを使った時の「going to」

I think it’s going to rain tonight.
「今晩は多分雨降るね。」

Eww! I think I’m going to be sick…
「オエッ!吐きそう。。。」

He looks pale. I think he is going to pass out.
「彼、顔が真っ青だよ。気絶しちゃうんじゃない?」

I think I’m going to go now.
「もう帰ろうと思う。」

What a beautiful day! I think I’m going to walk to the office.
「素晴らしい天気だ!事務所まで歩こうかな?」

I think we are going to have a problem.
「この調子だと問題に発展するね。」


The takeaway:

これで、英語「going to」の使い方が理解できたと思います。初めはイメージし辛いかもしれませんが、喋りながら考えるより、これらの文章を頭に入れて連想して見てください。それが一番早く上達するコツです。慣れてきたら意外と簡単に「will」と「going to」の使い分けも出来るようになると思います。

最後に、英語でよくI’m gonna~と耳にしますが、gonnagoing toを短縮した言い方です。この言い方は、相手によりカジュアルに聞こえますので、友人やよく知っている方と話す時に使ってみましょう。

Thank you for reading until the end! I’m going to think about my next article now!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*