「アンケート」の意味と会話でも使える英語の質問例50選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の会話で「アンケート」と言う単語をそのまま使って通じなかった経験はありませんか?又、レストランで食事した後や店で買い物をした後に英語「アンケート」の協力をお願いされて記入したくてもしない方は多いと思います。

更に、仕事で英語「アンケート」の作成を頼まれる方もいると思います。その場合、どんな質問をどのように問うのかに迷う方もいませんか?この場合、まず「アンケート」に使われる質問のタイプを理解する必要があります。主に:

  • Closed-ended questions(選択回答形式の質問)
  • Open-ended questions(自由回答形式の質問)
  • Demographic Questions(人口統計学的な質問)
  • Psychographic Questions(心理学的な質問)
  • Customer satisfaction questions (顧客満足度調査の質問)

これらの質問は英語「アンケート」でよく目にします。嬉しい事に、closed-ended questionsopen-ended questionsは初対面の方とお会いした時にも使える質問のタイプです。つまり、問い方を覚えてしまえば一石二鳥なのです!

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、「アンケート」の意味と「質問調査」でよく見る英語の質問の種類を50選紹介いたします。


(1)「アンケート」の意味
(2) Closed-ended questions(選択回答形式)
・例1:YesかNoで答えられる質問
・例2:多項選択の質問
(3) Open-ended questions(自由回答形式)
・例:5W1H系の質問
(4) Demographic questions(人口統計学的な質問)
(5) Psychographic questions(心理学的な質問)
(6) Customer satisfaction questions (顧客満足度調査の質問)

(1)「アンケート」の意味

日本語「アンケート」フランス語enquêteから来ていて、「質問調査」と言う意味です。ただし、英語ではquestionnaire、又はsurveyと言います。ところがさらに詳しく調べて見ると、この二つの英語の単語は若干意味が異なります。

Questionnaireはよく見るとquestionと同じ仲間の単語です。よって、「質問調査」に当たる単語です。Surveyフランス語surveiller「監視する」と同じ仲間です。つまり、survey「調査」questionnaireは情報を集めるための「調査方法」の一つなのです。

(2) Closed-ended questions(選択回答形式)

YesかNoで答えられる質問や多項選択の質問が定番です。

Advantages
良い点:時間的に効率良い、基本情報を入手するのに便利、集めた回答のデータ化とその解釈が簡単、数量調査に最適である

Disadvantages: 
悪い点:回答者の本音と全く一致する答えが選択できるとは限らない、調査員は解答の意味をさらに検討することができない

例1:YesかNoで答えられる質問

Was the wait for a table acceptable?
「(席が空くまで)納得のいく待ち時間でしたか?」

Did the experience meet your expectations?
「この経験はあなたの期待にこたえましたか?」

Are you likely to recommend our products to your friends?
「我が社の商品を友人に進めると思いますか?」

例2:多項選択の質問

Are you likely to come back to our restaurant?
「今後もお店にお越しになられると思いますか?」
□Yes  □Maybe  □No
□はい □多分 □いいえ

How would you rate the quality of our service?
「サービスの質をどう評価しますか?」
□Outstanding  □Very Good  □Good □Fair  □Poor  □N/A
□期待以上 □とても満足 □満足 □やや不満 □不満 □該当
N/ANot Applicableの略です。「私には当てはまらない」と言う意味になります。

On a scale of 1 to 10, how satisfied were you with our product? (1=very dissatisfied, 10=very satisfied)
□1  □2  □3  □4  □5  □6  □7  □8  □9  □10 

「1から10の段階で、商品に対しての満足度を教えてください。」(1=とても不満、10=とても満足)

(3) Open-ended questions(自由回答形式)

5W1H系の質問が定番ですが、言語連想法や投影法を使うこともあります。

Advantages:
良い点:回答者は思ったままの答え提供することができる、調査員は解答の意味をさらに検討することができる、定量的研究に最適である

Disadvantages:
悪い点:時間的に効率悪い、集めた回答のデータ化とその解釈が難しい

例:5W1H系の質問

What other features are important to you?
「あなたにとって他にどんな機能が重要ですか?」

Why did you decide to start exercising?
「なぜ運動を始めようと思ったのですか?」

When do you buy products online?
「どんな時に通販で買い物をしますか?」

Who do you usually communicate with on the phone?
「普段どんな方とお電話で話されますか?」

Where do you like to go during summer vacation?
「夏休みはどんなところに行かれるのが好きですか?」

How important is your smartphone in your work?
「あなたにとってスマホはどれ位重要ですか?」

(4) Demographic questions(人口統計学的な質問)

主に歳、性別、仕事などの情報です。

What is your age?
「何歳ですか?」

What is your gender? (male/female)
「性別はなんですか?(男・女)」

What is your ethnicity?
あなたの民族は何ですか?
注:アメリカでよく見る質問です。ethnicity は民族(出身国、文化的特徴)のことです。raceとは人種(肌の色、髪の性質や色、眼の形など)のことです。

What is your marital status?
「結婚歴はなんですか?」

Are you single/married/widowed/divorced/separated?
「未婚・既婚・死別・離婚・別居ですか?」

Do you have any siblings?
「兄弟はいますか?」

How many siblings do you have?
「何人兄弟ですか?」

What is your household size?
「何人家族ですか?」

What is your household income?
「世帯収入はいくらですか?」

What was your total household income before taxes during the past 12 months?
「税込みの世帯収入は過去12ヶ月で合計いくらですか?」

What is your profession?
「職業はなんですか?」

What best describes the type of organization you work for?
「どんな企業でお勤めですか?」
主な選択:

  • For-profit「営利事業」
  • Non-profit「非営利団体」
  • Government「政府」
  • Health Care「医療」
  • Education「教育」
  • Other「その他」

Are you currently employed/unemployed/self-employed/a student/retired?
「現在は有職・無職・自営業者・学生・定年ですか?」

How many hours per week do you usually work at your job?
「週に何時間働いていますか?」

What is your education level?
「あなたの学歴はなんですか?」

What is the highest degree or level of education you have completed?
「あなたの最終学歴はなんですか?」
主な選択:

  • Elementary education(中学卒)
  • Completed some high school(高校中退)
  • High school graduate(高校卒)
  • Completed some college(大学中退)
  • Associate degree(準学士号)
  • Bachelor’s degree(学士号)
  • Completed some postgraduate(大学卒業予定)
  • Master’s degree(修士号)
  • Ph.D.Doctor of Philosophyの略、学術博士号)
  • Law or Medical Degree「法律又は医学の学位(博士号)」

Where do you live?
「どこにお住まいですか?」

(5) Psychographic questions(心理学的な質問)

主に、人格、価値観、物事に対する気持ちや考えなどです。

What are your hobbies?
「趣味はなんですか?」

Do you download music/movies legally or illegally?
「音楽や映画などのコンテンツを合法的又は違法的にダウンロードすることはありますか?」

Who are your favorite artists?
「どのアーティストが一番好きですか?」

What do you use the Internet for?
「ネットをどう活用していますか?」

What is your favorite movie genre?
「一番好きな映画のジャンルはなんですか?」

What are your favorite kinds of music?
What kind of
music do you listen to?
「どんな音楽を聴きますか?」

How many hours do you watch TV in a week?
「テレビは週に何時間観ますか?」

How often do you consume fast-food in a month?
「ファストフードは一ヶ月の間にどのくらい食べますか?」

How often do you use your Smartphone?
「スマホはどのくらいの頻度で使いますか?」

How do you access the Internet?
「ネットにはどの様にアクセスしていますか?」

How much time do you spend on your hobbies in a week?
「趣味にどのくらいの時間を週に費やしていますか?」

(6) Customer satisfaction questions (顧客満足度調査の質問)

How long have you used our products/service?
「当社の商品・サービスをご利用になってどれくらいになりますか?」

How did you learn of our products?
「当社の商品・サービスを知ったきっかけを教えてください。」

Which of our products/services do you currently use?
「現在、当社のどちらの商品・サービスをご利用になられていますか?」

On a scale of 1 to 10, how would you rate your overall satisfaction with us?
「1から10段階でいうと、当社の商品・サービスに対してのお客様の満足度は何ですか?」

How frequently do you purchase from us?
「当社の商品をどの頻度で購入なされますか?」

How likely are you to continue doing business with us?
「当社との取引を続ける可能性はありますか?」

Do you have any suggestions for improving our products/services?
「当社の商品・サービスのための提案はございますか?」


The takeaway(要点):

これでまず何故「アンケート」と言う単語が英語で通じないことがあるのかが理解できたと思います。今後はquestionnaireという単語を使いましょう。そして、「調査」surveyです。

英語「アンケート」に出てくる質問のタイプは沢山存在しますが、その中でも本日紹介した例はよく目にします。これだけの英語の質問例を知っていれば、とりあえず回答することはできると思います。英語「アンケート」の作成にあったても、役に立てたら幸いです。

closed-ended questionsopen-ended questionsは初対面の方とお会いした時にも使える質問のタイプです。どう話しかけたらいいのかに迷った時はYesNoで答えられる質問から始めてみましょう。そしてさらに詳しく情報を聞き出したい時はopen-ended questionsを使ってみましょう。楽しい英語の会話に繋がることを願っています!

By the way, how often do you read this blog?
「ところで、このブログはどのくらいの頻度で読みますか?」

Thanks for reading until the end!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*