英語で「提案」する時に使える日常とビジネスの表現80選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suggestions

人に「提案」をする場面は、友人との待ち合わせ場所を決める時から会議でのアイデア提供まで、色々あります。英語ですぐに思いつく表現はyou should~I suggestだと思いますが、場面や話している相手によってこの二つ以外の表現を知っておくことは大事です。

例えば、英和辞書で「提案」を調べると、proposeという単語が出てきます。確かに使うことはありますが、実はとても丁寧な表現で、会議で人に正式に検討してほしい時に使ったりします。また、proposeは婚約するという意味にもなります。

では、友人と一緒に行動を取る時の「提案」の仕方はどんな表現があるのか考えて見ましょう。丁寧な言い方からカジュアルな言い方も考えて見ましょう。すぐに思いつかない場合はこの記事を読んで見てください。以外と「あっ!」と思う表現があると思います。

本日は、英語「提案」する時に使える日常とビジネスの表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします。


(1) Let’s~を使った「提案」の仕方
(2) Shall we…?を使った丁寧な「提案」の仕方
(3) Why don’t~?を使った一般的な「提案」の仕方
(4) What do you say I/we~?を使った「提案」の仕方
(5) I suggest/recommend~を使ったストレートな「提案」の仕方
(6) What about~?を使った「提案」の仕方
(7) How about~?を使った「提案」の仕方
(8) could/canを使った「提案」の仕方
(9) Couldn’t/Can’t~?を使った強い「提案」の仕方
(10) If I were you, I would/wouldn’t~を使った「提案」の仕方
(11) Why not~?を使った一般的な「提案」の仕方
(12) You should/shouldn’t~を使った「提案」の仕方
(13) I thought we/you might/could~を使ったやや弱めの「提案」の仕方
(14) I advise you to~を使った「提案」の仕方
(15) Have you thought about~?を使った「提案」の仕方
(16) There’s always~を使った弱めの「提案」の仕方
(17) I proposeを使った正式な「提案」の仕方

(1) Let’s~を使った「提案」の仕方

※共に行動をするときに使います。

Let’s meet at 6pm at the restaurant.
「レストランで6時に待ち合わせよう。」

Let’s get together for coffee soon!
「近いうちにお茶でもしよう。」

Let’s start the meeting.
「会議を始めよう。」

(2) Shall we…?を使った丁寧な「提案」の仕方

※共に行動をするときに使います。

Shall we meet tomorrow at 6pm?
「明日会いましょうか?」

Shall we (go)?
「行きましょうか?」

Shall we start the meeting?
「では会議を始めましょうか?」

(3) Why don’t~?を使った一般的な「提案」の仕方

※共に行動をするときはweを使います。

Why don’t I/we~?

Why don’t we meet at 6pm at the restaurant?
「レストランで6時に待ち合わせようか?」

Why don’t we get together for coffee soon?
「近いうちにお茶でもしようか?」

Why don’t I help you with your report?
「レポート書くの手伝おうか?」

Why don’t you~?

Why don’t you visit Asakakusa while you are in Tokyo?
「東京にいるんだったら浅草に行ってみたら?」

Why don’t you wait for me at the station?
「駅で待ってくれるのはどうかな?」

Why don’t you try something new today?
「今日は何か新しいこと試してみたら?」

(4) What do you say I/we~?を使った「提案」の仕方

What do you say I help you with your report?
「君のレポートを手伝うのはどうかな?」

What do you say we meet at 6pm at the restaurant?
「6時にレストランで待ち合わせっていうのはどうかな?」

What do you say we get together for coffee soon?
「近いうちにお茶するのはどうかな?」

(5) I suggest/recommend~を使ったストレートな「提案」の仕方

I suggest/recommend you + ING

I suggest leaving early.
I recommend leaving early.
「早く帰ることを勧めます。」

I suggest/recommend + 名詞

I suggest a meeting.
I recommend a meeting.
「会議をすることを勧めます。」

I suggest/recommend (that) you~

I suggest (that) you leave early today.
I recommend (that) you leave early.
「早く家に帰ることを勧めるよ。」

I suggest (that) we~

※この場合はrecommendは使えません。

I suggest (that) we meet at 7pm.
「夜の7時に会い。」

I suggest (that) we take a break.
「休憩をとることを勧めます。」

(6) What about~?を使った「提案」の仕方

What about + ING?

What about meeting at 7pm?
「夜の7時に待ち合わせるのはどう?」

What about taking a break?
「休憩を取るのはどうですか?。」

What about + 名詞

※大抵人を誘ったり、招待したりする時に使います。

What about lunch?
「ランチはいかが?」

What about Monday?
「月曜日はどう?」

(7) How about~?を使った「提案」の仕方

How about + ING?

How about meeting at 7pm?
「夜の7時に待ち合わせるのはどう?」

How about taking a break?
「休憩を取るのはどうですか?。」

How about we/I ~?

How about we meet at 7pm?
「夜の7時に会うのはどうかな?」

How about I help you with your report?
「君のレポートを手伝うのはどうかな?」

How about I call you next week?
「来週電話しようか?」

How about + 名詞

※大抵人を誘ったり、招待したりする時に使います。

How about lunch tomorrow?
「明日ランチはどう?」

How about Monday?
「月曜日はどうかな?」

(8) could/canを使った「提案」の仕方

You could take a break earlier.
「早めに休憩とってもいいよ。」
注:You could have taken a break earlier(「もっと早く休憩取れたと思うよ。」)とは意味が異なります。

We could meet tomorrow.
「明日会うことはできますよ。」

We can postpone the meeting if you want.
「会議を別の日にしてもいいですよ。」

You can leave your bags here.
「ここに荷物置いていってもいいよ。」

You can use the phone in my study.
「僕の書斎にある電話を使ってもいいよ。」

Perhaps/alwaysを使ってやや弱めな言い方をする

Perhaps we can meet tomorrow?
「可能であれば明日会える?」

You could always come back tomorrow.
「明日戻ってくることもできますよ。」

(9) Couldn’t/Can’t~?を使った強い「提案」の仕方

※上記の(7)より強調した言い方になります。

Couldn’t you take a break earlier?
「もっと早く休憩を取れない?」
注:Couldn’t you have taken a break earlier?(「もっと早く休憩取れたんじゃない?」)とは意味が異なります。

Couldn’t you use the phone in my study?
「僕の書斎の電話は使えない?」

Couldn’t we meet tomorrow?
「明日会うことはできない?」

Can’t you take a break earlier?
「早めに休憩は取れない?」

It’s raining today. Can’t we stay home?
「今日は雨だから家にいない?」

(10) If I were you, I would/wouldn’t~を使った「提案」の仕方

If I were you, I would stay home today because it’s raining today.
I would stay home today because it’s raining today.
「今日は雨だから僕(が君)だったら家に残るよ。」

I would take an umbrella if I were you.
I would take an umbrella.
「私(があなた)だったら傘を持っていくよ。」

I wouldn’t take the risk if I were you.
I wouldn’t take the risk.
「僕(が君)だったらリスクを取らないね。」

(11) Why not~?を使った一般的な「提案」の仕方

※よく広告などで見られます。

Why not go to Hawaii this summer?
「今年の夏はハワイに行くというのは(だめ)?」

Why not buy in bulk?
「ばらで購入してみるのは(だめ)?」

Why not stay home today?
「今日は家にいるのは(だめ)?」

(12) You should/shouldn’t~を使った「提案」の仕方

shouldは「〜をすべきである」と言う意味なので、相手に注意したりする時によく使います。

If you are sick you should stay home today.
「体調悪いのなら家にいたほうがいいよ。」

You should apologize to her.
「彼女に謝るべきだよ。」

You should be more careful with that.
「それを扱う時は気を付けたほうがいいよ。」

You shouldn’t go outside today.
「今日は外出ないほうがいいよ。」

You shouldn’t say anything.
「何も言わないべきだよ。」

Perhapsを使ってやや弱めな言い方をする

You should perhaps stay home today.
「今日は家にいた方がいいんじゃない?」

Perhaps you shouldn’t go outside today.
「今日は外出ない方がいいんじゃない?」

(13) I thought we/you might/could~を使ったやや弱めの「提案」の仕方

Since it’s cold today, I thought you might like some hot soup.
「今日は寒いから、暖かいスープでも欲しいじゃないかと思って。。。」

I thought you could use a hand.
「手を貸して欲しいんじゃないかと思って。。。」

I thought we could go to the movies today.
「今日は映画でも行けるんじゃないかと思って。」

(14) I advise you to~を使った「提案」の仕方

※かなり正式な提案の仕方です。医者やアドバイザーなどが使います。名詞のadviceとは綴りも発音も違います。

I advise you to stay home for 5 days.
「家に5日間いることを勧めます。」

I advise you to eat more vegetables.
「もっと野菜を取ったほうがいいですよ。」

I advise you to be more careful.
「もっと気を付けたほうがいいですよ。」

(15) Have you thought about~?を使ったカジュアルな「提案」の仕方

Have you thought about + ING

Have you (ever) thought about going to Hawaii next summer?
「来年ハワイに行くことを検討した(ことはある)?」

Have you (ever) thought about retiring early?
「早期退職することを検討した(ことはある)?」

Have you thought about + 名詞

Have you (ever) thought about Hawaii for vacation?
「ハワイは検討した(ことはある)?」

Have you (ever) thought about early retirement?
「早期退職は検討した(ことはある)?」

(16) There’s always~を使った弱めの「提案」の仕方

There’s always the back door in case the front entrance is locked.
「正面の玄関が閉まっている場合、裏の入り口があるよ。」

There’s always a plan B.
「いつだって別の手段があるさ。」

(17) I proposeを使った正式な「提案」の仕方

※この表現を使うことで相手に自分の考えについて検討させることができます。

I propose (that)~

I propose (that) we move forward.
「次の段階に進見たいと思いますが(どうでしょう?)。」

I propose (that) we elect a new chairperson.
「新しい議長を決めることを提案しますが(どうでしょう?)。」

I propose + 名詞

I propose a new meeting date.
「新しいミーティングの日を提案したいのですが(どう思いますか?)。」

I propose a toast.
「乾杯をしたいと思います。」

I propose + ING

I propose postponing the meeting.
「ミーティングの日程をずらしたいと思います。」

I propose organizing a farewell party for our manager.
「上司のために送別会を計画したいと思います。」


The takeaway:

英語「提案」をする時の表現はyou should~I suggestの他に沢山ありましたね!丁寧な言い回しから、カジュアルな言い回し、それから友人と一緒に行動を取る時の専用の表現もありました。

これで英語で議案や意見を提出することができます。今後は友人にアドバイスをしたり、一緒に出かける時に場所や時間を「提案」する時は本日紹介した表現を使いましょう。まずは、場面を想像しながら、イメージトレーニングをしてみてください。

Thanks for reading until the end! Let’s meet again soon!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*