英語で正しい時間の言い方と時間関連のイディオム85選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語時間を聞かれて困ったことはありますか?また、腕時計をすることが少なくった現代ではスマホで時間を確認することが習慣になりました。ところが旅行中で電池切れの時はどうしますか?周りの人に時間を聞きくと思います。

さらに、約束などをして、指定された時間の確認を英語でする場合、時々fifteen(15分)なのかfifty(50分)なのかはっきり聴き取れない事もあるのではないでしょうか?そして、13時をthirteen o’clockと言っていませんか?

英語時間を伝える時は次のルールを守りましょう:

  • 「〇〇時ちょうど」を〇〇o’clockと言います。例:It’s three o’clock (3:00pm).
  • 「〇〇時XX分過ぎ」の場合pastを使います。例:It’s five minutes past three (3:05pm).
  • 「〇〇時まであとXX分」の場合はtoを使います。例:It’s five minutes to four (3:55pm).
  • pasttoを使うときはampmは使いません。例:It’s five minutes past three pm(3:05pm).
  • アメリカではtoの他にbeforetillを使うことがあります。例:It’s 15 minutes before/till eight (7:45).
  • また、pastの代わりにafterを使うことが多いです。例:It’s quarter after one (1:15).
  • 24時間表記の場合、お昼の12時以降の時間はpmin the afternoonin the eveningを使います。例えば、 13時をthirteen o’clockとは読みません。
  • 深夜12時からお昼の12時はmorningです。
  • お昼から5時まではafternoonと言います。それ以降はeveningです。
  • 15分をquarter(1時間の4分の1)、30分をhalf(1時間の半分)と言います。これによってfifteenfiftythirteenthirtyを聞き間違えることを防げます。

本日は、これらのルールを守った正しい英語時間の言い方と時間関連のイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、85選紹介いたします。


(1) 時間の尋ね方
(2) 〇〇時ちょうど
(3) 〇〇時数分、5 分、10分、15分、30分過ぎ
(4) 〇〇時まであと15分、10分、5分、数分
(5) 他の色々な時間の伝え方
(6) 時間関連のイディオム

(1) 時間の尋ね方

Excuse me, what time is it?
「すいません、今何時ですか?」

Do you know what time it is by any chance?
「もしかして今時間分かる?」

Do you have the time?
「時間分かる?」
注:Do you have time?は「時間ありますか・空いていますか?」という意味になるのでtheを忘れずに。

Do you happen to have the time?
「ひょっとして時間分かりますか?」

Do you happen to know what time it is?
「ひょっとして時間知っていますか?」

Can you tell me the time?
Can you tell me what time it is?
「時間を教えてもらえますか?」

Excuse me, could you tell me the time, please?
「すいません、時間を教えていただけますか?」

What time does the show start?
「ショーは何時に始まりますか?」

What time shall we meet?
「何時に空いましょうか?」

Are we meeting at 1pm or 2pm?
「待ち合わせ時間は1時それとも2時?」

Is it time yet?
「もう時間ですか?」

(2) 〇〇時ちょうど

It’s 8:00am.
読み方1:It’s eight o’clock am.
読み方2:It’s eight o’clock (in the morning).
「朝の8時です。」

It’s 12:00am.
読み方1:It’s twelve o’clock am.
読み方2:It’s midnight.
「深夜12時です。」

It’s 12:00pm.
読み方1:It’s twelve o’clock pm.
読み方2:It’s noon.
「お昼の12時です。」

It’s 13:00.
読み方1:It’s one o’clock pm.
読み方2:It’s one o’clock (in the afternoon).
「昼の1時です。」

It’s exactly 9pm.
読み方:It’s exactly nine.
「ちょうど21時だよ。」

It’s 21:00 exactly.
読み方:It’s nine o’clock exactly.
「21時ちょうどだよ。」

(3) 〇〇時数分、5 分、10分、15分、30分、45分過ぎ

It’s a little after midnight.
It’s slightly after midnight.
It’s a couple of minutes past/after midnight.
「深夜12時を2分過ぎました。」

It’s 10:05am.
読み方1: It’s ten-oh-five am.
「10時5分です。」
読み方2: It’s five (minutes) past ten (in the morning).
「10時を5分過ぎました。」

It’s 11:10am.
読み方1: It’s eleven ten am.
「11時10分です。」
読み方2: It’s ten (minutes) past/after eleven (in the morning).
「11時を10分過ぎました。」

It’s 2:15pm.
読み方1: It’s two fifteen pm.
「14時15分です。」
読み方2: It’s 15 minutes past/after two.
「14時を15分過ぎました。」
読み方3: It’s quarter past/after two (in the afternoon).
「14時を15分過ぎました。」

It’s 5:30pm.
読み方1: It’s five thirty pm.
「17時30分です。」
読み方2: It’s 30 minutes past/after five.
「17時を30分過ぎました。」
読み方3: It’s half past five (in the evening).
「17時を30分過ぎました。」

It’s 7:45pm.
読み方: It’s seven forty-five pm.
「19時45分です。」
※この場合は、「あと15分で20時です。」という言い方もします。

(4) 〇〇時まであと15分、10分、5分、数分

It’s 6:45pm.
読み方1: It’s six forty-five pm.
「18時45分です。」
読み方2: It’s 15 minutes to seven.
「19時まであと15分です。」
読み方3: It’s quarter to seven (in the evening).
「19時まであと15分です。」

It’s 7:50pm.
読み方1: It’s seven fifty pm.
「19時50分です。」
読み方2: It’s ten (minutes) to eight.
「20時まであと10分です。」

It’s 8:55pm.
読み方1: It’s eight fifty-five pm.
「20時55分です。」
読み方2: It’s five to nine.
「21時まであと5分です。」

It’s 11:55pm.
読み方1: It’s eleven fifty-five pm.
「23時55分です。」
読み方2: It’s five minutes to midnight.
「深夜12時まであと5分です。」

It’s a little before midnight.
It’s slightly before midnight.
It’s a couple of minutes to midnight.
「深夜12時まであと2分です。」

(5) 他の色々な時間の伝え方

It’s 9:03am.
読み方1: It’s nine-oh-three am.
「朝の9時3分です。」
読み方2: It’s a little after nine (in the morning).
「9時をちょっと過ぎました。」

He got home shortly before six o’clock.
He got home a little before six o’clock.
「彼は6時ちょっと前に家に着きました。」

It’s almost noon.
It’s a little before noon.
「もうすぐお昼の12時になります。」

It’s approximately 2pm.
「だいたい2時です。」

It was two twenty three, last time I checked.
「ついさっき時計を見たときには2時23分だったよ。」

Let’s meet around 1pm.
Let’s meet at 1-ish (one-ish).
「一時ごろ会おう。」

The show starts at 6pm.
「ショーは18時に始まるよ。」

I’ll see you in 2 hours.
I’ll see you 2 hours from now.
「2時間後に会おう。」

OK, it’s time to go!
「よし、いく時間だ。」

(6) 時間関連のイディオム

You will make progress in no time.
「あっという間に上達するよ。」

There is no time to lose.
「一刻を争うよ。」

We finished the project ahead of time.
「プロジェクトが予定より早く終わりました。」

How time flies!
「時間があっという間に過ぎますね!」

Let’s make up for lost time.
「遅れを取り戻そう。」

I made it in the nick of time!
「ギリギリ間に合ったよ!」

Take your time!
「ゆっくりでいいよ!」

We have all the time in the world.
「時間は十分あるよ。」

We are out of time.
「時間切れです。」

I have to make time for my family.
「家族のために時間を作らないと。」

Can you buy me some time?
「時間をかせいでくれる?」

This is a waste of time!
「時間の無駄です!」

I’m living on borrowed time.
「(生き延びて)余分の人生を生きてるよ。」

You can gain time by walking to work.
「歩けば時間はかせげるよ。」

I’ll give you some time to think.
「考える時間を与えるよ。」

It’s high time we were leaving!
「帰る時間になりました。」

It was the high noon of his career.
「彼のキャリアの絶頂でした。」

We finished the project at the eleventh hour.
「プロジェクトをギリギリで終わりました。」

I’m working around the clock.
「絶え間なく仕事をしているよ。」
注:「休みなく」や「24時間ぶっ通しで」などの意味にもなります。

The train leaves at 8:30 on the dot.
「電車は8時30分ちょうどに出るよ。」
on the dotは「ちょうど」という意味になります。時計の表面の黒い点を表していると言われています。


The takeaway(要点):

これで英語時間を正しく伝えることはできると思います。慣れるまで少し時間がかかりますが、慌てず、言いやすいまたは使いやすいものから始めて見ましょう。

また、旅行中に時間が分からなくなった時は、英語で周りの人に聞いてみましょう。その時、pasttobeforeafter、そしてquarterhalfをちゃんと理解できるようにしておきましょう。

最後には、時間関連の英語のイディオムもありました。これらを使って、ネイティブ・スピーカーの喋り方をものにしましょう!

Thank you for taking the time to read this article! See you next time!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*