ビジネス英語

英語でI hopeの意味と7つの使い方が分かる例文45選

英語ですぐに思いつくhope意味「希望する」、「期待する」「願う」だと思います。実は、英語I hopeの使い方が色々あると言うことをご存知ですか?

まず、I wishとは違って、実現する可能性がある時I hopeを使います。その他にも、I hope to~I hope for~I hope you~も中学校の英語の授業で習ったと思いますが、この場合、「願ってる」「期待してる」と言う意味になります。

I wishについてはこちらの記事をどうぞ→英語でI wishの意味と7つの使い方が分かる例文50選

更に、次の場面でもhopeを使うことができます:「現実が違っていて欲しい」「相手が楽しい時間を過ごしている事を願う」「軽い謝罪「相手にリスクや危機の忠告をする」「頼っていることが実現することを願う」。

本日は、I hope7つの意味とその使い方が分かる例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、45選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でI wishの意味と7つの使い方が分かる例文50選

ディズニー映画の「ピノキオ」でWhen you wish upon a starという有名な曲があります。この場合、すぐに思いつくwish意味「願う」「祈る」だと思います。実は、英語I wishの使い方が色々あると言うことをご存知ですか?

まず、I hopeとは違って、実現する可能性が薄い時にI wishを使います。その他にも、I wish I couldI wish I hadも中学校の英語の授業で習ったと思いますが、この場合の意味は、「出来れば」「あれば」など、実際には無いものや出来ないことを願う時に使います。

大抵、I wishの後に単純過去形が来る場合は、現在の状況を語っています。
例:I wish I had more time. 「(今)もっと時間が欲しい。」

そして、I wishの後に現在完了形が来ると過去のことを語っています。
例:I wish I hadn’t eaten so much. 「(さっき)あんなに食べるんじゃなかった。」

I hopeについてはこちらの記事をどうぞ→英語でI hopeの意味と7つの使い方が分かる例文40選

更に、次の場面でもwishを使うことができます:「何かを丁寧に要求する時」申し訳ない時や残念な時」後悔している時」相手の言ったことを否定する」誰か・何にかにイライラしている時」。

本日は、I wish7つの意味とその使い方が分かる例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でdespiteの正しい意味と上手な使い方38選

英語despite (並びにin spite of) はやや分かりにくいと思う方は少なくはないと思います。althougheven thoughに近い意味を持っていますが、そのまま入れ替えるわけにはいきません。

althougheven thoughの意味と使い方はご存知で、慣れていると思います。例えば:

Although I studied hard, I didn’t pass my exam.
Even though I studied hard, I didn’t pass my exam.
「一生懸命勉強したのに、試験は受からなかった。」

ここでalthoughdespiteでそのまま入れ替えてしまうとおかしなことになります。それは、despiteの後には名詞(または動名詞)が来なければいけないからです。つまり次のように文章を作ることができます:

Despite my efforts, I didn’t pass my exam.
In spite of my efforts, I didn’t pass my exam.
「努力をしたのに試験は受からなかった。」

お気づきになられた方もいると思いますが、この例の場合、despitebecause ofの対語なのです。主に、「〜にもかかわらず」という意味になります。上記の例文の逆の意味は次の様になります:

I passed my exams because of my efforts.
「努力をしたので試験に受かった。」

また、despiteの方がin spite ofより若干丁寧な言い回しになるということも頭に入れておきましょう。

本日は、英語despite (並びにin spite of) の正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、38選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「アンケート」の意味と会話でも使える英語の質問例50選

英語の会話で「アンケート」と言う単語をそのまま使って通じなかった経験はありませんか?又、レストランで食事した後や店で買い物をした後に英語「アンケート」の協力をお願いされて記入したくてもしない方は多いと思います。

更に、仕事で英語「アンケート」の作成を頼まれる方もいると思います。その場合、どんな質問をどのように問うのかに迷う方もいませんか?この場合、まず「アンケート」に使われる質問のタイプを理解する必要があります。主に:

  • Closed-ended questions(選択回答形式の質問)
  • Open-ended questions(自由回答形式の質問)
  • Demographic Questions(人口統計学的な質問)
  • Psychographic Questions(心理学的な質問)
  • Customer satisfaction questions (顧客満足度調査の質問)

これらの質問は英語「アンケート」でよく目にします。嬉しい事に、closed-ended questionsopen-ended questionsは初対面の方とお会いした時にも使える質問のタイプです。つまり、問い方を覚えてしまえば一石二鳥なのです!

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、「アンケート」の意味と「質問調査」でよく見る英語の質問の種類を50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語を使う環境で「協力」する時に使えるフレーズ80選

英語cooperateco-「一緒に」とoperate「活動する」の二つの単語からできています。つまり、「力を合わせて事にあたること」「協力する」と言う意味です。

英語を使う環境で友人や同僚を手助けする際に使える「協力」という英単語は他にも沢山あります。何故なら、場面によって使う表現が沢山あるからです。例えば、「自分から協力する」場合と「協力し合う」場合ではcooperateは残念ながら使えない場合が多いです。また、「協力」をお願いしたり、それに対してのお礼をするフレーズも知っておくと役に立ちます。

「協力」という単語を英語にわざわざ訳して使わなくても、効果的に気持ちだけを伝える方法もあります。会議などで自分から申し出る際によく使う表現を英語で幾つご存知ですか?

本日は、人と「協力」したり、お願いをしたりする時に使える英語のフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

宴会や飲み会で使える「酒」に関連する英語の表現140選

2016年もあとわずかで終わろうとしています。日本では忘年会そして新年会が多い時期です。この時期はやはり「酒」を飲む機会が非常に多くなります。日本に住む外国人も日本の文化に合わせて一緒に祝うことも増えてきました。

また、祝いとは別に普段の日でも海外の友人と「酒」を飲みに誘ったりすることはあると思います。そんな時、英語でどのように誘ったら良いでしょう?そして、席について乾杯する時はなんと言ったら良いでしょう?

考えて見ると、「乾杯」と言う漢字は「一杯」「乾かす」と言う意味です。果たして英語でも同じ意味の表現は存在するのでしょうか?

本日は、宴会や飲み会で使える「酒」に関連する英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が140選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議などで使える「説明」関連の単語と表現105選

英語の会議や授業である事柄がよく分からない時に、相手に「説明」してもらう必要は誰にでもあります。また、その反対の立場も経験する方は多いと思います。

グローバルビジネスや海外の学校では、「説明」を始める前に一言「説明します!」と周りの人に知らせることが大事です。逆に、「説明してください」と問われることもあります。それは決して失礼な行動ではなく「理解したい!」と言う好奇心があるからです。

以前にも似たテーマの記事を二つ書きましたが、物事を「明らかにする」ための表現と「理由を問う」時に使う表現でした。

過去の記事:

また、英語「説明」出来ない場合やしづらい時にI don’t knowと簡単に答えるのも一つですが、もう少し好印象を与えたいですよね?そのためには何と答えたら良いでしょう?

今回は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、会議で「説明」をしたり、求めたりする時の英語の表現を105選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「なぜ?」と、理由を問う時に使う英語の表現65選

グローバルビジネス上英語「なぜ?」と問うのは重要です。それは、理由を述べることで文化の違いによる話の食い違いを避けることができるからです。また、自分の意見を的確に伝えるためにも強い武器となります。

その一方、相手の意見を聞いくとき、理由を問うのも同じくらい大事です。なぜなら、英語「なぜ?」と問うことで、相手の話に興味を持っていることをアピールすることができるからです。これによって、相手との距離を縮めることもできます。

英語でトーンや使う表現によって「なぜ?」と聞くと、積極的すぎるように聞こえる場合もあります。しかし、表現を覚えて区別できれば問題はありません。

本日は、「なぜ?」と、理由や説明を問う時に使う英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「目的」や「目標」を決めたり伝えたりする表現70選

日本語で「目的」とは「実現しようとしてめざす事柄(目当て・狙い)」を指します。また、「目標」は「そこに行き着くように目印とするもの」を指します。この二つの単語の意味の違いは日本語では明らかかもしれませんが、果たして英語ではどうでしょう?

和英辞書を調べてみると、英語「目的」goal「目標」purposeと示されています。ところが、細かく調べると、意味が被っている例もあります。こういう場合、はっきりさせるにはあまり考えず、例文を沢山見ていくのが一番です。

また、goalobjecticeと違い、ザックリしている「目的」なため、明確にする必要があります。そのために役立つSMART と呼ばれる基準があります。5つの要素が含まれているSMART goalにより、「目的」に構造を与えることができ、達成する確率が上がります。

本日は、英語「目的」「目標」を決めたり伝えたりする表現に加え、SMART goalの設定の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現50選

基本的に発言や物事を会話中に「明らかにする」ことは大事ですが、特にグローバルコミュニケーション(英語)では不可欠です。それには主に二つの理由があります:

  1. 話す側:相手がしっかり理解したかを確認し、誤解をできるだけ無くす
  2. 聞く側:理解しようとしていることを表し、相手の話に興味を持っていることをアピールする

英語で行うディベートや会議の際、相手の発言や質問を「明らかにする」ことで会話を前に進めることができます。また、電話の場合、声と言葉でしかコミュニケーションは取れないので、相手の言ったことが聞き取りづらいことが多いと思います。この時、いつもpardon?のように同じ表現ばかり使うとくどいと思われがちです。

本日は、英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0