ビジネス英語

英語でwouldの意味と7つの使い方55選

英語would意味と使い方がイマイチ分かりづらいという方は多いと思います。よく耳にするのは、「wouldは丁寧な言い回し」と「wouldwillの過去形」という説明です。これは文法のルールとしては間違いではありませんが、「未来を表すwill」の「過去形」というのも逆に紛らわしくないですか?

何故「wouldwillの過去形」と言われがちなのかは、おそらくwouldは過去に関係する文章によく使われるからです。例えば、「間接話法」や「過去の視点から未来を語る」際にwouldは使われることが多いです。

実は、使い方によってwould意味は更に変わります。間接話法に使うwouldを始め、「丁寧さが増す」使い方も勿論、この記事で7つの使い方にまとめてみました。中でもよく生徒さんに驚かれるのは、「過去の習慣(動作)」を語る際によくwouldは使われる事です。

本日は、英語would意味と7つの使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が55選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語のmayの様々な意味と11通りの便利な使い方55選

英語で”It’s a problem”の様な文章でbe動詞のみを使うと、100%の可能性を表し、その上、直接的な意味になります。couldmaymightの様な助動詞を付け加えることで可能性の度合いを変えることができ、和らげた言い方ができます。ただ、may意味と使い方は掴みづらいという方が多いです。

一つ言えるのは、可能性を表す場合、maymightはほぼ同じ意味を持っていると言うことです。つまり、あまり頭を抱え込まなくても、maymightは簡単に入れ替えることができます。強いて言えば、maycouldはほぼ同じ確率を意味し、mightより可能性は若干高いです

しかし、果たしてmayは可能性だけを表す単語なのでしょうか?実は丁寧に許可を得たり物事を提案する時にも使えます。また、過去の出来事を語ることもできます。maymightとほぼ同じ意味を持っていますが、選択を意味したり、時には祈りにも使います。また、butと一緒に使うことで、「〜かもしれないが」という意味にもなります。

本日は、英語mayの様々な意味と11通りの便利な使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が55選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語のmightの様々な意味と6つの便利な使い方52選

You are right!の様な文章でbe動詞のみを使うと、100%の可能性を表します。couldmaymightの様な助動詞を付け加えると可能性の度合いは変わってきます。might意味と使い方は特に掴みづらいという方が多いです。

一つ言えるのは、可能性を表す場合、maymightはほぼ同じ意味を持っていると言うことです。つまり、あまり頭を抱え込まなくても、maymightは簡単に入れ替えることができます。強いて言えば、couldmayよりmightの方が可能性は小さいということです。そして、間接法を使う場合maymightに変わります。

しかし、果たしてmightは可能性だけを表す単語なのでしょうか?実は丁寧に許可を得たり物事を提案する時にも使えます。また、過去の出来事を語ることもできます。これらに加え、might as wellという表現も「そうだね。」と言う意味を初め、様々な使い方があります。

本日は、英語mightの様々な意味6つの便利な使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が52選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でno wayを使った様々な意味と例文36選

以前、英語でwayの様々な意味とよく使う例文とイディオム92選という記事を投稿いたしました。そこでは、wayは文章や使い方によって様々な意味を持っていることを紹介いたしました。「道案内」「距離」「方向」または「方法」「手順」という意味にもなるということを書きました。また、物事を砕けて強調する時にもwayはよく使われます。では、no wayはどんな使い方があるのでしょうか?

実は、no wayもあらゆる意味と使い方があります。「決して・全く・絶対」「ありえない」または「まじで?!・本当に?!」という意味にもなりますし、「とんでもない」「嫌だ!」という使い方もできます。

更に、方法や手順が全くない時にもno wayは使えます。これらの意味と使い方をマスターするには説明よりまず例文を沢山知っておくことが重要です。

本日は、英語no wayを使った様々な意味と例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が36選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でwayの様々な意味とよく使う例文とイディオム92選

“I wouldn’t go so far as to call a dog filthy, but it’s definitely dirty. But, dogs got personality, personality goes a long way.” 「犬は(豚ほど)不潔だとまでは言わない。確かに汚い。しかし、犬には(豚と違って)性格がある。この世の中、性格は重要だぜ。」と、映画Pulp Fiction『パルプ・フィクション』でサミュエル・ジャクソンが言っています。このシーンの“personality goes a long way”は、直訳すると「性格があれば、成功する」という意味になります。

英語wayは、文章や使い方によって様々な意味を持っています。「道案内」に使ったり、「距離」「方向」を表したり、または「方法」「手順」という意味にもなります。また、物事を砕けて強調する時にもwayはよく使われます。

これらの意味に加え、wayを使った別の表現とイディオムが沢山存在します。例えば、“By the way”“Either way”という表現を耳にしたことはありませんか?または、“Way to go!”も定番のイディオムの一つです。

本日は、英語でwayの様々な意味とよく使う例文とイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が92選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

場面別で「いつもありがとう」を英語で伝える例文40選

以前、英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選という記事を書きました。その記事に引き続き、今回は「いつもありがとう」英語でどう上手に言うのかについて書いて見ました。

お世話になっている方や、心の支えになっている方に送るメッセージはthank you so muchだけではやや物足りないと思いませんか?又、取引先に送るメールにも書くことは少なくはないと思います。このような場合は英語「いつもありがとう」はどのように言えば伝わるでしょうか?

本日は、場面別で「いつもありがとう」英語で上手に伝える例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

availableとその反対語の意味と正しい使い方50選

英語available意味はいまいち掴めないという方が多いと思います。色々な場面で使うので、マスターするととても便利な単語です。基本的に「利用できる」「使用できる」という意味で使われていますが、元は「有益な」という意味だったそうです。

その他にも、availableは人と約束をしたい時にも使われます。更に、店でも商品が「購入できる」「在庫がある」という意味でもよく耳にします。更に、availableは電話に出る時や「応じる」という意味でもよく使われています。

availableの反対語であるunavailableは、not availableと一緒の意味でそっくりそのまま文章で使えますが、少し注意が必要です。注意といえば、ついでですが、she/he is availableは現代では「彼女・彼は交際相手・愛人がいません」という風にも囚われるので気を付けましょう。

本日は、availableとその反対語の意味と正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が分かりやすい例文を通して50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

afterを使いこなすための様々な表現とその意味75選

英語afterの基本的に「〜の後に」という意味で使かわれますが、いまいち使い方があやふやだと感じている方は多いと思います。例えば、単語の順序を始め、nextfollowingとの使い分けが難しいとよく生徒さんに言われます。それもそうです、使い方は本当に沢山あります!また、after thatとの使い分けも知りたいという声もありました。

Afterは場合によって色々な意味になります。時間的な「順序」を表すだけでなく、場所的な「順序」も表せますし、「追いかける」「追跡する」という意味としても使えます。更に、他の単語との組み合わせによって「直後に」「しばらくして」という表現にも変化します。しかし、これらは序の口です。afterの別の使い方はまだまだあります。「次から次へ」afterとの組み合わせで表せます。

上記の意味と使い方に加え、afterを接頭語として利用することもできます。例えば、afternoonはもうすでにご存知ですよね?これは見ての通り、afternoonをくっ付けてた単語です。日本語にすると「昼」「後」という意味で、つまり「午後」になります。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がafterを使いこなすための様々な表現とその意味75選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

enoughを英語で使いこなすための意味と活用70選

英語enoughは使い方が難しいとよく言われます。日本語で「(通例数量が)十分な」「必要なだけの」または「不足のない」という意味としてよく使われますが、実はこれらとは別の使い方が存在するということをご存知ですか?

enoughとの言葉の組み合わせによって意味が変化し、「十分すぎる」「足りない」「うんざり」「かなり」など、色々な使い方ができます。

更に、enoughを使いこなすと、気持ちや考えを少し強調したい時や、同意する時、そして想像通りの結果を伝える時にも役立ちます。それぞれ、元の意味は一緒でも、単語の組み合わせでバリエーションを効かせることができようになります。

本日は、enough英語で使いこなすための意味と活用を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会話や会議で2.1秒の反応を見せるための表現90選

英語の会話になると「日本人は反応が薄い」と言われたことがありますか?私も大学や会社で教えているそう感じることが多いです。特に大人数の前で質問をされると、より静かになる様な気がします。日本では「うん、うん」とうなずちで済ますことももできますが、「そうなんですね!」、「本当に!」、「そうだよね!」などもよく使います。この様な反応は英語でも沢山あります。

日本人のボディランゲージと表情は極めて外国人の方からは読み取りづらいのです。外国の友人からよく言われますが、何らかの英語の言葉を口に出して反応を見せないと「理解しているのか?」や「何が問題なの?」と思ってしまうそうです。また、すぐに答えられなくても、黙っているより考えているということをアピールしたほうがいいです。それによって時間を稼ぐこともできます。

そして、英語で強い反応を表すための簡単な方法もいくつかあります。例えば、What a~That’s~を使います。決してオーバーリアクションではないので、これらもついでに覚えて使ってみましょう!

本日は、英語の会話や会議で2.1秒反応を見せるための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、90選紹介いたします!2.1秒という数字が鍵です!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0