英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大抵誰でも人にお願いをするのは難しかったり、気まずかったり、または恥ずかしかったりもします。それを更に英語お願いをするのは苦労すると思います。相手に失礼にならないようにはどの位丁寧でお願いをすればいいのか、正しく伝わっているのか、色々悩むのではないでしょうか?

英語で人にお願いをする時は次の手順を使ってみましょう:
Step1. お願いの告知をまずする(相手の状況や機嫌などを伺うため)
Step2. 状況を説明してからお願いをする(なぜお願いをしているのかを手短く、簡単に説明)

告知をまずすることで、相手の状況や機嫌などを伺うことができます。そして、相手の反応を見てお願いをしていいのかが分かりやすくなります。

英語お願いをされたら何と返していますか?「Sure!」「Of course!」でも十分ですが、それらのみで返していると親切ですが、もうすでに忙しいのに責任が増えてしまうこともあると思います。お願いをされた時の断り方も覚えておくと便利です。

本日は、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、82選紹介いたします。

この記事の後にこちらもよろしければどうぞ → 英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選


(1) お願いの告知をする
(2) やや大げさなお願いの仕方
(3) 小さなお願いをする
(4) 相手の対応が難しそうな場合に付け加える一言
(5) お願いされた時の返し
・手伝える場合
・手伝えなさそうな場合
(6) お願いをする

(1) お願いの告知をする

I need a favor.
I have a favor to ask (you).
I’ve got a 
favor to ask.
I’d like to ask you a favor.
Can I ask you a favor?
Can I ask for a favor?
Can you do me a favor?

「お願いがあるんだけどいいかな?」

Could I ask you a  favor?
Could I ask you to do me a favor?
Could you possibly do me a
favor?
Could you do me a favor?

May I ask you a favor?
Do you mind doing me a favor?
Would you do me a favor?
Would you mind doing me a favor?
I was wondering if you could do me a favor.

「お願いがあるのですが、よろしいですか?」

Sorry to bother you but can I ask you a favor?
「忙しいところごめん。一つお願いしてもいいかな?」

Is this a good time? I need to ask you a favor.
「今いいかな?お願いがあるんだけど。」

I understand you are busy but would you mind helping me?
「忙しいと思うけど手伝っていただけますか?」

I’d like to call in a favor.
Can I call in a favor?
「この前の借りを返してもらってもいいかな?」

(2) やや大げさなお願いの仕方

I need a huge favor.
I have a really big favor.
I’ve got an enormous favor to ask.
Can I ask you a massive favor?
May I ask you an immense favor?
I was wondering if you could do me a really really big favor.
「無理を言ってもいいかな?」

(3) 小さなお願いをする

I need a small favor.
I have a tiny favor.
I’ve got a very small favor to ask.
Can I ask you a tiny tiny favor?
I was wondering if you could do me a really really small favor.
「ちょっとしたお願いをしてもいいかな?」

(4) 相手の対応が難しそうな場合に付け加える一言

I need a favor and you can say no.
「お願いがあるけど断ってもいいんだよ。」

I understand if you say no.
「断っても大丈夫だから。」

I understand if you can’t.
「無理だったら大丈夫だよ。」

If you can’t help out, I completely understand.
「手伝えないようだったら、全然理解できるから大丈夫。」

I completely understand if you can’t help. I know you are very busy.
「難しそうだったら、気にしないで。」

If you don’t feel comfortable helping me, I won’t blame you for it.
「手伝うのが気まずかったら、決して恨んだりしないから。」

I don’t want to create an uncomfortable situation for you.
「厄介な立場に君を立たせたくない。」

Don’t sweat it if you can’t help. I can manage.
「手伝えなかったら心配しないで。自分でなんとかするから!」
※アメリカの表現でとてもカジュアルな言い方です。

(5) お願いされた時の返し

手伝える場合

Sure!
Of course!
No problem!
「勿論!」

Certainly!
Absolutely!
By all means!
「勿論です!」

Sure! What do you need?
「勿論!何が必要ですか?」

I’d be happy to help.
I’d be glad to help.
It would be my pleasure. 
「喜んで手伝いますよ!」

What can I do for you?
How can I help (out)?
How can I be of service?
「どんな用件ですか?」

I’ll see what I can do.
「なんとかやってみるよ。」

I’ll do my best to help.
「可能な限り手伝うよ。」

I can’t guarantee anything but I’ll do my best.
「何も保証できないけど、やってみるよ。」

OK, but don’t expect too much.
「いいけどあまり期待しないでね。」

OK, but I don’t know how much I can help.
OK, but I don’t know how much I can be of help.
「いいけど、どのくらい役に立てるか分かんないよ。」

手伝えなさそうな場合

That depends. What is it?
「場合によるけど、なに?」

Sorry, I’m a little busy at the moment. Can you ask me later?
「ごめんなさい。今はちょっと立て込んでるので、また後ででもいいですか?」

Sorry, I can’t.
「ごめんなさい。それは出来ません。」

I’m afraid I can’t at the moment.
「申し訳ありません。今は難しいです。」

Sorry, but I’m unable to help.
「すいません、手伝うことができません。」

Sorry I can’t be of much help.
「役に立てずにすいません。」

I’m not sure I can help.
「手伝えるかどうか自信がない。」

Unfortunately, I’m not able to help. Why don’t you ask Michael?
「残念ながら手伝うことはできないよ。マイケルに聞いて見たら?」

I’m not sure I’m the right person to ask.
「私なんかでいいの(頼りになれないと思うけど。。。)?」

That’s a little difficult.
That’s going to be a little difficult.
「それは少々難しいです。」

(6) お願いをする

※お願いをする時、状況を説明することをおすすめします。

I couldn’t catch a cab. Could you please drive me to the airport?
「タクシーが捕まんなくて。。。空港まで送ってもらえますか?」

I was sick all week. Could I possibly get an extension on the deadline?
I was sick all week. May I get an extension on the deadline?
「今週ずっと体調崩してて、締め切りを延期することは可能ですか?」

I wrote this email in English. Could you possibly proofread my email?
「英語でメールを書いたのですが、校正してもらえますか?」

The deadline is tomorrow. Could I ask you to help me with this report?
Could I trouble you to help me with this report?
Could I bother you to help me with this report?
「レポートの締め切りが明日で。。。手伝っていただけますか?」

My boss is breathing down my neck. Could you help me translate this document?
「上司がうるさくて。。。この資料の訳を手伝っていただけますか?」

Would you please send this report to Mr. A by 7pm?
「Aさんにこのレポートを19時までに送っていただけますか?」

Would it be too much trouble for you to help me with my essay?
「困難でなければ、論文を書くのを手伝ってもらえる?」

I’d like your opinion on my essay. Would you mind taking a look at it?
「私の論文について意見を聞きたいんだけど。見てもらってもいいかな?」

I’d appreciate it if you could keep it down. I’m trying to study.
「今勉強に集中しているので、静かにしてもらえるかな?」


The takeaway(要点):

これで英語でも人にお願いしやすくなると思います。少し気まずいお願いだったり、相手が忙しいそうでも、とりあえず告知をしてみると相手の機嫌や忙しさが分かるはずです。相手の反応によってお願いの仕方をを合わせれば、大抵は手伝ってもらえると思います。

また、お願い英語でされたら「Sure!」「Of course!」の他にも様々な表現がありました。自分の立場、機嫌や忙しさによってこれらを上手に使い分けてみましょう。特に相手のお願いに何らかの理由で対応できない場合はためらう必要はありません。

英語で上手にお願いをすることもコミュニケーションがスムーズに行く重要なスキルです。また、お願いをされた時の返し方によって自分が相手にとって頼りになる人材かどうかのイメージも決まります。

Thank you for reading until the end! You’ll be doing me a bit favor by clicking  the “Like” button!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*