英語でwayの様々な意味とよく使う例文とイディオム92選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“I wouldn’t go so far as to call a dog filthy, but it’s definitely dirty. But, dogs got personality, personality goes a long way.” 「犬は(豚ほど)不潔だとまでは言わない。確かに汚い。しかし、犬には(豚と違って)性格がある。この世の中、性格は重要だぜ。」と、映画Pulp Fiction『パルプ・フィクション』でサミュエル・ジャクソンが言っています。このシーンの“personality goes a long way”は、直訳すると「性格があれば、成功する」という意味になります。

英語wayは、文章や使い方によって様々な意味を持っています。「道案内」に使ったり、「距離」「方向」を表したり、または「方法」「手順」という意味にもなります。また、物事を砕けて強調する時にもwayはよく使われます。

これらの意味に加え、wayを使った別の表現とイディオムが沢山存在します。例えば、“By the way”“Either way”という表現を耳にしたことはありませんか?または、“Way to go!”も定番のイディオムの一つです。

本日は、英語でwayの様々な意味とよく使う例文とイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が92選紹介いたします。


(1) 「道」や「案内」に関連するwayの意味と使い方
(2) 「距離」を意味するway
(3) 「方法」、「手順」、「やり方」の意味を持つway
(4) 「方向」の意味を持つway
(5) 「態度」、「考え方」の意味を持つway
(6) 物事を砕けて強調する時に使うway
(7) wayの他の意味と使い方
(8) wayを使ったイディオム集

(1) 「道」や「案内」に関連するwayの意味と使い方

Could you tell me the way to the station?
「駅までの行き方を教えていただけますか?」

Could you point the way to the station?
「駅への行き方を教えてください。」

Which way is the station?
「駅はどちらの方向ですか?」

Which way are you going?
Which way are you headed?
「どちらへ行かれますか?」

Which way is quicker?
「どの行き方が早いですか?」

You are going the wrong way.
「違う方向に進んでいますよ。」

This way please.
「こちらへどうぞ。」
※客を案内する時に使います。

This is the way out of this place.
「こちらが出口です。」

This is the way in.
「こちらが入り口です。」

(2) 「距離」を意味するway

It’s a long way from home.
「家(故郷)からはるばる離れています。」

My house is a long way from here.
「家ここからとても離れています。」

There is still a long way to go.
「目的地までまだまだ遠いです。」

We walked all the way back home.
「家まではるばる歩いて帰りました。」

Go straight, all the way to Main Street.
「メイン・ストリートに突き当たるまでまっすぐ進んでください。」

(3) 「方法」、「手順」、「やり方」の意味を持つway

What is the best way to handle this situation?
「最適な対応はなんですか?」

Which way is easier?
「どちらの方法が一番簡単ですか?」

This method didn’t work. Let’s try it my way.
「このやり方ではうまく行かなかったので、私のやり方を試しましょう。」

Fine! I will do it my own way.
「わかった!自分自身のやり方で成し遂げてみせるよ。」

It’s my way or the highway!
「私のやり方が気に入らなければ結構です。」
※脅しによく使われます。「気に入らなければよそへ行ってください」というニュアンスです。

This way is better, isn’t it?
「この方がいいよね?」

Because of social media we don’t communicate the way we used to.
「ソーシャルメディアのせいで昔のように連絡を取らなくなったね。」

You need to find a way to make it up to her.
「彼女に償いをする方法を見つけた方がいいよ。」

I love the way she dresses.
「彼女のファッションセンスが大好きだ。」

That’s just the way it is.
「そんなもんだよ。」
That’s just how things areとも言います。「仕方のないことだよ」というニュアンスになります。

We must finish this project one way or another.
「どうにかしてこのプロジェクトを終わらせなければならない。」
※One way or anotherは「どんな方法を使っても」・「あらゆる手段を使っても」という意味にもなります。

Everyone in the party knew each other one way or another.
「パーティーの客は全員何らかの関係である。」

(4) 「方向」の意味を持つway

Do I hold the remote this way?
「コントローラーはこうやって持てばいいの?」

The chairs are facing the wrong way.
「椅子が(ステージの)逆の方向を向いているよ。」

Which way does your living room face?
「リビングはどっちの方角を向いていますか?」

Which way up should this box be?
「この箱の向きはどちらが上ですか?」

Turn the key the other way.
「鍵を反対の方向に回してください。」

(5) 「態度」、「考え方」の意味を持つway

I love the way you think.
「君の考え方が気にった。」

That’s just the way he thinks.
「ただそれが彼の考え方だ。(なので仕方がない)」

The way people behave on the train is sometimes shocking.
「電車で見かける人たちの態度に時々あきれる。」

He has changed in every way.
「彼は全てにおいて変わった。」

She looked at him in a very romantic way.
「彼女はとてもロマンチックな目で彼を見つめた。」
romanticの代わりにpassionate、angry、funny、strange、puzzledなど色々まだまだ沢山あります。

Judging by the way he was acting, everyone thought he went crazy.
「彼の態度からして、気がおかしくなったのかと皆んなが思った。」

I never felt this way.
「こんな気持ちになったのは初めてだ。」

(6) 物事を砕けて強調する時に使うway

This question is way too difficult for me.
「この問題は私にはあまりにも難しすぎる。」

The station is way too far.
「駅はここからあまりにも遠すぎる。」

It’s way too soon to tell if the test is a success.
「この実験が成功したかどうか判断するにはあまりにも早すぎる。」

Your guess was way off.
「君の推測は大外れだった。」

The estimate was way off target.
「推計はだいぶ外れていた。」

We are way off track.
「道から随分離れてしまった。」

These VIP seats are way more expensive.
「このVIP席は断然高い。」

This is way better.
「こっちの方が断然マシだ。」
※カジュアルな表現です。

(7) wayの他の意味と使い方

Let’s split the bill three ways.
「3人で割り勘にしましょう。」

Out of the way please!
Get out of the way!
Move out of my way!
「どいてください!」
※緊急時や急ぎの時に使う、少し乱暴な言い方です。

I couldn’t see the stage because a man’s head was in the way.
「前の人の頭が邪魔でステージが見れなかった。」

You are in the way.
「(そこに立ってると)邪魔だよ。」

I thought I made a mistake but it was the other way around.
「私が間違っていたと思いましたが、逆でした(相手が間違っていました)。」

I picked some bread on the way home.
I picked some bread on my way home.
「家に帰る途中パンを買ってきました。」

By the way, Tomo says hi!
「ところで、トモがよろしくって!」

In a way, I think this is better.
「ある意味、この方がいいです。」

I hope it doesn’t rain tomorrow. Either way, we will still get together.
「明日は天気だといいですね。どちらにしろ、集まる予定ですが。」

Way to go!
「よくやったね!・その調子!」

I’m on my way!
「今からそっちに向かいます!」

(8) wayを使ったイディオム集

Let me put it another/this way.
「別の言い方をしましょう。」

That’s one way to put it.
「それも一理ある。」

You have a clever way of putting things.
「君の考え方は賢いね・その言い方は賢いね。」

There is no other way to put it.
「他に言いようがない。」
※「親切に・丁寧に言うことはできない」というニュアンスにもなります。

こちらの記事もよろしければどうぞ → 英語でno wayを使った様々な意味と例文36選

This task is way above my paygrade.
「この仕事は私の管理下には全くありません。」

We still have a long way to go before we can present our plans to our clients.
「この企画をクライアントに提案するにはまだまだ時間がかかります。」

My legs gave way after climbing the mountain for 4 hours.
「山を4時間登った地点で足が耐えきれなくなりました。」

Over the past decade newspapers gave way to digital content.
「この数十年で新聞はデジタルコンテンツに移行しました。」

I’ll be out of your way in a minute.
「1分ほどでどきます(席を譲ります)。」

This behavior isn’t acceptable in any way, shape , or form.
「どんな事情・形であろうと、その態度は許されない。」

I will succeed and nobody will stand in my way.
「必ず成功させます。誰にも邪魔はさせません。」

Don’t worry, we are out of harm’s way.
「もう大丈夫、危機は去った。」
harm’s wayは「危機地帯」や「危険な状況」などを指します。

He always gets his own way.
「彼はわがままでいつも自分のやりたいようにしている。」

Fine! Have it your way!
「大いに結構!君のやり方でやって見れば!」

She is on her way to stardom!
「彼女はもうじきスターになるだろう!」

I have to be on my way.
「もうそろそろ帰らないと。」

You can’t have it both ways.
「両立は無理だよ。」
※「あれもこれもというわけにはいかない」・「両てんびんはかけられない」という意味にもなります。

The hotel staff went out of their way to help us.
「ホテルスタッフの親切さは期待以上でした。」
※「~するために尽力する」という意味になります。

After 10 years of partnership, we decided to go our separate ways.
After 10 years of partnership, we decided to part ways.
「10年パートナーシップの末、お互いの道を行くことにしました。」
to part waysは「別れる」という意味でも使います。

He tried to talk his way out of doing the dishes.
「彼は食器を洗わないため、言い逃れようとした。」
to talk his way out は「上手いこと言って切り抜けよる」という意味にもなります。

She talked her way into the club.
「彼女は上手いこと言ってクラブに入れてもらいました。」

He worked his way up to the top.
「彼は下積みから努力をしてだんだん出世していった。」
to work your way upは「登り詰める」という意味にもなります。

I wouldn’t have it any other way.
「このやり方で間違いない(他の考え方はありえない)。」
※難しくても自分の選択が正しいと確信している時に使います。

That guy will go a long way.
「彼は必ずいつか成功する。」

Teddy and I, we go way back!
「テディと俺は昔からの付き合い(ダチ)だよ!」

I discovered their secret the hard way.
「彼らの秘密は身を持って知ったよ。」

I researched the information eight ways to Sunday.
「すべての手段を使って情報を調べた。」
※または、six ways to Sundayforty ways to Sundayとも言います。

It cuts both ways.
「諸刃の剣である。」

If you get some of my food then I should have some of yours. It works both ways.
「私の食べ物を食べたいんならあなたの食べ物を分けてちょうだい。お互い様でしょ。」

The door swings both ways.
「お互い様だから。」
※自分がやらないこと(又はやること)は他人もやってはくれない(又はやる)ことを表す。


The takeaway(要点):

英語wayという単語は元々インドヨーロッパ祖語で「動かす、運ぶ」という意味だったそうです。後にこれが「道筋」「空間」、または「生活習慣」という意味で使われるようになったそうです。

今回の記事では英語wayの様々な意味と使い方をまとめてみました。大きく分けて、「道」「距離」「方法・やり方」「方向」「態度」「考え方」という意味で今では使うことができます。これらに加え、wayの別の使い方として、大抵カジュアルな表現になりますが、物事を強調することができます。

最後に、wayが含まれているイディオムは特に多かったですね!上記の表現集はwayを文字通り使っているので、想像力を活かせばなんとなく理解できると思います。あとは使うことによって覚えるしかないです!

Thanks for reading until the end! This article was quite long. Way to go! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*