返信メールの件名で見るRE:の意味と英語の関連単語36選 | Winner's English - 勝負する英語

返信メールの件名で見るRE:の意味と英語の関連単語36選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メール件名re:

 受け取ったメールに返信をすると、subject(件名)にRe:(又はRE:)が表示されます。返信用のボタンを押すと現れるので、一見replyの略と思いがちですが、実は英語regardingの略なのです。返信メールの件名で見るRe:は何の略なのかご存じでしょうか?また、その関連単語は思いつきますか?

この単語はフランス語regarder「見る」と言う意味の動詞から来ています。動詞のto regardは英語で「(人・物などを)~と見なす」と言う意味になります。名詞のregardは「尊敬」や「敬意」と言う意味で使われます。メールの最後にBest regardsと書くのもその理由です。

フランス語由来の単語の多くは大抵英語では丁寧(formal)に聞こえます。その為、英語regardingabout「〜について・〜に関して」と同じ意味ですが、より丁寧な言い方になります。
つまり, メールの件名に Subject:RE: Tomorrow’s meetingと書かれていたら、About tomorrow’s meeting「明日のミーティングについて」と言う意味になります。メールの返信ボタンを押す度にRE:が追加されてしまうので、個人的には一つだけ残して使用しています。

他にも、ビジネスの手紙(一つ昔はFAX)の内容をページの上部に記載する為にもRE:は使われています。

ビジネス場面の会話でも、regarding(又はin regard to)は話したい話題を導入する時によく使われます。例えば、会話中に「先程仰っていた件ですが」と話を戻す際に便利です。その他にもwith regard toconcerningと言う表現も「〜について」と言う意味になります。

本日は、メールや手紙の件名に使われるRe:を始め、 regardingin regard towith regard toas regardsと名詞と動詞のregardの正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が36選紹介します。

こちらの記事もどうぞ → 英語メールの件名の例文80選!ビジネスから日常まで

(1) 返信メールや手紙の件名で良く見るRE:
(2) regarding / in regard to / with regard toの使い方
(3) as regardsの使い方
(4) 動詞のto regardの使い方
(5)名詞のregardの使い方
(6) メールの最後に書くregardsの使い方

(1) 返信メールや手紙の件名で良く見るRE:

メールの場合

Subject: Re: Our previous meeting 
件名:前回のミーティングに関して

Subject: Re: Project Alpha Juliet
件名:プロジェクト・アルファジュリエットに関して

Subject: Re: Your order #109459
件名:ご注文#109459について

手紙の場合

注:メールのフォーマットと違ってSubject:は入りません。宛先の名前、肩書きと住所の後に書きます。

March 16th, 2023

Mr. John Smith 
Assistant Director
High class Consulting
24, Bienvenue Av. San Francisco, CA 46228

RE: Recommendation for Pete Mitchell
「ピート・ミッチェルの推薦の件」 

(2) regarding / in regard to / with regard toの使い方

[文法:regarding、in regard to、with regard toの後には名詞名詞節がきます]

I would like to talk to you regarding the next project.⭕️
注: regarding to the next project.❌

I sent an email to our client regarding the contract.
「契約書の件でクライアントにメールしました。」

Regarding your decision, I think it’s a good move.
「君の決断に関して、いい手段だと思う。」

Regarding what you said earlier, could you elaborate on that?
「先程仰った件ですけど、もう少し詳しく話していただけますか?」

In regard to your request for time off, I decided to authorize it. ⭕️
休暇申請についてですが、許可する事にしました。
注:in regards to

This email is in regard to your unpaid membership.
このメールは、未払いの会員費に関するものです。

A new policy has been put in place with regard to safety.
「安全に関しての新しい政策が実施される事になった。」
注:with regards to

I have a question with regard to your previous statement.
あなたの一つ前の発言に関して質問があります。

(3) as regardsの使い方

As regards the incident, you don’t have to worry anymore.
「事件に関してはもう気にすることはないです。」

I have little information as regards this company.
「この会社についての情報はあまりないです。」

As regards the level of CO2, how can we do to reduce it?
「CO2に関してですが、どうしたら削減する事ができるでしょうか?」

Are there any solutions as regards protecting the environment?
「環境保護に関して解決策はあるのでしょうか?」

(4) 動詞のto regardの使い方

He regards himself as a history specialist.
「彼は自分自身を歴史の専門家だと見なしている。」

I regard him as my best friend.
「私は彼を親友だと思っています。」

Roger Federer is regarded as the greatest tennis player of all time.
「ロジャー・フェデラーは史上最強のテニス選手と見なされている。」

Regarded as one of the top companies in the world, SqrNX has revolutionized the gaming industry.
「世界トップの企業と見なされているSqrNX社はゲーム業界に革命を起こしました。」

Her novels are highly regarded around the world.
「彼女の小説は世界中で評価されています。」

(5)名詞のregardの使い方

I give very little regard to his comments.
「彼のコメントにはあまり気にしません。」 

He has great regard for his boss’ work ethics.
彼は上司の労働倫理を大いに尊重している。

The students have a high regard for their seniors.
生徒たちは先輩達をとても尊敬しています。

She is studying medicine and in that regard she is doing very well.
「彼女は医学を勉強していて、その点で彼女はうまくやっている。」

Storage is important for supplements and in that regard Ihaarb does it best.
「サプリメントの保存は大切です。その点でIhaarb社がベストです。」 

His art is held in high regard all around the world.  
「彼の」

化粧水を効率よく肌に届けるルルルンのフェイスマスク

化粧水を効率よく肌に届けるルルルンのフェイスマスク

(6) メールの最後に書くregardsの使い方

Give my regards to Tom.
「トムによろしく。」

My warmest regards to your family.
「ご家族の皆さんに宜しくお伝えください。」

Sending my regards to the team members.
「チームメンバーのみんなに宜しく。」

When you see Pete, please give him my kind regards.
「ピートに会ったら、よろしくと伝えてください。」

With warmest regards
With sincere regards,
(With) best regards,
(With) kindest regards,
※最も丁寧な書き方です。

Best regards
「よろしくお願いいたします。」
With sincere regardsよりカジュアルで温かい書き方になります。

 


The takeaway(要点):

メールのやり取りを繰り返すと件名にRe:が返信の回数だけ表示されます。ですが、Re:英語replyではなく、regardingの略なので、本来でしたら一つで十分なのです。また、ビジネス・シーンなどの正式な手紙の冒頭にも内容を知らせる為にRe:を使います。

Regardingaboutの丁寧な言い方ですので、英語で仕事をしている時に会話でもよく使われます。Regardingのバリエーションはin regard towith regard toas regardsがあります。

また、メールの締めには日本語の「よろしくお願いいたします」に近いBest regardsRegardsを使いましょう。相手に温かい気持ちの敬意を表していますのでよりメールの印象が良くなります。

I hope this article was helpful. Thanks for reading until the end!

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

error: Content is protected !!