英語のwouldを使って独断的な口調を低減する方法35選 | Winner's English - 勝負する英語

英語のwouldを使って独断的な口調を低減する方法35選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wouldの使い方 疑問文 否定疑問文

英語の法助動詞wouldcouldmightは、提案や要求の丁寧さが増すのでビジネスでよく使われます。また、断定的な言い方より少し曖昧な言い方をしたい時に使われるので、気の利いた言い方に変わります。中でも、wouldは特によく使われますが、場合によってwouldを使った文章をさらに丁寧にする方法が二つあります!

以前の記事で、wouldの7つの使い方を説明しました。その記事では、ミーティングでwouldを使って意見の述べ方を例文で紹介しましたが、実は提案や要求をする時に使うwouldが他にありました。その二つの方法とは、wouldの肯定文を疑問文と疑問否定文に変える事です!これによって、多くの発言の丁寧さが一段と増します!

本日は、英語のwouldを使って独断的な口調を低減する方法35選を、講師として18年以上の経験を持つネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が解説します。


1. 独断的な口調を低減するwouldの使い方
2. 疑問文によるさらに丁寧な口調にする方法
3. 否定疑問文によるさらに気の利いた口調にする方法

1. 独断的な口調を低減するwouldの使い方

解説:wouldを使うと、もっと暫定的な発言に変わります。独断的な口調を低減する事ができます。気が利いた言い方になります。

That is a problem.
→ That would be a problem.
「それは難しいかもしれません。」

That is a difficult request.
→ That would be a difficult request.
「それは難しい要求かもしれません。」

Delivery on Friday is convenient.
→ Delivery on Friday would be convenient.
「金曜日の発送が好都合です。」

I’m not able to share that information at this point.
→ I would not be able to share that information at this point.
「現時点ではその情報を共有することは難しいです。」

It’s a good idea to include the sales team.
→ It would be a good idea to include the sales team.
「営業チームを含めた方がいいかと思います。」

I agree.
→ I would agree.
「私も同意します。」

I don’t agree with you.
→ I wouldn’t agree with you.
「私はあなたの意見には同意しません。」

I don’t know. I’ve never tried it.
→ I wouldn’t know. I’ve never tried it.
「試した事がないので(経験がないので)、分かりません。」
注:トーンによっては「知るはずがないでしょう。」に聞こえる事があります。

I require more time to think about it.
→ I would require more time to think about it.
「それについて考えるにはもっと時間が必要です。」

I suggest meeting next week.
→ I would suggest meeting next week.
「来週会うことを提案します。」

I prefer to meet next Friday.
→ I would prefer to meet next Friday.
「来週の金曜日に会いたいのですが。」

I appreciate your help.
→ I would appreciate your help.
「よろしくお願いします。」

We think so too.
→ We would think so too.
「私たちもそう思います。」

We need more information to make a decision.
→ We would need more information to make that decision.
「決断をするにはさらに詳しい情報が必要です。」

Working from home has its advantages.
→ Working from home would have its advantages.
「在宅勤務にはメリットもあるであろう。」

2. 疑問文によるさらに丁寧な口調にする方法

解説:肯定文や普通の疑問文より、wouldを使った疑問文の方が丁寧さが増します。特に提案を述べる時に使えます。

Do you agree with that opinion?
Would you agree with that opinion?
「その意見に同意しますか?」

Have you seen my phone by any chance?
Would you have seen my phone by any chance?
「もしかして私の携帯を見かけましたか?」

Delivery is on Monday. Is that all right?
→ Delivery is on Monday. Would that be all right?
「配達は月曜日日なります。それでよろしいでしょうか?」

That would be a problem.
Would that be a problem?
「大丈夫でしょうか?」

That would be difficult.
Would that be difficult?
「それは難しいでしょうか?」

Delivery on Friday would be convenient.
Would delivery on Friday be convenient?
「金曜日の配達はご都合がよろしいでしょうか?」

It would be a good idea to include the sales team.
Would it be a good idea to include the sales team?
「営業チームを含めた方がよろしいでしょうか?」

They would need more information.
Would they need more information?
「彼らはさらに詳しい情報が必要だと思いますか?」

You would require more time to think about it.
Would you require more time to think about it?
「考える時間が必要でしょうか?」

You would prefer to meet next Friday.
Would you prefer to meet next Friday?
「来週の金曜日に会うのはいかがでしょうか?」

Working from home would have its advantages.
Would working from home have its advantages?
「在宅勤務にはどんなメリットがあるのでしょうか?」

3. 否定疑問文によるさらに気の利いた口調にする方法

解説:提案する際に、wouldを使った疑問文を否定疑問文にすることによって、もう一段階上の丁寧さになります。

This is a complex situation. Would you agree?
→ This is a complex situation. Wouldn’t you agree?
「これは複雑な状況です。そう思いませんか?」

Would you have seen my phone by any chance?
Wouldn’t you have seen my phone by any chance?
「私の携帯を見かけたりしませんでしたか?」

Would that be a problem?
Wouldn’t that be a problem?
「問題にならないでしょうか?」

Would delivery on Friday be convenient?
Wouldn’t delivery on Friday be convenient?
「金曜日の配達がよろしいのではないでしょうか?」

Would it be a good idea to include the sales team?
Wouldn’t it be a good idea to include the sales team?
「営業チームを含めた方がよろしいのではないでしょうか?」

Would they need more information?
Wouldn’t they need more information?
「彼らはもっと詳しい情報が必要なのではないでしょうか?」

Would you require more time to think about it?
Wouldn’t you require more time to think about it?
「もっと時間をかけて考えてみませんか?」

化粧水を効率よく肌に届けるルルルンのフェイスマスク

Would you prefer to meet next Friday?
Wouldn’t you prefer to meet next Friday?
「来週の金曜日に会う方が好都合ではないでしょうか?」

Would working from home have its advantages?
Wouldn’t working from home have its advantages?
「在宅勤務はメリットがあるのではないでしょうか?」


化粧水を効率よく肌に届けるルルルンのフェイスマスク


The Takeaway(要点):

英語でのビジネスの場面で提案や要求をする際、法助動詞wouldを使うとより丁寧に聞こえます。法助動詞のwouldは本来、仮定法でよく使われるので、断定的な言い方より少し曖昧な言い方になり、気の利いた言い回しになります。

すでに丁寧であるwould肯定文を疑問文に変えると、相手に意見を伺うトーンに変わりますので、より丁寧な言い回しになります。これより、更にもう一段階上の丁寧さにするには、これらの疑問文を否定疑問文にします。すると、「〜ではないでしょうか?」と言うようなトーンに変わります。ビジネスの場面で、提案や要求をする際はこれらのテクニックを是非使ってみてください!

Thank you for reading until the end! How would you use these techniques in business?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

error: Content is protected !!