日常会話

場面別で「いつもありがとう」を英語で伝える例文40選

以前、英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選という記事を書きました。その記事に引き続き、今回は「いつもありがとう」英語でどう上手に言うのかについて書いて見ました。

お世話になっている方や、心の支えになっている方に送るメッセージはthank you so muchだけではやや物足りないと思いませんか?又、取引先に送るメールにも書くことは少なくはないと思います。このような場合は英語「いつもありがとう」はどのように言えば伝わるでしょうか?

本日は、場面別で「いつもありがとう」英語で上手に伝える例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

tooを英語で使いこなすのための様々な意味と活用法50選

tooという英語の単語の使い方が色々あるということはご存知ですか?「標準レベルを超えた時」に使う「余りに」という意味はもちろん、「又」という意味としても使われます。

これらの他に、相手と考えや意見が合う時にもよくtooを使います。つまり、「私も!」と言いたい時に便利な単語です。そして、tooの前にnotを付け加えるだけで「あまり」「それほど」という意味にもなります。

一方、that’s TOO bad!は「それは残念!」という意味です。よくthat’s SO bad!「それは酷い!」と勘違いされていますので注意しましょう。このような上記とは別のtooを使った表現もついでに覚えてしまいましょう!

本日は、英語tooの様々な意味と正しい活用法を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

availableとその反対語の意味と正しい使い方50選

英語available意味はいまいち掴めないという方が多いと思います。色々な場面で使うので、マスターするととても便利な単語です。基本的に「利用できる」「使用できる」という意味で使われていますが、元は「有益な」という意味だったそうです。

その他にも、availableは人と約束をしたい時にも使われます。更に、店でも商品が「購入できる」「在庫がある」という意味でもよく耳にします。更に、availableは電話に出る時や「応じる」という意味でもよく使われています。

availableの反対語であるunavailableは、not availableと一緒の意味でそっくりそのまま文章で使えますが、少し注意が必要です。注意といえば、ついでですが、she/he is availableは現代では「彼女・彼は交際相手・愛人がいません」という風にも囚われるので気を付けましょう。

本日は、availableとその反対語の意味と正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が分かりやすい例文を通して50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

afterを使いこなすための様々な表現とその意味75選

英語afterの基本的に「〜の後に」という意味で使かわれますが、いまいち使い方があやふやだと感じている方は多いと思います。例えば、単語の順序を始め、nextfollowingとの使い分けが難しいとよく生徒さんに言われます。それもそうです、使い方は本当に沢山あります!また、after thatとの使い分けも知りたいという声もありました。

Afterは場合によって色々な意味になります。時間的な「順序」を表すだけでなく、場所的な「順序」も表せますし、「追いかける」「追跡する」という意味としても使えます。更に、他の単語との組み合わせによって「直後に」「しばらくして」という表現にも変化します。しかし、これらは序の口です。afterの別の使い方はまだまだあります。「次から次へ」afterとの組み合わせで表せます。

上記の意味と使い方に加え、afterを接頭語として利用することもできます。例えば、afternoonはもうすでにご存知ですよね?これは見ての通り、afternoonをくっ付けてた単語です。日本語にすると「昼」「後」という意味で、つまり「午後」になります。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がafterを使いこなすための様々な表現とその意味75選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

enoughを英語で使いこなすための意味と活用70選

英語enoughは使い方が難しいとよく言われます。日本語で「(通例数量が)十分な」「必要なだけの」または「不足のない」という意味としてよく使われますが、実はこれらとは別の使い方が存在するということをご存知ですか?

enoughとの言葉の組み合わせによって意味が変化し、「十分すぎる」「足りない」「うんざり」「かなり」など、色々な使い方ができます。

更に、enoughを使いこなすと、気持ちや考えを少し強調したい時や、同意する時、そして想像通りの結果を伝える時にも役立ちます。それぞれ、元の意味は一緒でも、単語の組み合わせでバリエーションを効かせることができようになります。

本日は、enough英語で使いこなすための意味と活用を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で正しい時間の言い方と時間関連のイディオム85選

英語時間を聞かれて困ったことはありますか?また、腕時計をすることが少なくった現代ではスマホで時間を確認することが習慣になりました。ところが旅行中で電池切れの時はどうしますか?周りの人に時間を聞きくと思います。

さらに、約束などをして、指定された時間の確認を英語でする場合、時々fifteen(15分)なのかfifty(50分)なのかはっきり聴き取れない事もあるのではないでしょうか?そして、13時をthirteen o’clockと言っていませんか?

英語時間を伝える時は次のルールを守りましょう:

  • 「〇〇時ちょうど」を〇〇o’clockと言います。例:It’s three o’clock (3:00pm).
  • 「〇〇時XX分過ぎ」の場合pastを使います。例:It’s five minutes past three (3:05pm).
  • 「〇〇時まであとXX分」の場合はtoを使います。例:It’s five minutes to four (3:55pm).
  • pasttoを使うときはampmは使いません。例:It’s five minutes past three pm(3:05pm).
  • アメリカではtoの他にbeforetillを使うことがあります。例:It’s 15 minutes before/till eight (7:45).
  • また、pastの代わりにafterを使うことが多いです。例:It’s quarter after one (1:15).
  • 24時間表記の場合、お昼の12時以降の時間はpmin the afternoonin the eveningを使います。例えば、 13時をthirteen o’clockとは読みません。
  • 深夜12時からお昼の12時はmorningです。
  • お昼から5時まではafternoonと言います。それ以降はeveningです。
  • 15分をquarter(1時間の4分の1)、30分をhalf(1時間の半分)と言います。これによってfifteenfiftythirteenthirtyを聞き間違えることを防げます。

本日は、これらのルールを守った正しい英語時間の言い方と時間関連のイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、85選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会話や会議で2.1秒の反応を見せるための表現90選

英語の会話になると「日本人は反応が薄い」と言われたことがありますか?私も大学や会社で教えているそう感じることが多いです。特に大人数の前で質問をされると、より静かになる様な気がします。日本では「うん、うん」とうなずちで済ますことももできますが、「そうなんですね!」、「本当に!」、「そうだよね!」などもよく使います。この様な反応は英語でも沢山あります。

日本人のボディランゲージと表情は極めて外国人の方からは読み取りづらいのです。外国の友人からよく言われますが、何らかの英語の言葉を口に出して反応を見せないと「理解しているのか?」や「何が問題なの?」と思ってしまうそうです。また、すぐに答えられなくても、黙っているより考えているということをアピールしたほうがいいです。それによって時間を稼ぐこともできます。

そして、英語で強い反応を表すための簡単な方法もいくつかあります。例えば、What a~That’s~を使います。決してオーバーリアクションではないので、これらもついでに覚えて使ってみましょう!

本日は、英語の会話や会議で2.1秒反応を見せるための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、90選紹介いたします!2.1秒という数字が鍵です!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し98選

コミュニケーション上、感謝の気持ちを表すのはとても重要なことです。英語「ありがとう」とお礼をする時、Thank youThanksをよく使うと思います。しかし、感情の込め方や場面によってバリエーションを効かせたいと思うこともあると思います。例えば、相手に手助してもらった時や、または応援・サポートをしてもらった時、Thank youだけだと物足りないと感じるのではないでしょうか?また、「ありがとう」英語で言われたら何と返しますか?

以前、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選と言う記事も書きました。その記事では「ありがとう」の気持ちの伝え方は紹介いたしませんでした。相手に借りができた時のお礼にふさわしい表現はちゃんとあります。借りができたときは、恩を仇で返さず、ちゃんと借りを返すことを約束しましょう。

また、友人にお礼を言う時とビジネスなどでいう英語「ありがとう」は異なります。相手によって、日本語と同じように使う表現の丁寧さは変わってきます。この記事で紹介されている表現を認識して是非使って見ましょう。

本日は、英語お礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、98選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選

大抵誰でも人にお願いをするのは難しかったり、気まずかったり、または恥ずかしかったりもします。それを更に英語お願いをするのは苦労すると思います。相手に失礼にならないようにはどの位丁寧でお願いをすればいいのか、正しく伝わっているのか、色々悩むのではないでしょうか?

英語で人にお願いをする時は次の手順を使ってみましょう:
Step1. お願いの告知をまずする(相手の状況や機嫌などを伺うため)
Step2. 状況を説明してからお願いをする(なぜお願いをしているのかを手短く、簡単に説明)

告知をまずすることで、相手の状況や機嫌などを伺うことができます。そして、相手の反応を見てお願いをしていいのかが分かりやすくなります。

英語お願いをされたら何と返していますか?「Sure!」「Of course!」でも十分ですが、それらのみで返していると親切ですが、もうすでに忙しいのに責任が増えてしまうこともあると思います。お願いをされた時の断り方も覚えておくと便利です。

本日は、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、82選紹介いたします。

この記事の後にこちらもよろしければどうぞ → 英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

kind ofの色々な意味と便利な使い方35選

英語kind of(アメリカではkindaという風に発音することが多いです)は大きく分けて二つの意味を持っています。一つ目は「適度」を表します。二つ目は「近似」を表します。ただし、この二つのkind ofのニュアンスの他に、意味は似ていても別の使い方を耳にしたことはあると思います。

まず初めに、kindの本来の意味を見てみましょう。この単語を耳にすると、多くの方は「優しい」「親切な」を思い浮かべると思います。それは何故なら、古期英語のcynd(e)、またはgecynd(e)「自然・生まれつきもっている気質」から由来しているからです。つまり、「同じような気質を持った」と言う意味になりました。これで、kindkind ofの関連がなんとなく理解できたかと思います。

では、ここからkind of意味と使い方をマスターするには、どうしたら良いでしょう?この記事で紹介されている例文を見て、使ってみるのが一番です。ニュアンス別に分けてあるので、これらの使い方を覚えてしまいましょう。

本日は、kind ofの色々な意味と便利な使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、ニュアンス別に35選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0