日常会話 | Winner's English - 勝負する英語 - Page 5

日常会話

英語の会話でよく耳にするsoを使った表現集と例文62選

soを使った表現とイディオム

以前の記事で接続詞のso副詞のsoの使い方を説明しました。今回の記事では、soを使った表現とイディオムを紹介したいと思います。ここでは、ネイティブスピーカーがよく使う表現ばかりなので、文法を気にする事は本当にありません

まず、soはfar、much、ever、more などの単語と組み合わせることが多いです。組み合わせによって様々な表現ができます。例えば、so farは「これまで・今まで」と言う風に訳せますが、so far as I knowは「私が知る限り」と言う意味に変わります。 また、発言の最後に言うsoを含んだ表現相手に咄嗟に返す一言も多数あります。so-で作る複合語もいくつかあるので覚えておきましょう!

本日は、英語の会話でよく耳にするsoを使った表現集と例文62選を、講師として18年以上の経験を持つネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

soを副詞として使いこなす為の3つの用法と例文40選

副詞のsoの使い方

以前の記事で、接続詞soの使い方を紹介しました。英語では、soと言う単語は副詞(adjective)としてもよく使われるので、この記事ではその用法を紹介したいと思います(時にはsoは名詞、代名詞や形容詞として扱われますが、喋る際は気にする事はありません)。

まず、副詞soの一般的な使い方ですが、「とても」・「ものすごく」・「全く」と言う意味になり、文や単語の意味を強調する事ができます。また、notをsoの前に足す事で「それほど」と言う意味になり、意味を弱めたりする事ができます(注:so not~は強調になります)。

二つ目の使い方ですが、会話の途中で前述した事柄を指す事ができます。言い換えれば、前に言った情報全部繰り返す必要がなくなると言う事です。

最後に、副詞のsoは、他の単語(例えばnot)と組み合わせると、「〜も同じ」、「〜くらい」、「~ほどでも無い」などの意味になり、物事を比較をする事ができます。not soso notの違いに気をつけましょう!

本日は、講師として18年以上の経験を持つネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、soを副詞として使いこなす為の3つの用法と例文40選を紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スピーキングに役立つ接続詞soの意外な使い方と例文42選

接続詞 so 使い方

以前の記事で、等位接続詞を簡単に覚えるFANBOYSを紹介しました。この記事では、頭字語FANBOYSのSにあたるsoの使い方について解説したいと思います。

まず、英語接続詞soは、等位接続詞と従属接続詞があります。等位接続詞としてsoを使うと、「結果」を表します。そして、従属接続詞として使うと、「目的」を表します。文章を作る際に、soだけだと意味の区別がしづらいので、and so「結果」so that「目的」の二つを使う分ける事をお勧めします。

接続詞のsoは、最近では他の様々な使い方があります。特に、会話を始める時や、中断した話の続きをする時に良く使います。この時、大抵soは文の初めに来ます(日本語の「ところで」の様に)。逆に、文の一番最後の単語がsoですと、話の結論を想像・想定させる事ができます。更に、用法によってso「同様に」や「〜の為に」という意味にもなります。

本日は、英語のスピーキングに役立つ接続詞soを使った例文42選を、講師として18年以上の経験を持つネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でよく耳にするforを使った句動詞と表現集99選

for 句動詞とイディオム

以前の記事で、forを前置詞又は接続詞として良く使う例文と表現56選を紹介しました。実は、その記事で説明した使い方以外にまだまだあるのです!その一つは、phrasal verb(句動詞)に含まれているforです。更に、forを使った表現やイディオムは沢山あります。

句動詞とは、動詞と前置詞の二つ以上の単語でできている動詞のことです。また、元の動詞とは意味が異なります。例えば、動詞のtakeは「取る・撮る」と言う意味ですが、句動詞のtake forは「見間違える」と言う意味になります。

本日は、英語でよく耳にするforを使った句動詞と表現集99選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。毎日少しづつ覚えていきましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

様々なlose、lostとlossの意味と使い方92選

lost lose 意味 使い方

英語lostはよく使われる便利な単語です。例えば、「(財布を)なくした」はI lost (my wallet)と言います。日本語では「(財布を)落とした」と言う別の言い方もしますが、英語では変わりません。動詞のlose(過去形・過去分詞はlost)は、日本語と同じく、幅広く使われるので、使い方によって「失う」「無くす」以外の意味が無数あります。

まず、「失くす」は解釈によって、ある視点からすれば、「何かを奪われる」と言う意味でも捉える事ができます。また、lost「(試合など)に負けた」・「(点を)落とす」と言う意味でも良く耳にします。形容詞のlostは、「見つける事ができない」・「回収できない」と言う意味ですので、「(道に)迷った」と言う風な意味にもなります。更に、もう一つのlostの意味は、「(追手を)振り切る」と言う意味でアクション映画などで良く聞きます。それは、追手からの視点だと「負ってる相手を見失った」事になるからです。

本日は、様々なlose、lostとlossの意味と使い方92選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。ついでに、lostを使ったイディオム集も覚えましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

例文で理解するbothの意味と様々な正しい使い方60選

both 意味 使い方

英語bothという単語はよく副詞、代名詞、接続詞として使われますが、文章を作る際に位置が分かりづらかったり、both of又はbothのみなのかが分かりづらいと良く言われます。基本的には「両方」という意味で使われますが、「二つとも」「どちらも」「共に」という意味でも使われます。英語で複数形のyouusthemは、何人いるのかが分かりづらい時があります。二人だと強調したい時にboth ofを使います。

ただし、botheitherと違って、否定文では使いません。つまり、「どちらも嫌いです」I don’t like bothではなく、I don’t like eitherになります。この様に、文章によってbothの使い方が異なってきます。また、bothの位置が変わると、文の意味が変わってしまったり、文を無駄に強調してしまう事もあります。

本日は、例文で理解するbothの意味と様々な正しい使い方60選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

duringの意味とwhile、whenとの違い30選

during 意味 使い方

英語during, while, when, for を日本語に訳そうとすると、「〜の間」・「〜の期間中」などの表現が出てきます。以前の記事でwhileの意味と使い方だけを紹介しましたが、果たして他の単語達は全く同じ意味と使い方が出きるのでしょうか?文法を見てから、文章の見た目でまず区別しましょう!

まずduring, while, when, for の一つ目の違いですが、文法のルールです。特に、duringの後は名詞(又は名詞句)がきます。また、whilewhenは似ているので、その違いはもう少し複雑です。while「持続時間」を表すに対して、when「期間中の出来事」を表します。更に、数字で期間を表した時は、duringは使えません。例えば、during an hourではなく、for an hourとなります。

本日は、duringの意味とwhile、whenとの違い30選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。ついでにforとの違いも解説します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

例文を通して解説するwhileの意味と様々な使い方45選

while 意味 使い方

英語when「ある時点・瞬間」を表します。それに対して、while「期間」を表します。また、while接続詞名詞の二つの使い方があります。

接続詞のwhileの定番の使い方はwhile + 名詞 + 動詞ですが、名詞を省略するとwhile + INGという形もあります。この時のwhileの前後に来る動詞は場面に合わせて、現在形、過去形、進行形、完了形などなどです。ただし、未来を描く文を作る時はwhileの後にwillは使えいません。この場合は、未来を意味する現在形を使います。while (…) willという文章は不自然に聞こえます。

また、for a whilein a whileは日本語で「しばらく」「しばらくの間」という風に訳されますが、英語では意味が変わります。前置詞のforを使うと「しばらく(の期間)」という意味になりますが、inを使うと「ある時点からしばらく時間が経過」した事を示しています。更に、in a while「もうしばらくしたら」という意味でもありますので、使い分けましょう。

本日は、例文を通して解説するwhileの意味と様々な使い方45選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で様々なratherの意味と12通りの使い方40選

rather 意味 使い方 英語

英語のネイティブ・スピーカーはratherを様々な場面で良く使います。場面に合わせてニュアンスが変わるのですが、日本では選択の「好み」を表す時以外の使い方は少ないような気がします。その理由は、ratherは使いづらいところがあるからと聞きます。

確かに、「好み」「選択」を表すI would rather…than…ですが、ratherの位置を変えると文の意味が変わります。例えば、次の二つの文を比べると分かります:

①It seems the children would rather play video games than play outside.
「子ども達は外で遊ぶよりもテレビゲームをするほうが好きなようです。」
②It seems the children would play video games rather than play outside.
「子ども達は外で遊ぶよりもテレビゲームをするようでした。」

これに加え、ratherを使って「ある程度」を表す事ができますが、英和辞書を調べると「少々」「かなり」「だいぶ」と言う幅広い単語が出てきます。また、rather likeだけを見ると、その後にくる品詞によっては「似ている」と言う意味にもなりますが、「結構好き」と言う意味にもなりますので、使いづらいと言われるのがよく分かります。

本日は、英語で様々なratherの意味と12通りの使い方40選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。例文を通して、ratherをマスターしましょう!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「無理」「もう無理」「無理しないで」に関連する英語77選

無理 英語 unreasonable impossible

日本語では「無理」と言う表現をよく耳にしますが、主に次の様な時に使います:

・物事の筋道が立たず道理に合わない場合
・実現するのが難しい・ほぼ不可能な場合
・強いて行う・押しきる場合

また、最近では、若い世代は「やろうとすればできるかもしれないが、やりたくない」場合にも「無理」を使うようになりました。

英語では、impossibleunreasonableなどの単語がありますが、残念ながら上記の全ての場合に当てはまりません。例えば、「(限界なので)もう無理!」と言いたい場合は、I can’t…anymore!I’ve had it up to here!などの表現があります。果たして、英語では他の場面に合わせた「無理」の表現はどの様なのがあるのでしょうか?

本日は、「無理」、「もう無理」、「無理しないで」に関連する英語77選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
error: Content is protected !!