電話

英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選

コミュニケーション上、感謝の気持ちを表すのはとても重要なことです。英語「ありがとう」とお礼をする時、Thank youThanksをよく使うと思います。しかし、感情の込め方や場面によってバリエーションを効かせたいと思うこともあると思います。例えば、相手に手助してもらった時や、または応援・サポートをしてもらった時、Thank youだけだと物足りないと感じるのではないでしょうか?また、「ありがとう」英語で言われたら何と返しますか?

以前、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選と言う記事も書きました。その記事では「ありがとう」の気持ちの伝え方は紹介いたしませんでした。相手に借りができた時のお礼にふさわしい表現はちゃんとあります。借りができたときは、恩を仇で返さず、ちゃんと借りを返すことを約束しましょう。

また、友人にお礼を言う時とビジネスなどでいう英語「ありがとう」は異なります。相手によって、日本語と同じように使う表現の丁寧さは変わってきます。この記事で紹介されている表現を認識して是非使って見ましょう。

本日は、英語お礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、95選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選

大抵誰でも人にお願いをするのは難しかったり、気まずかったり、または恥ずかしかったりもします。それを更に英語お願いをするのは苦労すると思います。相手に失礼にならないようにはどの位丁寧でお願いをすればいいのか、正しく伝わっているのか、色々悩むのではないでしょうか?

英語で人にお願いをする時は次の手順を使ってみましょう:
Step1. お願いの告知をまずする(相手の状況や機嫌などを伺うため)
Step2. 状況を説明してからお願いをする(なぜお願いをしているのかを手短く、簡単に説明)

告知をまずすることで、相手の状況や機嫌などを伺うことができます。そして、相手の反応を見てお願いをしていいのかが分かりやすくなります。

英語お願いをされたら何と返していますか?「Sure!」「Of course!」でも十分ですが、それらのみで返していると親切ですが、もうすでに忙しいのに責任が増えてしまうこともあると思います。お願いをされた時の断り方も覚えておくと便利です。

本日は、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、82選紹介いたします。

この記事の後にこちらもよろしければどうぞ → 英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

様々な「問い合わせ」の場面に使える英語の表現45選

英語「問い合わせ」enquiryinquiry、どちらも耳にしたことはあると思います。

正式にはto enquireto inquireは区別されていますが、昔はto enquireto ask「尋ねる・問う・頼む」同様に使われ、inquiryは「公式調査を行う」と言う意味で使われていました。ただし、現在、イギリスではto enquireは一般的に上記のように使われ、to inquireはアメリカで使われています。

イギリスでは、to enquireは一般的な質問を示し、to inquireは捜査を示します。それに対して、アメリカではto enquireは綴りの間違いと判断されます。

結論:enquiryinquiryはどちらでも正しいですが、上記の注意を払って使いましょう。更に嬉しいことに、この二つに単語を使わなくても、「問い合わせ」英語でできますし、対応もできます。

本日は、様々な「問い合わせ」の場面に使える英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、45選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でI wishの意味と7つの使い方が分かる例文50選

ディズニー映画の「ピノキオ」でWhen you wish upon a starという有名な曲があります。この場合、すぐに思いつくwish意味「願う」「祈る」だと思います。実は、英語I wishの使い方が色々あると言うことをご存知ですか?

まず、I hopeとは違って、実現する可能性が薄い時にI wishを使います。その他にも、I wish I couldI wish I hadも中学校の英語の授業で習ったと思いますが、この場合の意味は、「出来れば」「あれば」など、実際には無いものや出来ないことを願う時に使います。

大抵、I wishの後に単純過去形が来る場合は、現在の状況を語っています。
例:I wish I had more time. 「(今)もっと時間が欲しい。」

そして、I wishの後に現在完了形が来ると過去のことを語っています。
例:I wish I hadn’t eaten so much. 「(さっき)あんなに食べるんじゃなかった。」

I hopeについてはこちらの記事をどうぞ→英語でI hopeの意味と7つの使い方が分かる例文40選

更に、次の場面でもwishを使うことができます:「何かを丁寧に要求する時」申し訳ない時や残念な時」後悔している時」相手の言ったことを否定する」誰か・何にかにイライラしている時」。

本日は、I wish7つの意味とその使い方が分かる例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「なぜ?」と、理由を問う時に使う英語の表現65選

グローバルビジネス上英語「なぜ?」と問うのは重要です。それは、理由を述べることで文化の違いによる話の食い違いを避けることができるからです。また、自分の意見を的確に伝えるためにも強い武器となります。

その一方、相手の意見を聞いくとき、理由を問うのも同じくらい大事です。なぜなら、英語「なぜ?」と問うことで、相手の話に興味を持っていることをアピールすることができるからです。これによって、相手との距離を縮めることもできます。

英語でトーンや使う表現によって「なぜ?」と聞くと、積極的すぎるように聞こえる場合もあります。しかし、表現を覚えて区別できれば問題はありません。

本日は、「なぜ?」と、理由や説明を問う時に使う英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返し100選

人に「謝る」ことはとても勇気のいることです。ただでさえ難しいのに、英語「謝る」となると、色々ある表現の中からどれを使えばいいのか悩むことは少なくはないと思います。基本的な謝り方は次の三つです:

  1. I’m sorry (that) ~
  2. I’m sorry about ~
  3. I’m sorry about + ING
  4. I’m sorry for ~
  5. I’m sorry for + ING
  6. I apologize for ~
  7. I apologize for + ING

英語「謝る」時の一番使いやすい表現はI’m sorryですが、これは大抵小さいミス(誤解、間違い、思い違いなど)の場合や、人にぶつかって手っ取り早く「謝る」時に使います。つまり、大きなミスを犯した時や、丁寧に謝るには物足りないことがあります。

では、英語で丁寧に「謝る」にはどんな表現を使ったらいいのでしょう?そして、相手が謝ってきたらどう返せばよろしいのでしょう?

本日は、sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が100選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ「後悔」の気持ちを英語で伝える表現とイディオム55選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「留守電」のために使える英語のフレーズ60選

英語で留守番電話にメッセージを残す機会は増えていると思います。最近では、固定電話だけでなく、携帯電話もあります。機会が相手でも、きちんとメッセージを伝えるのは大事です。長い必要はありません。手短く、要件を伝えればいいのです。そのためには、決まったフレーズを覚えていれば、すらっと伝言英語でも残せます。

また、留守電のメッセージが日本語のみだと、外国の方は伝言を残さない可能性があります。すると、仕事だとせっかくのビジネスチャンスも逃してしまう可能性も高くなります。留守電をバイリンガルにしておくことで外国の方から電話が掛かってきても、メッセージは残しやすいと思います。

本日は、「留守電」のために使える英語のフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が60選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「電話」の様々な「対応」に使える英語のフレーズ80選

事務所の固定電話からスマフォまで、あらゆる場面で電話は掛けたり、掛かってきます。そして、時には英語で掛かってきます。外資系の仕事だと定期的に英語電話の対応をしなければいけません。

以前、英語で電話をする時の7つのビジネス場面に役立つ表現90選という記事を書きました。その続編として、今回は英語での電話「対応」に使えるフレーズを集めてみました。

伝言を受けたり(残したり)する時のフレーズや、相手の言ったことが聞き取れない時のフレーズも知っておくと役に立ちます。特に相手に失礼にならないための丁寧(フォーマル)な言い回しも大事です。

本日は、「電話」の様々な「対応」に使える英語のフレーズを場面別に、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします!「間違い電話」の対応に役立つフレーズもあります!

こちらもどうぞ→「留守電」のために使える英語のフレーズ60選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で電話をする時の7つのビジネス場面に役立つ表現90選

英語電話に出るのを上手になりたい方は多いと思います。「英語だと尚更苦労する」と、よく生徒さんに言われます。
相手の顔もジェスチャーも見えないため感情は伝わり辛いですし、何より言葉の選び方に苦戦しますよね。
その上、英語では相手が言っていることが聞き取れないことも多いです。

実は、基本的な電話の会話の場合、国関係なく表現のパターンは決まっています。フォーマルもカジュアルな表現もパターンは決まっているので、覚えてしまえば英語電話に出ることも、かけることも恐れることはありません。

本日は、英語電話をする時の7つのビジネス場面に役立つ表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が90選紹介いたします!

こちらもどうぞ→「電話」の様々な「対応」に使える英語のフレーズ80選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0