会議

「なぜ?」と、理由を問う時に使う英語の表現65選

グローバルビジネス上英語「なぜ?」と問うのは重要です。それは、理由を述べることで文化の違いによる話の食い違いを避けることができるからです。また、自分の意見を的確に伝えるためにも強い武器となります。

その一方、相手の意見を聞いくとき、理由を問うのも同じくらい大事です。なぜなら、英語「なぜ?」と問うことで、相手の話に興味を持っていることをアピールすることができるからです。これによって、相手との距離を縮めることもできます。

英語でトーンや使う表現によって「なぜ?」と聞くと、積極的すぎるように聞こえる場合もあります。しかし、表現を覚えて区別できれば問題はありません。

本日は、「なぜ?」と、理由や説明を問う時に使う英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「目的」や「目標」を決めたり伝えたりする表現70選

日本語で「目的」とは「実現しようとしてめざす事柄(目当て・狙い)」を指します。また、「目標」は「そこに行き着くように目印とするもの」を指します。この二つの単語の意味の違いは日本語では明らかかもしれませんが、果たして英語ではどうでしょう?

和英辞書を調べてみると、英語「目的」goal「目標」purposeと示されています。ところが、細かく調べると、意味が被っている例もあります。こういう場合、はっきりさせるにはあまり考えず、例文を沢山見ていくのが一番です。

また、goalobjecticeと違い、ザックリしている「目的」なため、明確にする必要があります。そのために役立つSMART と呼ばれる基準があります。5つの要素が含まれているSMART goalにより、「目的」に構造を与えることができ、達成する確率が上がります。

本日は、英語「目的」「目標」を決めたり伝えたりする表現に加え、SMART goalの設定の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現50選

基本的に発言や物事を会話中に「明らかにする」ことは大事ですが、特にグローバルコミュニケーション(英語)では不可欠です。それには主に二つの理由があります:

  1. 話す側:相手がしっかり理解したかを確認し、誤解をできるだけ無くす
  2. 聞く側:理解しようとしていることを表し、相手の話に興味を持っていることをアピールする

英語で行うディベートや会議の際、相手の発言や質問を「明らかにする」ことで会話を前に進めることができます。また、電話の場合、声と言葉でしかコミュニケーションは取れないので、相手の言ったことが聞き取りづらいことが多いと思います。この時、いつもpardon?のように同じ表現ばかり使うとくどいと思われがちです。

本日は、英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

上手にコミュニケーションを取るには、物事や情報などを「確認する」ことは欠かせません。では、英語で会議をする時や、外国の方と話す際、どのような表現を使ったら良いでしょう?

英語Do you understand?を使うことは可能ですが、yesという答えが返ってくることが多く、会話が大分短くなってしまいます。実は、会議中に相手の意見を「確認」することは更に詳しく物事を聞き出すチャンスでもあります。

ついでなので、tag questions (付加疑問)もマスターして、英語「確認する」練習もしましょう!

本日は、英語で意見や情報を「確認する」時に使う表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が95選紹介いたします。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返し100選

人に「謝る」ことはとても勇気のいることです。ただでさえ難しいのに、英語「謝る」となると、色々ある表現の中からどれを使えばいいのか悩むことは少なくはないと思います。基本的な謝り方は次の三つです:

  1. I’m sorry (that) ~
  2. I’m sorry about ~
  3. I’m sorry about + ING
  4. I’m sorry for ~
  5. I’m sorry for + ING
  6. I apologize for ~
  7. I apologize for + ING

英語「謝る」時の一番使いやすい表現はI’m sorryですが、これは大抵小さいミス(誤解、間違い、思い違いなど)の場合や、人にぶつかって手っ取り早く「謝る」時に使います。つまり、大きなミスを犯した時や、丁寧に謝るには物足りないことがあります。

では、英語で丁寧に「謝る」にはどんな表現を使ったらいいのでしょう?そして、相手が謝ってきたらどう返せばよろしいのでしょう?

本日は、sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が100選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ「後悔」の気持ちを英語で伝える表現とイディオム55選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「提案」する時に使える日常とビジネスの表現80選

人に「提案」をする場面は、友人との待ち合わせ場所を決める時から会議でのアイデア提供まで、色々あります。英語ですぐに思いつく表現はyou should~I suggestだと思いますが、場面や話している相手によってこの二つ以外の表現を知っておくことは大事です。

例えば、英和辞書で「提案」を調べると、proposeという単語が出てきます。確かに使うことはありますが、実はとても丁寧な表現で、会議で人に正式に検討してほしい時に使ったりします。また、proposeは婚約するという意味にもなります。

では、友人と一緒に行動を取る時の「提案」の仕方はどんな表現があるのか考えて見ましょう。丁寧な言い方からカジュアルな言い方も考えて見ましょう。すぐに思いつかない場合はこの記事を読んで見てください。以外と「あっ!」と思う表現があると思います。

本日は、英語「提案」する時に使える日常とビジネスの表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「I will」の意味と正しい使い方の例文30選

学校の英語の授業で習ってもI willの正しい使い方に迷っている方は多いと思います。「未来」を表す時に使うというのは理解していても、I will work tomorrowI’m working tomorrowのニュアンスが分かり辛い場合があります。同じように一見聞こえても、実は大きな違いがあるのです。

例えば、事務所の電話が鳴っているとします。その時、I’ll get it!と言いますが、I’m getting it!とは言いません。それは何故でしょう?

また、 I willが使えない場面もありますが、どんな英語の表現を代わりに使ったらいいのか疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、英語「I will」の正しい使い方と場面別の例文を30選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「なぜなら」を使って効果的に理由を述べる英語の表現30選

英語「なぜなら」と言いたい時、becauseという単語がすぐに思いつくと思います。理由が一つしかない場合ならこれで済みますが、無数の理由がある場合、これでは一つしか述べられません。Becauseだけ繰り返しても相手からは諄いように聞こえます。

更に、becauseから始まるセンテンスは喋っている時は問題なくても、文章を書く時はあまりよろしくないと学校で習ったかと思います。その場合は別の表現がちゃんとありますので、今後の英語の会議や試験で使いましょう。

また、三つの理由を述べられように心がけましょう。それによって相手に否定や反対される確率を少なくします。そして、相手にwhy?と聞かれても動じずに自己主張できます。

本日は、「なぜなら」を使って効果的に理由を述べる英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が30選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「意見」を聞いたり、述べたりするための英語80選

英語の試験論文、そして会議などで「意見を求められる」機会はグローバル化する社会で増えています。その逆もまたあります。相手の「意見を聞く」場面も勿論ありますが、What do you think?はもう使い飽きてる方もいるのではないかと思います。

ところが「意見を問われる」時、I think~はしっかりした「意見」英語で述べるにはやや物足りないイメージを与えます。例えば、医者に“I think you have a cold.”と言われたら、少し不安になりますよね?また、TOEFLの様な英語の試験では、回答で使われ過ぎている表現なので、試験官は高得点を与えません。少しでも点を稼ぐには、別の表現を使った方がいいのです。主張の強度を変えることで自分の英語力も証明できます。

本日は、「意見」を聞いたり、述べたりするための英語80選を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

相手の意見に「反対する」時の度合いを変える英語70選

英語の会議で相手の意見に「反対する」のは、相手の気持ちを傷つけてしまう恐れがあるため、やや難しいと感じることは多いと思います。そして、I disagree (with you)を使うと、強すぎてより失礼な気がするため、遠慮して黙るかI seeと返してしまう方も多いと思います。

しかし、「間違ってる」・「それは違う」と思った時、自分の考えをはっきり伝えることは大切です。何故なら、I seeだけでは勘違いされるか、ただの相槌かと思われるからです。その時、英語「猛反対」だったり、「部分的に反対」する時の度合いはどう表したらいいでしょう?

前回の記事で、「部分的に賛成する」ための英語のフレーズを紹介いたしました。

記事はこちらです→英語で部分的に「賛成」するときの表現48選

今回は、相手の意見に「反対」する時の度合いを変える英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0