イディオム

冬に使える英語の「寒い!」と寒さ関連のイディオム46選

「寒い」冬がやってきました!天気はsmall talk「軽い世間話」を始める定番のテーマです!そんな季節の天気を外国の方と英語で話す機会はあると思います。

ただ、国によって「寒い」気候の感じ方は異なります。「肌寒い」日もあれば「ゾクッとする」日もありします。日本は特に12月から4月いっぱいは「凍える寒さ」です。そんな色々な「寒い」英語で上手に伝えられると相手にイメージしやすくなると思います。

更に、「寒い」に関連したイディオムもついでに覚えてしまいましょう!以外な使い方を発見するかもしれません!

本日は、そんな「寒い」季節に使える英語の表現と寒さ関連のイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が46選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「目的」や「目標」を決めたり伝えたりする表現70選

日本語で「目的」とは「実現しようとしてめざす事柄(目当て・狙い)」を指します。また、「目標」は「そこに行き着くように目印とするもの」を指します。この二つの単語の意味の違いは日本語では明らかかもしれませんが、果たして英語ではどうでしょう?

和英辞書を調べてみると、英語「目的」goal「目標」purposeと示されています。ところが、細かく調べると、意味が被っている例もあります。こういう場合、はっきりさせるにはあまり考えず、例文を沢山見ていくのが一番です。

また、goalobjecticeと違い、ザックリしている「目的」なため、明確にする必要があります。そのために役立つSMART と呼ばれる基準があります。5つの要素が含まれているSMART goalにより、「目的」に構造を与えることができ、達成する確率が上がります。

本日は、英語「目的」「目標」を決めたり伝えたりする表現に加え、SMART goalの設定の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現50選

基本的に発言や物事を会話中に「明らかにする」ことは大事ですが、特にグローバルコミュニケーション(英語)では不可欠です。それには主に二つの理由があります:

  1. 話す側:相手がしっかり理解したかを確認し、誤解をできるだけ無くす
  2. 聞く側:理解しようとしていることを表し、相手の話に興味を持っていることをアピールする

英語で行うディベートや会議の際、相手の発言や質問を「明らかにする」ことで会話を前に進めることができます。また、電話の場合、声と言葉でしかコミュニケーションは取れないので、相手の言ったことが聞き取りづらいことが多いと思います。この時、いつもpardon?のように同じ表現ばかり使うとくどいと思われがちです。

本日は、英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返し100選

人に「謝る」ことはとても勇気のいることです。ただでさえ難しいのに、英語「謝る」となると、色々ある表現の中からどれを使えばいいのか悩むことは少なくはないと思います。基本的な謝り方は次の三つです:

  1. I’m sorry (that) ~
  2. I’m sorry about ~
  3. I’m sorry about + ING
  4. I’m sorry for ~
  5. I’m sorry for + ING
  6. I apologize for ~
  7. I apologize for + ING

英語「謝る」時の一番使いやすい表現はI’m sorryですが、これは大抵小さいミス(誤解、間違い、思い違いなど)の場合や、人にぶつかって手っ取り早く「謝る」時に使います。つまり、大きなミスを犯した時や、丁寧に謝るには物足りないことがあります。

では、英語で丁寧に「謝る」にはどんな表現を使ったらいいのでしょう?そして、相手が謝ってきたらどう返せばよろしいのでしょう?

本日は、sorryに加え、「謝る」時の英語の表現と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が100選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ「後悔」の気持ちを英語で伝える表現とイディオム55選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「後悔」の気持ちを英語で伝える表現とイディオム58選

人生で「後悔」することや「残念」な気持ちになることは少なくはないと思います。やってしまった事や、言ってしまった事を後になって失敗であったと悔やむ時、英語ではどんな表現が使われているのかご存知でしょうか?

英和辞書で「後悔」を調べると、大抵regretと言う単語が出てきます。その他にto be sorryという表現もあります。これは謝る時に使う英語の表現ですので、例えば、自分のしてしまった行動によって相手を傷つけてしまったことを後悔する時などに使えます。

実は、これらに加え、英語「後悔」の気持ちを表す表現は沢山あります。これらを知って使うことで表現力を上げてより自然な英語が話せるようになれます。

本日は、「後悔」の気持ちを英語で伝える表現とイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、58選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「危険」に関連する英語の表現とイディオム76選

 「危険」英語で表すとき、大抵dangerriskを使うと思います。しかし、「危険」は日本語で二通りの使い方ができます。一つめは、「危ないこと(生命の損害、事故などの可能性)」を表す時、そして二つめは「悪い結果を招く可能性」を伝える時です。

それぞれによって「危険」に値する英語の単語も変わってきます。つまり、dangerrisk以外に沢山存在すると言うことです。その他にも、「危険は避けた」時と「危険の警告」の時に使える表現とイディオムも存在します。

本日は、「危険」に関連する英語の表現とイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が76選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「逆に」を始め、「逆」に関連する英語の表現50選

会議や会話などで対照する時、「それとは逆に〜」という表現をよく使うと思いますが、英語ではon the contraryという表現があります。また、vice versaという表現もご存知かと思いますが、ラテン語で「逆もまた同様」という意味になります。

このように、英語「逆」という意味を持つ表現は沢山あります。 これらを知っていても、使い分けに困ったことはあると思います。更に、日本語で「逆らう」も同じ漢字ですが、果たして英語ではどのように表したらいいでしょうか?これら様々な「逆」を表す英語のニュアンスを覚えてしまいましょう!

本日は、「逆に」を始め、「逆」に関連する英語の表現とイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「連絡」の取り方が上手になる表現120選

英語「〜に連絡をする」to contact (someone)と言います。実はcontactの接尾語-tactは「触る」という意味で、接頭語のcon-は「一緒に」という意味です。すると、to get in touch with (someone)「〜と連絡を取る」という意味の由来も納得行くと思います。その他にも様々な表現がいくつかあります。

「連絡」と言っても、色々なシチュエーションがあります。例えば、「連絡することを伝える」「相手と連絡が取れたのかを聞く」「連絡先を聞く」など、他にも沢山あります。これらのを英語ではどのようにして言えばいいのか説明いたします。

そして、話す相手によって丁寧さが変わる上、電話、メール、そしてSNSなどのコミュニケーションの仕方も若干変わってきます。

本日は、様々な「連絡」のシチュエーションに使える英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が120選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でcute「かわいい」と思った時の単語と表現80選

英語cute「キュート」はもともとacute(「賢い」という意味の「鋭い」)から来ているそうです。それが、19世紀ごろから現在の意味になったと言われています。ただし、何故このような変化を果たしたのかは良く分かっていないそうです。

また、cuteprettysexyとは異ないます。prettybeautiful(「美しい」)とまではいきませんが、「かれんな」という意味に近いです。sexyは「かっこいい」、「性的魅力のある」という意味に近いです。

本日は、そんな「かわいい」を上手に伝えるための表現と可愛く聞こえる英語の単語を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「これまで」、「今まで」のニュアンスを表現する英語45選

日本語で「これまで」「今まで」を同様に使うことが多いです。しかし、「今まで」はより「現時点まで」を重視した表現なのです。「これまで」はどちらかというと、「継続性」を重視する表現なのです。例えば、「今までどこにいたの?」と言いますが、「これまでどこにいたの?」は不自然に聞こえます。

「これまで」は短い期間の事柄に対してあまり使われないですが、「継続性」に加えて「物事の終わり・区切り」を表現する時にも使えます。例えば、「話はこれまでにしましょう」という風にいいますが、この場合、英語ではuntil nowは使えません。

大丈夫です、英語でもこれらと同じようなニュアンスをちゃんと伝えることはできます。

本日は、「これまで」「今まで」英語で使い分けるためのフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が45選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0