会議

英語で正しい時間の言い方と時間関連のイディオム85選

英語時間を聞かれて困ったことはありますか?また、腕時計をすることが少なくった現代ではスマホで時間を確認することが習慣になりました。ところが旅行中で電池切れの時はどうしますか?周りの人に時間を聞きくと思います。

さらに、約束などをして、指定された時間の確認を英語でする場合、時々fifteen(15分)なのかfifty(50分)なのかはっきり聴き取れない事もあるのではないでしょうか?そして、13時をthirteen o’clockと言っていませんか?

英語時間を伝える時は次のルールを守りましょう:

  • 「○○時ちょうど」を○○o’clockと言います。例:It’s three o’clock (3:00pm).
  • 「○○時XX分過ぎ」の場合pastを使います。例:It’s five minutes past three (3:05pm).
  • 「○○時まであとXX分」の場合はtoを使います。例:It’s five minutes to four (3:55pm).
  • pasttoを使うときはampmは使いません。例:It’s five minutes past three pm(3:05pm).
  • アメリカではtoの他にbeforetillを使うことがあります。例:It’s 15 minutes before/till eight (7:45).
  • また、pastの代わりにafterを使うことが多いです。例:It’s quarter after one (1:15).
  • 24時間表記の場合、お昼の12時以降の時間はpmin the afternoonin the eveningを使います。例えば、 13時をthirteen o’clockとは読みません。
  • 深夜12時からお昼の12時はmorningです。
  • お昼から5時まではafternoonと言います。それ以降はeveningです。
  • 15分をquarter(1時間の4分の1)、30分をhalf(1時間の半分)と言います。これによってfifteenfiftythirteenthirtyを聞き間違えることを防げます。

本日は、これらのルールを守った正しい英語時間の言い方と時間関連のイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、85選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会話や会議で2.1秒の反応を見せるための表現90選

英語の会話になると「日本人は反応が薄い」と言われたことがありますか?私も大学や会社で教えているそう感じることが多いです。特に大人数の前で質問をされると、より静かになる様な気がします。日本では「うん、うん」とうなずちで済ますことももできますが、「そうなんですね!」、「本当に!」、「そうだよね!」などもよく使います。この様な反応は英語でも沢山あります。

日本人のボディランゲージと表情は極めて外国人の方からは読み取りづらいのです。外国の友人からよく言われますが、何らかの英語の言葉を口に出して反応を見せないと「理解しているのか?」や「何が問題なの?」と思ってしまうそうです。また、すぐに答えられなくても、黙っているより考えているということをアピールしたほうがいいです。それによって時間を稼ぐこともできます。

そして、英語で強い反応を表すための簡単な方法もいくつかあります。例えば、What a~That’s~を使います。決してオーバーリアクションではないので、これらもついでに覚えて使ってみましょう!

本日は、英語の会話や会議で2.1秒反応を見せるための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、90選紹介いたします!2.1秒という数字が鍵です!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し95選

コミュニケーション上、感謝の気持ちを表すのはとても重要なことです。英語「ありがとう」とお礼をする時、Thank youThanksをよく使うと思います。しかし、感情の込め方や場面によってバリエーションを効かせたいと思うこともあると思います。例えば、相手に手助してもらった時や、または応援・サポートをしてもらった時、Thank youだけだと物足りないと感じるのではないでしょうか?また、「ありがとう」英語で言われたら何と返しますか?

以前、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選と言う記事も書きました。その記事では「ありがとう」の気持ちの伝え方は紹介いたしませんでした。相手に借りができた時のお礼にふさわしい表現はちゃんとあります。借りができたときは、恩を仇で返さず、ちゃんと借りを返すことを約束しましょう。

また、友人にお礼を言う時とビジネスなどでいう英語「ありがとう」は異なります。相手によって、日本語と同じように使う表現の丁寧さは変わってきます。この記事で紹介されている表現を認識して是非使って見ましょう。

本日は、英語お礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、95選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でI wishの意味と7つの使い方が分かる例文50選

ディズニー映画の「ピノキオ」でWhen you wish upon a starという有名な曲があります。この場合、すぐに思いつくwish意味「願う」「祈る」だと思います。実は、英語I wishの使い方が色々あると言うことをご存知ですか?

まず、I hopeとは違って、実現する可能性が薄い時にI wishを使います。その他にも、I wish I couldI wish I hadも中学校の英語の授業で習ったと思いますが、この場合の意味は、「出来れば」「あれば」など、実際には無いものや出来ないことを願う時に使います。

大抵、I wishの後に単純過去形が来る場合は、現在の状況を語っています。
例:I wish I had more time. 「(今)もっと時間が欲しい。」

そして、I wishの後に現在完了形が来ると過去のことを語っています。
例:I wish I hadn’t eaten so much. 「(さっき)あんなに食べるんじゃなかった。」

I hopeについてはこちらの記事をどうぞ→英語でI hopeの意味と7つの使い方が分かる例文40選

更に、次の場面でもwishを使うことができます:「何かを丁寧に要求する時」申し訳ない時や残念な時」後悔している時」相手の言ったことを否定する」誰か・何にかにイライラしている時」。

本日は、I wish7つの意味とその使い方が分かる例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語を使う環境で「協力」する時に使えるフレーズ80選

英語cooperateco-「一緒に」とoperate「活動する」の二つの単語からできています。つまり、「力を合わせて事にあたること」「協力する」と言う意味です。

英語を使う環境で友人や同僚を手助けする際に使える「協力」という英単語は他にも沢山あります。何故なら、場面によって使う表現が沢山あるからです。例えば、「自分から協力する」場合と「協力し合う」場合ではcooperateは残念ながら使えない場合が多いです。また、「協力」をお願いしたり、それに対してのお礼をするフレーズも知っておくと役に立ちます。

「協力」という単語を英語にわざわざ訳して使わなくても、効果的に気持ちだけを伝える方法もあります。会議などで自分から申し出る際によく使う表現を英語で幾つご存知ですか?

本日は、人と「協力」したり、お願いをしたりする時に使える英語のフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議などで使える「説明」関連の単語と表現105選

英語の会議や授業である事柄がよく分からない時に、相手に「説明」してもらう必要は誰にでもあります。また、その反対の立場も経験する方は多いと思います。

グローバルビジネスや海外の学校では、「説明」を始める前に一言「説明します!」と周りの人に知らせることが大事です。逆に、「説明してください」と問われることもあります。それは決して失礼な行動ではなく「理解したい!」と言う好奇心があるからです。

以前にも似たテーマの記事を二つ書きましたが、物事を「明らかにする」ための表現と「理由を問う」時に使う表現でした。

過去の記事:

また、英語「説明」出来ない場合やしづらい時にI don’t knowと簡単に答えるのも一つですが、もう少し好印象を与えたいですよね?そのためには何と答えたら良いでしょう?

今回は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、会議で「説明」をしたり、求めたりする時の英語の表現を105選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「なぜ?」と、理由を問う時に使う英語の表現65選

グローバルビジネス上英語「なぜ?」と問うのは重要です。それは、理由を述べることで文化の違いによる話の食い違いを避けることができるからです。また、自分の意見を的確に伝えるためにも強い武器となります。

その一方、相手の意見を聞いくとき、理由を問うのも同じくらい大事です。なぜなら、英語「なぜ?」と問うことで、相手の話に興味を持っていることをアピールすることができるからです。これによって、相手との距離を縮めることもできます。

英語でトーンや使う表現によって「なぜ?」と聞くと、積極的すぎるように聞こえる場合もあります。しかし、表現を覚えて区別できれば問題はありません。

本日は、「なぜ?」と、理由や説明を問う時に使う英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「目的」や「目標」を決めたり伝えたりする表現70選

日本語で「目的」とは「実現しようとしてめざす事柄(目当て・狙い)」を指します。また、「目標」は「そこに行き着くように目印とするもの」を指します。この二つの単語の意味の違いは日本語では明らかかもしれませんが、果たして英語ではどうでしょう?

和英辞書を調べてみると、英語「目的」goal「目標」purposeと示されています。ところが、細かく調べると、意味が被っている例もあります。こういう場合、はっきりさせるにはあまり考えず、例文を沢山見ていくのが一番です。

また、goalobjecticeと違い、ザックリしている「目的」なため、明確にする必要があります。そのために役立つSMART と呼ばれる基準があります。5つの要素が含まれているSMART goalにより、「目的」に構造を与えることができ、達成する確率が上がります。

本日は、英語「目的」「目標」を決めたり伝えたりする表現に加え、SMART goalの設定の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現50選

基本的に発言や物事を会話中に「明らかにする」ことは大事ですが、特にグローバルコミュニケーション(英語)では不可欠です。それには主に二つの理由があります:

  1. 話す側:相手がしっかり理解したかを確認し、誤解をできるだけ無くす
  2. 聞く側:理解しようとしていることを表し、相手の話に興味を持っていることをアピールする

英語で行うディベートや会議の際、相手の発言や質問を「明らかにする」ことで会話を前に進めることができます。また、電話の場合、声と言葉でしかコミュニケーションは取れないので、相手の言ったことが聞き取りづらいことが多いと思います。この時、いつもpardon?のように同じ表現ばかり使うとくどいと思われがちです。

本日は、英語の会議や電話で物事を「明らかにする」ための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

こちらの記事もどうぞ英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で意見や情報を上手に「確認する」時に使う表現95選

上手にコミュニケーションを取るには、物事や情報などを「確認する」ことは欠かせません。では、英語で会議をする時や、外国の方と話す際、どのような表現を使ったら良いでしょう?

英語Do you understand?を使うことは可能ですが、yesという答えが返ってくることが多く、会話が大分短くなってしまいます。実は、会議中に相手の意見を「確認」することは更に詳しく物事を聞き出すチャンスでもあります。

ついでなので、tag questions (付加疑問)もマスターして、英語「確認する」練習もしましょう!

本日は、英語で意見や情報を「確認する」時に使う表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が95選紹介いたします。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0