スラング

「遊ぶ」とplayは同じ意味?友人を気楽に誘う英語85選

「遊ぶ」英語で訳そうとする時、とっさに思い浮かぶのがto playだと思います。しかし、「来週遊ぼうよ!」をLet’s play next week!と言ってしまうと、幼稚に聞こえる可能性かあるいはPlay what?「何して?」という答えが返ってくくる可能性があります。

また、よく耳にする間違いがI play snowboard in winter「冬はスノーボードをします」です。勿論、英語でスノーボードをして「遊ぶ」という意味は通じますが、ネーティブ・スピーカーからすると若干不自然に聞こえます。スノーボードのような趣味は確かに楽しいのですが、動詞のplayは使わなくてもいいのです。

では、動詞のplayはどの様に使えるのでしょうか?そして、どんな風に英語で友人を気楽に誘うことができるでしょう?
本日は、to playの正しい使い方と友人を気楽に誘うフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が85選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「嬉しい」気持ちを伝えて共有する英語の表現75選!

「嬉しい」時、相手に気持ちを伝えて幸せを共有することは大切ですね。日本語だけではなく、英語で伝えればもっとグローバルなスケールで共有することもできます!

“Thousands of candles can be lighted from a single candle, and the life of the candle will not be shortened. Happiness never decreases by being shared.” – Buddha

「一本のろうそくから何千本ものろうそくに火を移すことで、ろうそくの命が短くなることはない。幸せも同じように共有することでなくなることはない。」とブッダ は残しています。

また、最近では、ファレル・ウィリアムスのヒット曲「Happy」も耳にしたとことはあると思います。その曲を聴くと楽しくなって人と共有したくなりますよね!

本日は、そんな「嬉しい」気持ちを英語で伝えて共有するための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が75選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「その通りです!」、会議や論議で賛成する英語の表現80選

「その通りです!」、「賛成!」、「同感!」と日本語で様々な表現があります。英語で会議する時や日常の論議でも、気持ちや考えが一緒だったり意見が一致した時YES!I agree!だけだと気持ちを表し切れていない経験は誰でもしたことがあると思います。

特に、意見や気持ちが全く一緒の時は尚更強調した表現で相手に伝えることは他人に対して共感を示すためやチームワークを強化するために欠かせないです。そんなチャンスがある時に黙っているのはとても勿体無いです。

本日は、Me,too!Me, neither!を含め、「その通りです!」「全くです!」英語で伝えらるための表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がフォーマルからスラングまで80選紹介いたします。

*が付いている表現はカジュアルな場面限定です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「信じられない!」、「信じがたい」など65選!

ここ数年間、アメリカのテレビドラマが大人気ですね!英語で観賞しているとよくThat’s insane!I can’t believe what I’m hearing!など、よく耳にすると思います。「信じられない」出来事や話を耳にした時、英語では「とっさの一言」からイディオムまで沢山あります。

また、驚きだけではなく、「信じがたい」話や「信じられない程凄い」出来事もあります。そんな時、「うそー!」「マジ?!」、又は「まさか!」を英語でうまく表現できるといいですよね?

更に、分かってたのに「英語だったから騙された!」って思った時もありますよね?日本語同様に怪しい噂や、騙されるそうになった時、英語で身を守ることは重要です!

本日は、様々な場面で「信じらえれない!」「信じがたい!」を英語で表す表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします!

注:*の付いている表現はスラングなので、とてもカジュアルな言い方です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

オーサムを始め、「素晴らしい」や「最高」を英語で90選

英語で「素晴らしい!」、「最高!」、「すごい!」はなんと言うでしょう?

日本語でもあらゆる場面で言いますね。例えば、客観的評価をするとき、「際立って立派」という意味になりますし、主観的評価をするとき「きわめて好ましい」という意味になります。また、「群を抜いてすぐれている!」「ものすごい!」という使い方もします。

「すばらしい!」を英語で伝えるとき、すぐ思いつくのはawesome!「オーサム」やwonderful!「ワンダフォー」だと思います。これ以外にも沢山表現を知っていると、場面に合わせて褒めたり、評価することができます。更に、スラングも知っているとFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークでも活用することができます。

ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が本日ご紹介する90選のフレーズは、全て英語で「素晴らしい!」という意味ですが、実際のニュアンス別に分けてみました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0