単語

tooを英語で使いこなすのための様々な意味と活用法50選

tooという英語の単語の使い方が色々あるということはご存知ですか?「標準レベルを超えた時」に使う「余りに」という意味はもちろん、「又」という意味としても使われます。

これらの他に、相手と考えや意見が合う時にもよくtooを使います。つまり、「私も!」と言いたい時に便利な単語です。そして、tooの前にnotを付け加えるだけで「あまり」「それほど」という意味にもなります。

一方、that’s TOO bad!は「それは残念!」という意味です。よくthat’s SO bad!「それは酷い!」と勘違いされていますので注意しましょう。このような上記とは別のtooを使った表現もついでに覚えてしまいましょう!

本日は、英語tooの様々な意味と正しい活用法を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

availableとその反対語の意味と正しい使い方50選

英語available意味はいまいち掴めないという方が多いと思います。色々な場面で使うので、マスターするととても便利な単語です。基本的に「利用できる」「使用できる」という意味で使われていますが、元は「有益な」という意味だったそうです。

その他にも、availableは人と約束をしたい時にも使われます。更に、店でも商品が「購入できる」「在庫がある」という意味でもよく耳にします。更に、availableは電話に出る時や「応じる」という意味でもよく使われています。

availableの反対語であるunavailableは、not availableと一緒の意味でそっくりそのまま文章で使えますが、少し注意が必要です。注意といえば、ついでですが、she/he is availableは現代では「彼女・彼は交際相手・愛人がいません」という風にも囚われるので気を付けましょう。

本日は、availableとその反対語の意味と正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が分かりやすい例文を通して50選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

afterを使いこなすための様々な表現とその意味75選

英語afterの基本的に「〜の後に」という意味で使かわれますが、いまいち使い方があやふやだと感じている方は多いと思います。例えば、単語の順序を始め、nextfollowingとの使い分けが難しいとよく生徒さんに言われます。それもそうです、使い方は本当に沢山あります!また、after thatとの使い分けも知りたいという声もありました。

Afterは場合によって色々な意味になります。時間的な「順序」を表すだけでなく、場所的な「順序」も表せますし、「追いかける」「追跡する」という意味としても使えます。更に、他の単語との組み合わせによって「直後に」「しばらくして」という表現にも変化します。しかし、これらは序の口です。afterの別の使い方はまだまだあります。「次から次へ」afterとの組み合わせで表せます。

上記の意味と使い方に加え、afterを接頭語として利用することもできます。例えば、afternoonはもうすでにご存知ですよね?これは見ての通り、afternoonをくっ付けてた単語です。日本語にすると「昼」「後」という意味で、つまり「午後」になります。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がafterを使いこなすための様々な表現とその意味75選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

enoughを英語で使いこなすための意味と活用70選

英語enoughは使い方が難しいとよく言われます。日本語で「(通例数量が)十分な」「必要なだけの」または「不足のない」という意味としてよく使われますが、実はこれらとは別の使い方が存在するということをご存知ですか?

enoughとの言葉の組み合わせによって意味が変化し、「十分すぎる」「足りない」「うんざり」「かなり」など、色々な使い方ができます。

更に、enoughを使いこなすと、気持ちや考えを少し強調したい時や、同意する時、そして想像通りの結果を伝える時にも役立ちます。それぞれ、元の意味は一緒でも、単語の組み合わせでバリエーションを効かせることができようになります。

本日は、enough英語で使いこなすための意味と活用を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でお礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返し98選

コミュニケーション上、感謝の気持ちを表すのはとても重要なことです。英語「ありがとう」とお礼をする時、Thank youThanksをよく使うと思います。しかし、感情の込め方や場面によってバリエーションを効かせたいと思うこともあると思います。例えば、相手に手助してもらった時や、または応援・サポートをしてもらった時、Thank youだけだと物足りないと感じるのではないでしょうか?また、「ありがとう」英語で言われたら何と返しますか?

以前、英語で上手に人にお願いする時に使える表現とその返し82選と言う記事も書きました。その記事では「ありがとう」の気持ちの伝え方は紹介いたしませんでした。相手に借りができた時のお礼にふさわしい表現はちゃんとあります。借りができたときは、恩を仇で返さず、ちゃんと借りを返すことを約束しましょう。

また、友人にお礼を言う時とビジネスなどでいう英語「ありがとう」は異なります。相手によって、日本語と同じように使う表現の丁寧さは変わってきます。この記事で紹介されている表現を認識して是非使って見ましょう。

本日は、英語お礼をする時に使う色々な「ありがとう」と返しを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、98選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

様々な「問い合わせ」の場面に使える英語の表現45選

英語「問い合わせ」enquiryinquiry、どちらも耳にしたことはあると思います。

正式にはto enquireto inquireは区別されていますが、昔はto enquireto ask「尋ねる・問う・頼む」同様に使われ、inquiryは「公式調査を行う」と言う意味で使われていました。ただし、現在、イギリスではto enquireは一般的に上記のように使われ、to inquireはアメリカで使われています。

イギリスでは、to enquireは一般的な質問を示し、to inquireは捜査を示します。それに対して、アメリカではto enquireは綴りの間違いと判断されます。

結論:enquiryinquiryはどちらでも正しいですが、上記の注意を払って使いましょう。更に嬉しいことに、この二つに単語を使わなくても、「問い合わせ」英語でできますし、対応もできます。

本日は、様々な「問い合わせ」の場面に使える英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、45選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語でI hopeの意味と7つの使い方が分かる例文45選

英語ですぐに思いつくhope意味「希望する」、「期待する」「願う」だと思います。実は、英語I hopeの使い方が色々あると言うことをご存知ですか?

まず、I wishとは違って、実現する可能性がある時I hopeを使います。その他にも、I hope to~I hope for~I hope you~も中学校の英語の授業で習ったと思いますが、この場合、「願ってる」「期待してる」と言う意味になります。

I wishについてはこちらの記事をどうぞ→英語でI wishの意味と7つの使い方が分かる例文50選

更に、次の場面でもhopeを使うことができます:「現実が違っていて欲しい」「相手が楽しい時間を過ごしている事を願う」「軽い謝罪「相手にリスクや危機の忠告をする」「頼っていることが実現することを願う」。

本日は、I hope7つの意味とその使い方が分かる例文を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、45選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「強力」の様々なニュアンスを英語で伝える単語と表現27選

以前の記事で、英語strongの使い方を紹介いたしました。strong「強い」と言う意味で使われますが、「強力」と言う意味では使われません。「強力」の場合はpowerfulを使います。

過去の記事「強力」の様々なニュアンスを英語で伝える単語と表現27選

「強力」は基本的に「力や作用が強いこと」を指しますが、英語でもpowerfulは同じ意味なのでしょうか?また、powerfulの代わりに使える英語の単語は存在するのでしょうか?

英語の単語の使い分けも大事ですが、何よりも単語力を増やして流暢さを上達させるのも語学のコツの一つです。

本日はpowefulの正しい使い方を始め、「強力」の様々なニュアンスを英語で伝える単語と表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が27選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「目的」や「目標」を決めたり伝えたりする表現70選

日本語で「目的」とは「実現しようとしてめざす事柄(目当て・狙い)」を指します。また、「目標」は「そこに行き着くように目印とするもの」を指します。この二つの単語の意味の違いは日本語では明らかかもしれませんが、果たして英語ではどうでしょう?

和英辞書を調べてみると、英語「目的」goal「目標」purposeと示されています。ところが、細かく調べると、意味が被っている例もあります。こういう場合、はっきりさせるにはあまり考えず、例文を沢山見ていくのが一番です。

また、goalobjecticeと違い、ザックリしている「目的」なため、明確にする必要があります。そのために役立つSMART と呼ばれる基準があります。5つの要素が含まれているSMART goalにより、「目的」に構造を与えることができ、達成する確率が上がります。

本日は、英語「目的」「目標」を決めたり伝えたりする表現に加え、SMART goalの設定の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が70選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「super」の意味とその有効的な使い方48選

今の季節、日本はまだまだ蒸し暑いですね!英語ではそんな時It’s still super humid!なんて言います。ところで、この「super」という単語、よく耳にすると思いますが、ラテン語で「より上に・より高く」と言う意味です。英語で他にどんな使い方ができるかご存知ですか?

実は、superexcellent(最高素晴らしい)の代わりに使えますし、very(とても)especially(特に)の代わりにも使える便利な単語です。

英語で物事を強調できる上、「super」を接頭語の様に使うこともできます。名詞や形容詞にくっ付けたりすることでより凄さを表すことが出来ます。

本日は、英語「super」を有効的に使う表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が48選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0