日常会話

「これまで」、「今まで」のニュアンスを表現する英語45選

日本語で「これまで」「今まで」を同様に使うことが多いです。しかし、「今まで」はより「現時点まで」を重視した表現なのです。「これまで」はどちらかというと、「継続性」を重視する表現なのです。例えば、「今までどこにいたの?」と言いますが、「これまでどこにいたの?」は不自然に聞こえます。

「これまで」は短い期間の事柄に対してあまり使われないですが、「継続性」に加えて「物事の終わり・区切り」を表現する時にも使えます。例えば、「話はこれまでにしましょう」という風にいいますが、この場合、英語ではuntil nowは使えません。

大丈夫です、英語でもこれらと同じようなニュアンスをちゃんと伝えることはできます。

本日は、「これまで」「今まで」英語で使い分けるためのフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が45選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夏に使える英語の「暑い!」と暑さ関連のイディオム50選

「暑い」夏がやってきました!天気はsmall talk「軽い世間話」を始める定番のテーマです!そんな季節の天気を外国の方と英語で話す機会はあると思います。

ただ、国によって「暑い」気候の感じ方は異なります。「焼けるように暑い」日もあれば「猛暑日」だったりします。日本は特に7月から8月いっぱいは「蒸し暑い」です。そんな色々な「暑さ」英語で上手に伝えられると相手にイメージしやすくなると思います。

更に、「暑さ」に関連したイディオムもついでに覚えてしまいましょう!以外な使い方を発見するかもしれません!

本日は、そんな「暑い」季節に使える英語の表現と「暑さ」に関連したイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「雨」の季節に使える英語とrain関連のイディオム60選

もうすっかり梅雨の季節ですね!「雨」が降ったり、止んだりしていますね。天気はsmall talk「軽い世間話」を始める定番のテーマです!そんな季節の天気を外国の方と英語で話す機会はあると思います。

しかし、「雨」は弱かったり、強かったり、突然降ったり、パラパラ降ったり、色々あります。それを英語で言えると、日本の雨の季節も相手にイメージしやすくなると思います。

更に、rainを使ったイディオムもついでに覚えてしまいましょう!以外な使い方を発見するかもしれません!

本日は、そんな「雨」の季節に使える英語の表現とrainを使ったイディオムを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が60選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「加えて」を使って説得力を増す英語の表現40選

英語自分の説明が不十分なため説得力がなかったり、情報を「加えて」物事を伝えたいと感じる方は多いと思います。「長い文章を英語で作るにはどうしたらいいですか?」とよく私も生徒さんに聞かれます。

実は、文書は長くなくても大丈夫です。andfurtherなどを使って短い文章に更に短い文章を付け加えればもっと説得のある文章にすることはできます。ただ、fartherという単語も耳にしたことはあると思います。二つの違いを疑問に思う方は多いと思います。

本日は、日本語の「加えて」という表現に近い英語の表現を詳しく知りたい方のために、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

especiallyを始め、「特に」を英語で伝える55選

日本語で普通と違って際立っていることを説明したり、他からはっきりと区別したりする時に、「特に」という便利な表現がありますが、英語では色々な言い方があります。例えば、especially、specially、specifically、particularly、particularと沢山ありますが、果たして同じ使い方をしていいのでしょうか?

更に、これらの他に「特に」のニュアンスを持つ表現と「特にない」英語で表すための表現は色々存在します。これらを使って、自然な喋り方をマスターしましょう!

本日は、そんな英語「特に」を表現するためのフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が55選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「結果」に値する英語の単語と説明するための表現80選!

日本語で「結果」はある物事を行った後に生じた現象、状況などをあらわす単語です。英語ではresulteffectconsequence、またはoutcomeがありますが、実はそれぞれ異なった使い方があります。

更に、説明や理由を述べてからの「結果」を伝えることはグローバル・コミュニケーションではとても重要です。
英語のプレゼンや会議などで的確に物事の「原因と結果」を説明するチャンスは増えてきていると思います。これをto show cause and effectと言います。そんな時に使える「なので」のような表現を知っているといいですよね?

本日は、resulteffectconsequenceoutcomeの使い分けを始め、英語で「結果」を伝えるための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が80選紹介いたします!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「絆」や「仲間意識」にまつわる英語の単語と表現30選

“The bond that links your true family is not one of blood, but of respect and joy in each other’s life.” – Richard Bach
「家族をつなぐは、血ではない。お互いの人生にたいする尊敬と喜びである」と、アメリカの作家で飛行家であるリチャード・バックは書いています(『イリュージョン – Illusions』)。

日本語で「絆」とは、「人と人との強い結びつき」という意味です。英語ではbondtieと言いますが、「絆」は様々な形で存在します。英語で友人や愛する人との関係を口にすることで「絆」が深まることができます。カッコいい表現もあれば、可愛らしい表現もあります。また、映画などで登場する「絆」も胸にグッときます!

本日は、あらゆる「絆」英語で説明するための単語と表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が60紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で「結論」を言ったり、出したりする時の表現55選

考えたり、論じたりして、最終的な判断をまとめることを日本語で「結論」と呼びます。英語でも、自分の考えをズバッと伝えることは、グローバル・コミュニケーション上とても重要です。そんなことができる人に誰でも一度は憧れると思います。

また、推論において前提から導き出された判断も「結論」と言います。そんな時の表現を英語で知っていると便利です。
ワンランク上のグローバル人材になるためには、自分の考えをしっかり伝えるのは言うまでもありません。

本日は、英語で議論した後や、自分の考えをまとめる時など、様々なシチュエーションでの「結論」の仕方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が55選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

英語で気持ちを表す形容詞と「興味深い」を伝える表現40選

「おもしろくて気持ちが引き付けられるさま」「非常に興味があるさま」「興味深い」と日本語では言います。英語の会議などで相手の意見や考えに興味を持って言葉で表すことはとても重要です。相槌だけでなく、「興味深いですね〜」英語で言えると、ワンランク上のグローバル・コミュニケーション能力を活かすことができます!

そして、英語気持ち豊かな言語です。しかし、interestingなのかinterestedなのか、時々迷うと思います。本日はまず英語気持ちを表す時の形容詞を紹介いたします。

その後に、「興味深い」英語で伝えられるための形容詞と表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が40選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「違和感」を英語で簡単に伝える様々な表現80選

 「違和感」を覚えた時に、その気持ちを英語で伝えるのはそう簡単ではないと思います。それは、日本語のように「違和感」に当たる英語の単語がないからです。A feeling of uneasinessan uncomfortable feelingと言えますが、日本語ほどシンプルではありません。

人は誰でも何となくしっくりこなかったり、何かが食い違っている印象を受けることはよくある上、的確な説明ができなかったり、理由がはっきりしないことも沢山あると思います。

また、なかなか物事になじめない時居心地が悪い時もあります。そんな時、英語でこの様な気持ちを伝えようとすると困ると思います。

本日は、「この違和感をもっと簡単に英語で伝えられるはず!」と思う方のために、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が、表現を80選紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0