シチュエーション別で「まあまあ」を英語で伝える60選!

「まあまあ」という十分ではないが、一応は満足できる気持ちを英語で伝えようとすると大抵so-sofineを使っていませんか?気持ちや意見は人や国それぞれ微妙に異なりますので、バリエーションを効かせて感情豊かな表現をしてみませんか?

「まあまあ」はその時の気分だけではなく、映画を見た後の意見や、テストを終えた後の気持ち、腕前なども伝えられます。また、英語ではトーンによってポジティブさにも変化を加えられます。つまり、表現の数にトーンを加えると更に表現豊かな言い方ができるということです!

また、相手を抑えなだめるとき、そしてとりあえずある事をするようにすすめる時に使う「まあまあ」も英語でどう言えばいいのか疑問に思ったことはありますよね?

本日は、シチュエーション別に「まあまあ」を英語で伝えるためのフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が60選紹介いたします!下記の表現を声を出して読んでみてください。ニュアンスを感じ取ることができると思います。

続きを読む

別れの挨拶を英語で友好的に伝える65選!

英語の別れの挨拶をいつも決まってBye!と言っていませんか?でも若干それだけでは物足りない気がしませんか?
また、Goodbye!も使うこともあると思いますが、実は丁寧ではありますが、二度と会わない人に対して言う挨拶なんです。Bye!の方がビジネスにもふさわしいのです。

もっと友好的でポジティブな気持ちを込めた別れの挨拶がしたいと生徒さんに言われます。また、soonlaterの違いも良く聞かれます。実は、嬉しいことに英語では思っているより別れの挨拶の数が多いのです。

本日は、そんな英語の別れの挨拶をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします!

※このブログの内容は、読者の英語のレベルを問わず紹介されています。場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。すべてを覚える必要はありません。自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。

続きを読む

Have a nice dayの意味と相応しい返事20選

Have a nice day!は色んな捕らえ方があるということをご存知ですか?それによって返事も変わってきます。国、トーンや使う人によってニュアンスが異ないます。時には正直に「良い一日を!」という意味ですが、皮肉やいやみに聞こえたりすることもあります。その理由で、イギリスやフランスではほとんど使われていません。一般人はつまらない会話を終わらせるためや侮辱を受けた時の返事にも使います。

また、特にアメリカでは、サービス(販売店、営業、電話販売など)を抵抗する職業でよく使われていて、Have a nice day, Sir/Ma’am!と言って取引を終わらせます。

では、そんな時にHave a nice day!と言われたら何と返事をしたら良いでしょう?そして、その代わりにどんな表現を使ったら良いのでしょうか?

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がHave a nice day!に相応しい返事と代わりに使えるフレーズを20選紹介いたします。

※このブログの内容は、読者の英語のレベルを問わず紹介されています。場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。すべてを覚える必要はありません。自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。

続きを読む

英語のスピーチの準備に役立つ7のコツとフレーズ例40選!

スピーチをお願いされるとどんな気持ちになりますか?ただでさえ緊張するのに、英語でスピーチをしなくてはいけない時は尚更だと思います。所が、「自己紹介」、「飲み会」、「イベントを始める前」、「新しいメンバーの紹介」、「前説」、スピーチをするチャンスはあらゆる例があります。そして、グローバル化するこの世の中、英語でスピーチをするきっかけが今は無くてもいつかは訪れると思います。

でも大丈夫です!スピーチはマインドセットと準備ができていれば楽しいものです!人の視線を浴びるのは、スポットライトのようなものですから。たとえ英語があまり得意でなくてもスピーチの例などを見て練習しすれば自分のものにすることができます!

本日はあらゆる場面の英語のスピーチを準備する7つのコツとメッセージがより伝わるフレーズの例40をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介いたします。

※このブログの内容は、読者の英語のレベルを問わず紹介されています。場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。すべてを覚える必要はありません。自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。

続きを読む

元気だよ!の他に色々な気分を表す英語のフレーズ40選

Hi, how are you?って英語で聞かれると大抵の人のgo-to answer(決まり台詞)はI’m fine「元気だよ!」だと思います。せっかくの会話のチャンスなのに、Fineを使うことで「話はしたくない」というニュアンスが伝わってしまうことがあり、会話が終わってしまうことがあります。

また、どんなにポジティブな人でも、気分がイマイチの日だってあります。気分は優れていなくても、ネガティブな気持ちは表したくない時もあります。

更に、What’s up?と聞かれた時が日本人にとって一番答えに困ると生徒さんから聞いています。そんなシーンに使えるフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が英語での「元気だよ」を40選紹介いたします。

※このブログの内容は、読者の英語のレベルを問わず紹介されています。場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。すべてを覚える必要はありません。自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。

続きを読む

会えてよかった!を英語でサラッと言えるシーン別40選

「会えてよかった!」ってとっさに英語で言われると返す一言に困ったことは誰でもあると思います。もちろん、自分から言いたいときもありますよね?また、「初めまして」「会えてよかった」seemeetに違いがあるのか疑問に思った方もいると思います。

「 初めて会う相手」、「お互いのことは知っているけど会ったことのない時」、「友人と久ぶりに会えたとき」など色んなシチュエーションがありますよね?

本日はそんなシチュエーションに合わせた使えるフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家である筆者が40選紹介いたします。

※このブログの内容は、読者の英語のレベルを問わず紹介されています。場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。すべてを覚える必要はありません。自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。

続きを読む

ビジネスの全てのシーンに使える英語メール書き出し100選

英語のメールの書き出しにお悩みではないですか?内容部分は箇条書きにしたりする手法もありますが、書き出しとなると、ふさわしい言い回しを冒頭に用意したいですよね?

とくにビジネスパーソンの方は英語のメールの書き出しに悩んでいることと思いますが、実は本日紹介する100フレーズであらゆるビジネス・日常まで幅広いシーンで使える英語のメールの書き出しテンプレートを用意しました。

シリアスなビジネスシーンの英語だけでなく、同僚や上司への挨拶や、多くの社員への英語の通知文の書き出しなど大変使いやすい表現やフレーズを100パターン厳選いたしました。

英語が苦手という方も、自分が書きたい文書の書き出しがきっとみつかるはずです。また英語がわりとできる方も、ネイティブティチャーの私が作成した英語ですので、盗んで自分のものにしていただければと思います。

それでは本日は日常会話からビジネスまで使える英語メール書き出しの100のパターンをご紹介いたします。

続きを読む

英語メールの結び50選!ビジネスからカジュアル表現まで

英語メールが書きなれないうちは、メールを書くのにもすごく時間がかかりますよね?そしてせっかく書き上げたビジネスの英語のメールも結びがしっかりできていないと苦労が報われません。

友達などに送るカジュアルなメールにおいても、より親密な雰囲気をだせるように結びの表現はシチュエーションにあったものを使いたいですよね?

本日は英語のネイティブ教師がビジネスからカジュアルまで状況に応じた英語のメールの結び・絞めの50選をご紹介いたします。

また良くない例も含んでおりますので、合わせて覚えましょう!

続きを読む

ビジネスからカジュアルシーンまで英語メールの宛名48選!

親しい相手の宛名には”Dear”だったり、そのまま”Jack”と書けばいいのですが、それがあまり親しくない相手や、ビジネスの問い合わせの時に英語の宛名を書くときにスムーズに宛名が書けますか?

宛名はシチュエーション別に書き方が変わってきますので、そのシチュエーション別の書き方を覚えれば、大丈夫です。

また覚えるのが大変だという方はこのページをブックマークしていただければ、必要に応じてそのシチュエーションをの宛名の書き方を使ってみてください。

今回は英会話スクールで10年以上教えてきたネイティブ教師の筆者が宛名のシチュエーション別の書き方をご紹介いたします。

続きを読む

英語メールの件名の例文80選!ビジネスから日常まで

仕事で英語のメールの内容をなんとか書き終えたと思いきや、送る直前に悩みがちなのが英語メールの件名(タイトル)です。
また英語を出来る人に、日本語を英語に翻訳してもらって、件名を翻訳してもらい忘れるという体験はありませんか?

英語のメールというと、その本文にばかり集中してしまいますが、件名をきちんと表現できれば、本文はあまり内容を書かなくても伝わります。

逆に意図しないような件名や、件名と本文の内容が重複していたりするのは、あまりいい件名とは言えません。本日は大手英会話スクールで10年以上教師をやっているネイティブの私が英語の件名の例文80選をご紹介いたします。最後に、日本人が使いがちな使ってはいけない失礼な件名というものがありますので、そちらもご紹介いたします。

本日紹介する件名を応用すればほぼ仕事から日常までの英語のメールの件名を網羅する事ができます。

続きを読む