英語で「気に入った」という気持ちを伝えるための表現60選

日本語「気に入った!」「好みに合う」という意味になりますが、FacebookYouTubeではlike「いいね!」ボタンがあります。英語ではその他に表現は多数あります。場面や物によって、「一番のお気に入り」「結構気に入っている」と、バリエーションを効かせて英語で好みを説明するにはどうしたらいいでしょう?

また、「その考え気に入った!」「どう?(気に入った?)」と言うチャンスも日々あります。そんな時に良く使われる英語の表現を知っておくと会議などで役に立ちます。

本日は、「気に入った」という気持ちやニュアンスを上手に伝えるための英語の表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が60選紹介いたします。

続きを読む

英語の「ストレス」の使い方とイラっとした時の表現100選

英語「ストレス」「精神的な重圧・圧迫感」の他に、「圧力・重圧」「強調・アクセント」と、様々な使い方ができます。更に、stressは名詞、動詞、そして形容詞として使い分けることもできます。例えば、大事な会議で「一つの点に重心を置きたい」時にI’d like to stress this pointという風に使えます。

また、英語「イラっとした」時や「怒りが頂点に達した」時、ワンフレーズでスカッとすることができます!そんなフレーズを仕事場や学校で耳にした時、相手にどんな言葉をかけますか?

本日は、stressの様々な使い方を始め、イラっとした時や「ストレス」を感じた時に使う英語の表現と返す一言を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が100選紹介いたします。

続きを読む

「〜をするつもり」や「つもり」を意味する英語の表現50選

仕事や学校で前もって考えていることを伝える時や何かをしようとした時、「〜をするつもり」と言いますが、他にも何か思い込んでいたり心がけている時など、様々な場面で「つもり」という言い方をします。かなり便利な日本語の表現ですが、英語で同じ状況にいたらどんな言い方をしますか?I will~を使うと決定してしまっているので、まだ考えている段階だとやや強いニュアンスになってしまいます。

また、結果を見て「そうするつもりではなかった」「そんなつもりではなかった」ととっさに言う時もありますね。I didn’t want to~「〜をしたくなかった」という意味になってしまうので、ニュアンスが変わってしまいますね。

本日は「するつもり」の様々な英語の言い方を始め、「そうするつもりです!」まで、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が30選紹介いたします。

続きを読む

「サービス」とserviceの違いとその正しい英語50選

英語service is included「サービス料は含まれています」とレストランなどで聞いた時、「無料なの?」と疑問に思ったことはあると思います。日本語の「サービス」英語のserviceは意味が異なるため、勘違いしやすいですね。

また、the staff is at your servicewe provide the best serviceなども耳にしたことはありますよね?この様に、有料なのか無料なのかはっきりしない時、要求するのに少し迷うこともあると思います。

実際、ネーティブ・スピーカーからの視点で「サービス」とはどんな意味なのかを理解するには、serviceを含む複合名詞を複数知っていれば分かりやすくなると思います。

本日は、料金が必要ない時に使う英語のフレーズとserviceの正しい使い方を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします。

続きを読む

「遊ぶ」とplayは同じ意味?友人を気楽に誘う英語85選

「遊ぶ」英語で訳そうとする時、とっさに思い浮かぶのがto playだと思います。しかし、「来週遊ぼうよ!」をLet’s play next week!と言ってしまうと、幼稚に聞こえる可能性かあるいはPlay what?「何して?」という答えが返ってくくる可能性があります。

また、よく耳にする間違いがI play snowboard in winter「冬はスノーボードをします」です。勿論、英語でスノーボードをして「遊ぶ」という意味は通じますが、ネーティブ・スピーカーからすると若干不自然に聞こえます。スノーボードのような趣味は確かに楽しいのですが、動詞のplayは使わなくてもいいのです。

では、動詞のplayはどの様に使えるのでしょうか?そして、どんな風に英語で友人を気楽に誘うことができるでしょう?
本日は、to playの正しい使い方と友人を気楽に誘うフレーズを、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が85選紹介いたします。

続きを読む

「嬉しい」気持ちを伝えて共有する英語の表現75選!

「嬉しい」時、相手に気持ちを伝えて幸せを共有することは大切ですね。日本語だけではなく、英語で伝えればもっとグローバルなスケールで共有することもできます!

“Thousands of candles can be lighted from a single candle, and the life of the candle will not be shortened. Happiness never decreases by being shared.” – Buddha

「一本のろうそくから何千本ものろうそくに火を移すことで、ろうそくの命が短くなることはない。幸せも同じように共有することでなくなることはない。」とブッダ は残しています。

また、最近では、ファレル・ウィリアムスのヒット曲「Happy」も耳にしたとことはあると思います。その曲を聴くと楽しくなって人と共有したくなりますよね!

本日は、そんな「嬉しい」気持ちを英語で伝えて共有するための表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が75選紹介いたします!

続きを読む

「その通りです!」、会議や論議で賛成する英語の表現80選

「その通りです!」、「賛成!」、「同感!」と日本語で様々な表現があります。英語で会議する時や日常の論議でも、気持ちや考えが一緒だったり意見が一致した時YES!I agree!だけだと気持ちを表し切れていない経験は誰でもしたことがあると思います。

特に、意見や気持ちが全く一緒の時は尚更強調した表現で相手に伝えることは他人に対して共感を示すためやチームワークを強化するために欠かせないです。そんなチャンスがある時に黙っているのはとても勿体無いです。

本日は、Me,too!Me, neither!を含め、「その通りです!」「全くです!」英語で伝えらるための表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がフォーマルからスラングまで80選紹介いたします。

*が付いている表現はカジュアルな場面限定です。

続きを読む

「たまたま」を始め、「偶然」にまつわる英語50選

“Coincidence is God’s way of remaining anonymous.”「偶然とは、名前を前に出さないで働かれる神の方法である。」という名言をアインシュタインは残しています。

道端で知り合いに「たまたま会った時」「たまたま面白い記事を見つけた時」など、我々の日常では様々な「偶然」が起あります。そんな時に使える「たまたま」「偶然」にあたいする英語の表現をいくつご存知ですか?

さらに細く言えば、偶然にも「運のいい」出来事と「運の悪い」出来事の両方があります。「運のいい」場合、That was lucky!「ラッキーだった!」は耳にしたことはあると思いますが、その他にも英語で謙虚に「まぐれだよ!」「ついてただけだよ!」を覚えておきたいですよね?そして、「運の悪い」ことが起きたら、英語で「ついていなかった。」と説明することもあります。

本日は、英語で「たまたま」を始め、「偶然」に関係する英語の表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします!

続きを読む

英語で「信じられない!」、「信じがたい」など65選!

ここ数年間、アメリカのテレビドラマが大人気ですね!英語で観賞しているとよくThat’s insane!I can’t believe what I’m hearing!など、よく耳にすると思います。「信じられない」出来事や話を耳にした時、英語では「とっさの一言」からイディオムまで沢山あります。

また、驚きだけではなく、「信じがたい」話や「信じられない程凄い」出来事もあります。そんな時、「うそー!」「マジ?!」、又は「まさか!」を英語でうまく表現できるといいですよね?

更に、分かってたのに「英語だったから騙された!」って思った時もありますよね?日本語同様に怪しい噂や、騙されるそうになった時、英語で身を守ることは重要です!

本日は、様々な場面で「信じらえれない!」「信じがたい!」を英語で表す表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします!

注:*の付いている表現はスラングなので、とてもカジュアルな言い方です。

続きを読む

「怖い!」を始め、「怖さ」にまつわる英語を70選

“Fear is the path to the Dark Side.”(「恐怖はダークサイドへの道じゃ。」)とスターウォーズのマスターヨーダは言っていました。人気SF映画だけでなく、英語ではto face your fears「恐怖に立ち向かう」などの表現がありますが、果たして英語では「怖い」をどう表現するかご存知ですか?

「怖い」と言えば、様々な場面で「〜が怖い」「あーびっくりした!」を口にします。それに加え、「ゾッとした!」という怖さも体験します。「恐ろしい」よりも少し主観的なところがあります。

更に、「何かを怖がっている」人やビクビクしている人にはどんな言葉を英語でかければ良いでしょう?

本日は、そんな表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が怖さにまつわる英語を70選紹介いたします!これを知っていれば怖いものなしです!

続きを読む