「その通りです!」、会議や論議で賛成する英語の表現80選

「その通りです!」、「賛成!」、「同感!」と日本語で様々な表現があります。英語で会議する時や日常の論議でも、気持ちや考えが一緒だったり意見が一致した時YES!I agree!だけだと気持ちを表し切れていない経験は誰でもしたことがあると思います。

特に、意見や気持ちが全く一緒の時は尚更強調した表現で相手に伝えることは他人に対して共感を示すためやチームワークを強化するために欠かせないです。そんなチャンスがある時に黙っているのはとても勿体無いです。

本日は、Me,too!Me, neither!を含め、「その通りです!」「全くです!」英語で伝えらるための表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がフォーマルからスラングまで80選紹介いたします。

*が付いている表現はカジュアルな場面限定です。

続きを読む

「たまたま」を始め、「偶然」にまつわる英語50選

“Coincidence is God’s way of remaining anonymous.”「偶然とは、名前を前に出さないで働かれる神の方法である。」という名言をアインシュタインは残しています。

道端で知り合いに「たまたま会った時」「たまたま面白い記事を見つけた時」など、我々の日常では様々な「偶然」が起あります。そんな時に使える「たまたま」「偶然」にあたいする英語の表現をいくつご存知ですか?

さらに細く言えば、偶然にも「運のいい」出来事と「運の悪い」出来事の両方があります。「運のいい」場合、That was lucky!「ラッキーだった!」は耳にしたことはあると思いますが、その他にも英語で謙虚に「まぐれだよ!」「ついてただけだよ!」を覚えておきたいですよね?そして、「運の悪い」ことが起きたら、英語で「ついていなかった。」と説明することもあります。

本日は、英語で「たまたま」を始め、「偶然」に関係する英語の表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が50選紹介いたします!

続きを読む

英語で「信じられない!」、「信じがたい」など65選!

ここ数年間、アメリカのテレビドラマが大人気ですね!英語で観賞しているとよくThat’s insane!I can’t believe what I’m hearing!など、よく耳にすると思います。「信じられない」出来事や話を耳にした時、英語では「とっさの一言」からイディオムまで沢山あります。

また、驚きだけではなく、「信じがたい」話や「信じられない程凄い」出来事もあります。そんな時、「うそー!」「マジ?!」、又は「まさか!」を英語でうまく表現できるといいですよね?

更に、分かってたのに「英語だったから騙された!」って思った時もありますよね?日本語同様に怪しい噂や、騙されるそうになった時、英語で身を守ることは重要です!

本日は、様々な場面で「信じらえれない!」「信じがたい!」を英語で表す表現を、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が65選紹介いたします!

注:*の付いている表現はスラングなので、とてもカジュアルな言い方です。

続きを読む

「怖い!」を始め、「怖さ」にまつわる英語を70選

“Fear is the path to the Dark Side.”(「恐怖はダークサイドへの道じゃ。」)とスターウォーズのマスターヨーダは言っていました。人気SF映画だけでなく、英語ではto face your fears「恐怖に立ち向かう」などの表現がありますが、果たして英語では「怖い」をどう表現するかご存知ですか?

「怖い」と言えば、様々な場面で「〜が怖い」「あーびっくりした!」を口にします。それに加え、「ゾッとした!」という怖さも体験します。「恐ろしい」よりも少し主観的なところがあります。

更に、「何かを怖がっている」人やビクビクしている人にはどんな言葉を英語でかければ良いでしょう?

本日は、そんな表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が怖さにまつわる英語を70選紹介いたします!これを知っていれば怖いものなしです!

続きを読む

英語で「恐ろしい」、「恐ろしく」などを場面別に表す60選

「恐ろしい」気持ちや「怖い」体験は誰でもします。そんな時、英語で「恐ろしかった!」をどのように伝えればいいでしょう?

まず、日本語では「恐ろしい」「怖い」は異なます。例えば、「その恐ろしい意見を聞いて怖くなった。」のように、「恐ろしい」の方が客観的なのです。また、日本語では「恐ろしく賢い人」と言った時に、「程度がはなはだしいさま」「ものすごい・驚くほど」というニュアンスを表せます。英語でもそれに当てはまる表現があります。

こちらもどうぞ→「怖い!」を始め、「怖さ」にまつわる英語を70選

更に、「恐る恐る」「恐れ入ります」、「恐らく」も日本語ではよく使いますが、果たして英語ではこれら全部どのように言うのでしょう?

本日は、そんな表現をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が英語で言う「恐ろしい」、「恐るべき」、「恐る恐る」、「恐れ入ります」、「恐らく」を60選紹介いたします!「恐ろしい」と思ったらこれらを使ってみましょう!

続きを読む

オーサムを始め、「素晴らしい」や「最高」を英語で90選

英語で「素晴らしい!」、「最高!」、「すごい!」はなんと言うでしょう?

日本語でもあらゆる場面で言いますね。例えば、客観的評価をするとき、「際立って立派」という意味になりますし、主観的評価をするとき「きわめて好ましい」という意味になります。また、「群を抜いてすぐれている!」「ものすごい!」という使い方もします。

「すばらしい!」を英語で伝えるとき、すぐ思いつくのはawesome!「オーサム」やwonderful!「ワンダフォー」だと思います。これ以外にも沢山表現を知っていると、場面に合わせて褒めたり、評価することができます。更に、スラングも知っているとFacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークでも活用することができます。

ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が本日ご紹介する90選のフレーズは、全て英語で「素晴らしい!」という意味ですが、実際のニュアンス別に分けてみました。

続きを読む

英語でちょっとしたバリエーションを効かせた朝の挨拶35選

どの国でも、朝の挨拶は大事ですよね!英語ではGood morning!と言って一日が始まります。小さい頃、学校でもちゃんと朝は挨拶するようにと先生に教わりました。

しかし、毎回Good morning!だけでは面白くないですよね?話しかける相手(同僚、クラスメート、子供など)や状況(ビジネス、旅行、店内など)によっては少しバリエーションを足して挨拶をしたい人は多いと思います。実はこの表現、日本語に値する「おはよう!」以外に使える場面があります。例えば、時間帯関係なく、起きてきたばかりの人にユーモラスに使うことができます。

それ以外に、Good morning!の前や後にちょっとした表現や質問を足すと、場面に合わせた英語の朝の挨拶ができます。

本日はネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者がバリエーションを効かせた朝の挨拶を35選紹介いたします!

続きを読む

初対面で会話のきっかけを作る英語の質問とフレーズ90選!

英語で挨拶は出来ても、初対面の人と会話を始めるのは難しいと思ったことはありますか?何を聞いたらいいのかよりも、どの様に会話を始めていいのかが迷いますよね?また、テーマも色々ありますし、その中でも文化によっては失礼になる質問もあります。特に、「政治や宗教などには触れないほうがいい」という風にも教えられていますが、それも質問と国によっては面白い会話のきっかけになることもあります。

私がグローバルコミュニケーションを教えるときも、生徒さんから「small talkの練習をしたい!」というリクエストが多いです。「海外留学」、「海外からのクライアントを出迎える」、「接待」、「パーティー」と様々なシチュエーションが存在します。コツは相手と共感できるものを見つけることです。これらも全て準備をしていれば長い沈黙も防げます!ある程度のシナリオを頭に浮かべて、それに合うフレーズや質問を知っていれば恐れることは何もありません。

本日は、初対面の人と英語で会話のきっかけを作るための質問をシチュエーション別に、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が90選紹介いたします!

続きを読む

英語で自分らしいプレゼンの挨拶が出来るための例文55選!

英語のプレゼンをする機会は、特に外資系の仕事でしたら一回は訪れると思います。その時、挨拶から始めますが、実はこれがとても重要なのです。例えるなら、100メートル走のスタート地点の様なものです。世界一速い男、ウサイン・ボルトもスタートが弱点と言われていました。しかし、彼もその弱点を克服するため、日々トレーニングを続けています。プレゼンの始まりも上手くできれば、後の内容からを述べる自身に繋がります。

英語のプレゼンは大抵、Hello, my name is~と挨拶をして、目的と内容を述べてから本題に入ると一般的に教えられていますが、果たしてどの様にしたらもっと自分らしい、満足の出来るスタートが切れるでしょうか?有名なプレゼンを観ると、挨拶はもちろんしていますが、それとほぼ同時に「つかみ」があります。そして、それによって自分も観客もプレゼンに入りやすくなります。

本日は、ネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が英語のプレゼンの挨拶に加え自分らしいスタートを切るための例文を60選紹介いたします。これらを使ってインパクトのある英語のプレゼンをしましょう!

続きを読む

様々な場面に合わせた英語の「調子はどう?」と返し100選

人への気遣いって大事ですよね?英語で相手に「調子はどう?」と聞くとき、How are you?と聞くことがありますが、「最近の調子はどう?」と聞く場合は何と言ったらいいでしょう?

また、相手の健康、体の調子そして気分だけでなく、仕事や物事の調子も聞くことはありますよね?その一方で、相手に英語で「調子はどう?」と聞かれたら、何と答えますか?

私の生徒さんの多くも、英語のレベルとは関係なく、レッスンの始まりにHow are you?とは別の質問をされるとキョトンとすることがあります。

更に、上司にHow’s the project coming along?(「プロジェクトの調子は?」)と聞かれたら、fineと答えてしまうことでサポートや協力が必要なのに困りますよね。これでは、実際問題を抱えているのに心の中に溜めてしまい、ストレスになります。

本日は、そんな場面で使える英語の「調子はどう?」と返し方のフレーズをネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が100選紹介いたします!

続きを読む